仕事を辞めたい時から始める準備【重要な3点】

仕事を辞めたい
仕事を辞めたいんです…
でも、何の準備もなく辞めれないし、どういったことをしていけばいいんだろうか?
社員
社員
さとし
さとし
確かに、何も準備のないままに『仕事を辞めてしまう』のは考えものです。
行動には『不安』と『恐怖』はつきものです。
それを解消するのが『準備』で、準備をすることでフラットな行動を取ることができるんです。
今回は、仕事を辞めたいと思ったら始める『重要な準備』についてお話しします。

その前に少し、自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて、独立・起業した経験があります。
・準備に関しては自身も『失敗した』と思っており、だからこそ準備の重要性を感じているんです。

今回お話しする『重要な準備』は以下の3点です。

・環境の変化に耐えるモチベーションの構築
・次の仕事を見つける為の重要事項『転職活動』について
・3ヶ月耐えることができる経済力を蓄える
この記事は仕事を辞めた時に必要な『手続き等』をお話しするものではありません。

仕事を辞めるための準備をしっかりしておけば、安心感にもなりますしそれ自体が自分自身に有益なことでもあります。

この記事で具体的なやり方について理解を深めて下さい。

仕事を辞めたい時から始める準備【最も重要なこと】

仕事を辞めたい時から始める準備【最も重要なこと】
さとし
さとし
仕事を辞めたい時に一番重要なことは、環境の変化に対する自身のモチベーションをしっかり確立しておくことです。
『心の準備』ってやつですよね。

『精神論』になるのですが、これって非常に重要です。

どんな状況であれ『失意の内』に仕事を辞めるのは良くありません。

ただ、どうしても仕事に対して限界を迎えているということもあるでしょう。
そんな場合は、自分を壊さないことを優先にしてください。

仕事を辞めることに『負い目』を感じるな

仕事を辞める時に自分に『負い目』を感じることがありますが、『辞めると決断』したら気持ちを切り替えることが重要です。

『負い目』を感じたままでは、次の行動力の低下しか招きません。

それではそこから始まる『環境の変化』に対応するスピードが下がるんですよね。

それはなんのメリットもありません。

さとし
さとし
辞めると決断したら、きっぱり辞めて前を向いて歩くことが重要なんです。

『仕事を辞める』ことに体力を注ぎ込んで、それで疲れてしまう人がいます。

職場での人間関係や自分の立場などを気にしてそうなることが多いんですが、それってあんまり意味がないんですよね。

仕事を変えることは『人生の中で必要な能力』

人生の期間はどんどん長くなってきています。

それに合わせて、仕事をする期間も当然長くなっているのです。

一つの仕事で人生を全うする人は『非常に稀有な存在』と言えるんですよね。

なので、仕事を変える能力(経験)を積み上げるのは大事なことになります。

さとし
さとし
このモチベーションで『仕事を辞める』という行動を起こすことは、今後の人生においてもかけがえのない経験となるんですよね。

長い人生を見越して、今の行動を決めるのって『計画的』なんです。

『転職活動は準備』=数にこだわる

転職活動は数にこだわる

当然、仕事を辞める時には『次の仕事を見つける』ことを並行して行います。

それが『転職活動』となるのですが、ここではその心得をお話しさせていただきます。

さとし
さとし
結論としては『転職活動は遠慮なしにガンガン行う』です。

転職活動で自分の価値を探る

重要なことは『転職活動』は数多く行うことです。

一つのところでさっさと決めてしまうのではなく、色んな角度で『転職活動』を行うんですよね。

さとし
さとし
これによって『自分の社会的価値』を判断することができるんです。
これを知っておくことは、後の活動にも有利に働くんですよね。

さらに、たくさんの選択肢の中から一つを選んだという事実は、これから先になんらかの交渉を行う時にも有利に働くものです。

その為の活動は制限をかけずにどんどん行いましょう。

在職中に転職活動をしてもいいの?

今の仕事をしている状態で、転職活動をしてもいいんですか?
会社に知られたら気まずくないのかなぁ…
社員
社員

こういう風に感じることもあるかもしれませんが、なんの問題もありません。

さとし
さとし
自分の時間で行っている活動に口出しされるような会社にはいるべきではないし、なんか『気持ちが悪い』ですよね。

というより、知られる事が基本的にありません。

当然、就業時間中に転職活動を行なったり、会社のもの(パソコンや電話など)を使って行動するのはルール違反ですし、それで転職活動が知られてしまっても何も言えません。

オススメ転職サイト



20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

登録すれば直接、興味を持った企業からスカウトのメールが届きます。

内定に向けたサポートも充実しているし、そのサービスは全て無料です。

『無料』と聞くと『んっ?』と感じるかもしれませんが、今はどんな企業も人材を求めているので、企業から紹介料で成り立っているんです。
だから、利用する人は無料でサービスを受けれるんですよね。

当然、今の職場に知られる心配もありません。

行動が一歩遅れると、結果も一歩遅れます。

まずは登録してみてみたらいいんですよね。

マイナビジョブ20’s
【※首都圏・関西・東海地方を中心としたサービスです】

人と会う数にこだわろう

さとし
さとし
私は独立するということで仕事を辞めましたが、一番意識したことは『人と会うこと』です。
それは、自分の関わる業界の人だけにとどまりません。
そうして作った人脈は必ず役に立つものです。

そうして行動していた自分ですが、『まだまだ足りなかった』と反省することがあるんですよね。

人脈を広げる活動に終わりはありません。

行動力を上げることこそが、『仕事を辞める時』には重要なことなんです。

さとし
さとし
再度、言います。
とにかく行動は大切なんです。

経済的蓄えは『心の余裕』【お金の話】

経済的蓄えは『心の余裕』

最後にお話ししたいことは、『経済的担保』を持つということです。

『経済的担保』は心にゆとりを与えます。

さとし
さとし
ゆとりがありすぎると『行動力の低下』を招くこともありますが、あまりにも余裕がないと『意に反した仕事をする』という結果も招きかねません。

仕事を辞めることにはなんの問題もないですが、『繰り返し辞める』ことはオススメできません。

なので、この『防御の準備』も同時にすることも重要なんですよね。

具体的には『最低3ヶ月』は無職でも耐えれる蓄えをしておくことをオススメします。

急場のしのぎ方

蓄えがあればいいのですが、(仕事と仕事の間の)インターバルの期間に何もしないというのも不安があるかもしれません。

そんな時の助けになるのが、『クラウドソーシング』のサービスです。


クラウドソーシング【_ist】

『自分の技術を、そのままその技術を欲している人に売る』というサービスです。

そこにはいろんな案件があり、そのマッチングをしてくれます。

登録は無料で自分の好きな案件を選べるので、登録しておいて損はありません。

行動すれば、問題と不安が解消されるきっかけが見つかるんですよね。

無料で登録してみる!【_ist】

まとめ

ということで『仕事を辞めたい時から始める準備』についてお話ししてきました。

仕事を辞めることはネガティブなことではありません。

よりよい生活と、自分のキャリアアップの為の行動なんです。

そして、それは『準備万端』にしてから一歩目を踏み出すべきなんです。

☆この記事で紹介したサービス☆
マイナビジョブ20’s

クラウドソーシング【_ist】