なぜ、クリンリネスなのか【徹底するだけで、組織の質が格段にアップ】

店舗運営・モラル
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしています。
この道15年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。
いまは店舗の店長をしています。
今のネットの時代、リアルな店舗の存在意義は変わってきています。
『モノを売っているだけのお店』ではなくなったんですね。
店舗は付加価値を提供しないといけないんです。
むずかしい事なんですが、面白いことでもあるんですよね。

お客様視点に立つことが大切と言われます。

お客様視点というのならば、お客様はお店のどこを見ているでしょう。

社員
社員
やっぱり、品ぞろえとか活気があるかとかその雰囲気とか、あとは僕なら商品のセンスなんかも見てるかなぁ。
たしかにそれらも大事だけど、基本的な事をいうと『清潔感』かな。
だって、きたないお店は絶対にイヤだもの!
お客様
お客様

そうなんですよね。

お店が整理・整頓されていて清潔な状態であることはすごく大切です。

というより、その状態が当たり前とみなされてるんですよね。

逆に、お店がきたないという印象を持たれてしまうと、もう『そのお店自体がすべてダメ』そういう烙印を押されてしまいかねません。

なのでお店のクリンリネスは、非常に重要な店舗運営のポイントとなります。

これだけ重要と言っていても(わかっているはずなのに)、それがなされていない店はいっぱいあります。

どうしてそうなるんですか?
社員
社員
さとし
さとし
『クリンリネスをする』ということが目的になっているからだよ。
クリンリネスを行う意味と効果を、理解できていないことが問題なんだ。

では、クリンリネスを行うことのメリットとは?

①店舗モラルを構築できる
②チームワークを構築できる
③正しいルーティンが仕事の効率を上げる

クリンリネスとは、ただ掃除をするという事ではありません。

クリンリネスを徹底して行う事によって、構築される店舗運営の基礎があるんです。

ここを理解するとクリンリネスは『文化』となります。
その『文化』を持った店舗は、結果的にお客様から支持されることになるんです。

この『クリンリネスのメリット』を最初に押さえてください。

クリンリネス、これは絶対に正義なんです【モラルの構築】

仕事では能力や経験値のあるなしで、その成果に変化があります。

だからまだ仕事を覚えられていない人は、なかなか成果を出せなくて悩みますよね。

この悩みは、たとえスキルがついても尽きません。

頑張ってもうまくいかないこともあれば、運よく成果ができることもあります。

でもクリンリネスという仕事は、どんな人でも成果を絶対に出すことができるんです。

『クリンリネスという正義』を積極的におこなう組織は、そのモラルがしっかりしています。

モラルが高いお店は問題行動を起こす人も少なくなるので、人間関係も良好です。

きたない街では犯罪が多いと言います。やはりリンクしているんです。

クリンリネスは団体競技【チームワークの構築】

クリンリネスは全員で行うのがいいんです。

ある組織では、役職やキャリアの下の人が掃除などを任されていたりします。

これではダメです。みんなで綺麗にするんです。

先ほど話したクリンリネスという絶対的な正義は、全員で行う事でその効果が倍増します。

そのことで組織のチーム力は上がります。

自分はクリンリネスをしなくていいと思っている人は、思い返して欲しいです。
お客様が最初に注視するのは、店舗の清潔さなんです。

そのことが理解できたら、クリンリネスに参加していない人が、クリンリネスを率先して参加すると、お客様への効果が変わりそうだと思いませんか?

役割分担を決めてもいいですし、ゲーム形式でやってみてもいいんです。

そうやって、全員協力で『クリンリネス』を楽しむことができたら、チームワークの向上も図れます。
モラルの向上も図れた上でです。

なかなか組織の風通しが悪くて悩んでいるリーダーがいたら、これを実践してください。

さとし
さとし
今すぐ、全員で掃除です

徹底的にやってください。空気が変わりますから。

とにかく重要視することは『クリンリネスは全員で行う』ということです。

クリンリネスは仕事の効率を上げる【正しいルーティンが運気を呼び込む】

クリンリネスを行うタイミングは朝がいいです。

これを毎日全員で行う。

このことは、店にいい循環をもたらすことになります。

全員が気持ちよく、その後の仕事にのぞめるからです。

この正しいルーティンは、人のポテンシャルを最大限に発揮させます。それが仕事の成果をうまく出す方法です。

お店が常に清潔に保たれることによって、お客様からの支持が上がるというのもあります。

それ以上の効率アップをもたらすのが、クリンリネスのすごいところなんですよね。

クリンリネスというプラスの習慣を、組織に取り入れることで成果はプラスになるはずです。

まとめ【クリンリネスを率先するのはリーダー】

クリンリネスがいかにその組織を強くするのかを話しました。

先ほど、『全員で』というキーワードも出しましたが、このクリンリネスを率先して引っ張るのはリーダーの仕事です。

逆の発想で、クリンリネスを率先してする人がリーダーになれる人とみることもできます。

クリンリネスで影響力を持てたら、尊敬される人になることもできます。

リーダーが組織の中で尊敬を集めることができたら、仕事が円滑にすすみそうですよね。
求心力を集めるというのは、リーダーの大きな課題のひとつです。

その解決策が『クリンリネス』です。

考てください。クリンリネスは誰だってできるんです。
そして、毎日それを行うチャンスがあるんです。

今すぐに始めてください。すでにしている人はその熱量を倍増させてください。

きっと、仕事におけるすべてのことが好転しだすはずです。