仕事を辞めたいけど言えない【4つの悩みを一挙解決】

仕事を辞めたい
仕事を辞めたいと思ってるんですけど、なかなか言えないんです…
一番大きいのは、『上司が怖くて言えない』ってことなんです。
『辞めたい』なんていっちゃうと、怒られてしまいそうで…
社員
社員
さとし
さとし
確かに、『辞めたい』と言えない理由を掘り下げていくと、上司との『人間関係』に問題がある場合が多いものです。
『怒られてしまう』『引き止められる』と感じているんですよね。
健全なコミュニケーションがないからそうなってしまうんですよね。
この場合のコミュニケーションの問題は、『上司にある』ことが多かったりします。
なるほど…
実は他にも、辞めたいと言えない要因があるんです…
社員
社員
さとし
さとし
わかりました!この記事では『辞めたいと言えない』ということを掘り下げて考えていきたいと思います。

その前に少し、私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて、独立・起業した経験があります
・『言えない』『言いづらい』と会社を辞めるって苦労が多いというのは身をもって体験しています。
私が『仕事を辞めたい』のブログを書く理由

『仕事を辞めたい』と言って半年で退職した話

冒頭に出た、『怖い』ということで仕事を辞めたいというのであれば、それはすぐには解決しないので結論は一つです。

さとし
さとし
『辞めたい』と言うことを諦める‼︎

これが決断できないと、ずっと悩み続けることになりますよね。

悩み続けた結果、いつかは『辞めたい』と言うのかもしれませんが、その『いつか』を待つのは、はっきり言って『時間の無駄』です。

じゃあ、『辞めたい』と言わないのであればどうすればいいんですか?
社員
社員

こうなりますよね。

これに対する答えは…

・第三者に頼む
・文書で告知する

これが有効です。

さとし
さとし
前者は有料,後者は無料です。
この記事では、ここを掘り下げていきます。

…そういえば、他にも辞めたいと言えない要因があるっていってましたよね?

そうなんです…
一つは、職場が人手不足で辞めたいと言いづらいということもあるんです。
もう一つは、僕はまだ新卒で会社に入ったばかりで、そんなにすぐに辞めてもいいのかなと思っているんです。
それと、そんな状況なので家族にも言えないっていうのも…
社員
社員
さとし
さとし
たくさん出てきましたが、まとめると…
・上司が怖いから言えない
・人手不足で迷惑がかかりそうで言えない
・新卒なので言えない
・家族に言えない
この4つですね。
順番に解決していきましょう!

仕事を辞めたいけど言えない【怖いなら言わない方向で】

仕事を辞めたいけど言えない【手っ取り早く第三者に頼る】

辞めたいと言えないなら『言わない』ということで…

・第三者に頼む
・文書で告知する

この話をしていきます。

仕事が辞めたいと言えないなら第三者に頼む

さとし
さとし
上司が怖くて言えないのであれば、『退職代行』を利用するという便利な方法があります。

自分の退職に関わる全てのことを、第三者が代行して行ってくれるんですよね。

頼んだら次の日から会社に行くことはありません。



【退職代行ガーディアン】

さとし
さとし
費用は『30,000円』ほどかかりますが、悩んでいる時間の無駄を削減できるのなら安いものだと思います。

悩んでいる時間が長ければ長くなるほど、自分にとってデメリットしかありません。

そのデメリットをなくすためにも、まずは行動(相談)してみるのがいいと思います。

相談は無料です。

自分の現状を相談することで『解決策』が見つかるんですよね。

悩みの泥沼にはまる前に行動してみることをオススメします。

あとは行動だけだと思いませんか?

メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

『退職願』を出すことから始めてみる

もう一つの方法は『退職願』を提出するというやり方です。

こういう行動は敬遠されがちですが、立場をはっきりさせるためにも重要なやり方であるんだと思います。

『退職願』と『退職届』の違い

『退職願』
→会社に対して『退職』を願い出る書類
『退職届』
→自分の退職を通告するための書類

『願』は文字通り願い出るということですよね。

『ダメ‼︎』と言われることもあるのですが、基本的にはそんなことにはなりません。

『届』は決まったことを通告するんですよね。

口頭で願い出て、退職が決まった場合も最後にこの『退職届』を提出して退職となります。

さとし
さとし
ここでは『辞めたい』という言葉ではなく、『退職願』という書類を出すことでスジを通すということを提案しているんですよね。

『退職願』を提出する場所

直属の上司にこれを提出するのは『辞めたいと言っている』のと変わりないので、この『退職願』は会社の部署(例えば人事部など)に提出するのがいいと思います。

提出することで『意思を明確に伝える』ことになるので、会社としてもフォーマルに対応せざるをえません。

感情に訴えて『怒ったり』『退職を引き止めたり』はできなくなります。

さとし
さとし
ドラマなどで『退職願』を破り捨てる上司がいますが、現実世界ではそんなことは起こりません。
常軌を逸した行為として、厳罰が下るはずです。

どの道、話し合いになるかもしれませんが、フォーマルに対応してくるのであれば、気持ちの上でもゆとりができるはずです。

自身の体験談

さとし
さとし
私自身も退職を告知したら、直属の上司に引き止められ続けました。
何回言っても同じだったんですね。
なので『退職願』を経営者宛に送りました。

そこからは一気に話が進みました。

直属の上司とそれから会うこともありましたが、そのことに触れてくることはありませんでしたし、普通に接していました。

腹の中ではどう考えていたかはわかりませんが、そんなことを気にしていても仕方がないので、考えるのは止めたんですね。

職場ではどうしても『各人の思い』が交錯しています。

大事なことでもありますが、それに捕らえられてしまうのは人生の大切な時間を無駄にしてしまうことなんですよね。

仕事が辞めたいと言えない心理的要因を解決

仕事が辞めたいと言えない心理的要因を解決

『人手不足で迷惑がかかるから』辞めたいと言えない場合

確かに今の時代、どんな会社でも『余剰の人員を大量に抱えている』なんてこともないので、人が辞めるというのが痛手となるのも頷けます。

さとし
さとし
ただ、一人の従業員が辞めたからといって、その会社が立ち行かなくなるなんてありません。

逆にそんな状況だとするならば、その会社は欠陥だらけですよね。

なのであなたがいなくなっても、会社はすぐにその環境に慣れて前に進んでいくものなのです。

ということで『会社の人手不足』は個人の力で解決できるものではありませんし、人が一人いなくなっても会社が立ち行かなくなることもないので、それを心配する必要はないということになります。

『新卒なので』辞めたいと言えない場合

さとし
さとし
仕事を辞めるに早いも遅いもありません。
辞める機会を逃してしまって後悔している人は山のようにいますし、早すぎて失敗したなと感じる人もいるんですよね。
問題は『覚悟』ということになるんです。

ちなみに、会社は新卒社員に多額の投資をしています。

就職活動での準備や手配はもちろんのこと、働き始めで生産性が低い新卒社員にもあらゆる角度から投資をしているんですよね。

そのことを念頭に置いた上で、次の行動に向かうのであればそれはあなた自身の決断なんです。

家族に言えない

色んな

さとし
さとし
色んな事情があって家族に言えない、もしくは言いづらいというのがあると思うんですよね。

これは個人の問題なので深く立ち入ることはできないのですが、やはり家族というのはどんな時でもあなたの味方であると信じていますし、最終最後は助けてくれるものです。

そんな家族と向き合うことは大切なことなんですよね。

まとめ

自分にあった仕事(生き方)は必ずあります。

ただそれはすぐに見つかるわけではありません。

誰しもが、悩みながらそれを探しているものなんです。

一番いけないことは、何度も言っていますが『停滞』してしまうことなんです。

必要なことは『行動』に他なりません。

▼仕事を辞めたい時にするといい準備の話はコチラ▼

仕事を辞めたい時から始める準備【重要な3点】

☆この記事で紹介したサービス☆
【退職代行ガーディアン】

仕事を辞めたい【まとめ】

 

今回はまったく、着物のことはお話ししませんでした。

普段の僕のブログでは、着物のあれこれもお話ししていますので、よかったらソチラも覗いてみてくださいね。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y