『仕事を辞めたい』その理由【10人の人に実際に聞いてみた】

仕事を辞めたい
色んな人の仕事を辞めたいと思った理由を知りたいんですよね。
みんなどういう思いを描いているのかなぁ…?
社員
社員
さとし
さとし
これまで私は『たくさんの人が会社を辞めていく姿』を見てきました。
その『会社を辞めたい理由』は様々です。
この記事では、実際に10人の会社を辞めた人に『会社を辞めたかった理由』を聞き取りし、それを紹介していきます。

内容に入る前に少しだけ、私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています。
・15年勤めた会社を退職し、独立・起業した経験があります。

これから紹介する10人は、僕が勤めていた職場の同僚達です。

以下のような人達になります。

①新卒で入社した正社員の人達です
②僕と同じ『営業・販売職』の人達です
③男女5人づづの10人です
さとし
さとし
この記事を、これから働き始める人には『会社に勤めるとこういう悩みに直面することがある』ということで、今まさに『仕事を辞めたい』と悩んでいる人には『事例として』役立てて欲しいんですよね。
『辞めたい』と思った本人の視点で聞き取りをしています。周りの環境もありますし、関わっている他の人も言い分もあるはずなんですが、『辞めたい』と思った本人の『思い』を中心にまとめていますのでご理解ください。

『仕事を辞めたい』その理由【10人の人に実際に聞いてみた】

『仕事を辞めたい』その理由【実際に10人の人に聞いてみた】

それでは実際に10人の人に聞いてみましたので、ご覧ください。

Yさん【女性・30歳】

辞めた時の年齢28歳【職歴7年目】
職位:店舗責任者

彼女の仕事を『辞めたい』理由は業績の不振です。

期待をされて『店舗責任者』になりましたが、そこからは思うような業績を出すことができませんでした。

しかも、同期たちは着実に実績を上げています。

そんな折に、違う会社からのお誘いがあったんですよね。

それが彼女の『きっかけ』になったそうです。

Mさん【男性・41歳】

辞めた時の年齢40歳【職歴18年目】
職位:店舗運営者(エリアマネージャー)

彼の『仕事を辞めたい』理由は、自身が会社にいる必要性を感じなくなったということです。

苦労した時代を知っているからこそ、整備された会社では『やりがい』を感じなくなってしまったそうです。

だからこそ、『新しい環境』に身を投じてみたくなったんです。

Kさん【男性・30歳】

辞めた時の年齢23歳【職歴1年目】
当時の職位:社員

Kさんは新入社員の3ヶ月で仕事を辞めました。

『辞めたい理由』としては、やってみたかった仕事があったとのことでした。

ただ、仲のいい先輩には『仕事で周りにいじられる』ことが嫌であったと話していたみたいですね。

こういうことは本当によくあります。

周りの思いと、本人の思いが一致しない人間関係の問題ですよね。

全ての『仕事を辞めたい』という思いには、大なり小なりこの問題が入っているものです。

Aさん【男性・28歳】

辞めた時の年齢28歳【職歴6年目】
当時の職位:店舗責任者

Aさんは『仕事に飽きた』というのが、『辞めたい』理由でした。

会社で働くことは、ともすれば単調な毎日となるのかもしれません。

『毎日決まった時間に、決まった人と、決まった仕事をする』これはもしかしたら退屈と感じるかもしれませんよね。

それを『安定』と捉えることもできますが、人によっては『マンネリ』ともなるんです。

Iさん【女性・26歳】

辞めた時の年齢25歳【職歴3年目】
当時の職位:社員

彼女の『仕事を辞めたい』理由は、仕事年数が増えることで出る『プレッシャー』が原因となったということです。

さらに『給与面』での不満があったことも『辞めたい』思いに拍車をかけました。

仕事をする条件というのは大切で、その条件が満たされなくなると『辞めたい』と思うようになるんですよね。

Tさん【男性・27歳】

辞めた時の年齢26歳【職歴4年目】
当時の職位:店舗責任者

Tさんは、店舗責任者となっての職務の重さが『辞めたい』原因になっています。

具体的にいうと『労働時間』です。

やはり、限度を超えた労働環境は『辞めたい』原因となりますよね。

あとは人間関係の問題があったそうです。

上司、部下、取引先との関係性に悩んでいました。

この人間関係はTさんがつくったものというより、そこの組織にある『文化』というものでもあったということです。

こうなるとなかなか難しい問題ですよね。

Gさん【女性・27歳】

辞めた時の年齢23歳【職歴1年目】
当時の職位:社員

『辞めたい』理由は仕事内容とのミスマッチです。

営業の仕事内容が、想像していたものとは違っていたことが、理由になったそうです。

これは本人の確認不足というのありますが、視点を変えると『採用と現場の感覚の違い』が浮き彫りとなっている話でもありますよね。

就職活動で得られる情報には限界があるのかもしれません。

Mさん【男性・29歳】

辞めた時の年齢28歳【職歴5年目】
職位:店舗運営者

Mさんの『辞めたい理由』を作ったのは『結婚』というのがきっかけだそうです。

務めていた会社の『勤務体系(不定休・土日休みなし)』では、家族との時間が取れないというのが一番の理由でした。

もう一つは、『他の業種を見てみたい(転職)』という動機もあったそうです。

退職というのは『自分の生活を豊かにする』『キャリアを積む』ということでもあるんですよね。

Kさん【女性・26歳】

辞めた時の年齢23歳【職歴2年目】
当時の職位:社員

Kさんの『辞めたい』理由は、人間関係にあったそうです。

そこでのベテラン社員(いわゆるお局)との、折り合いが悪かったのが原因となっています。

あとは営業職への『やってみてわかる仕事の大変さ』が辞めたい原因にもなっているとのことでした。

特に『売り方』に受け入れられない要素があったということです。

『営業・販売』の現場というのは抜き差しならないという場面もあります。

『やりがい』にもなるところですが、『辞めたい理由』ともなるんですね。

Nさん【女性・26歳】

辞めた時の年齢23歳【職歴3年目】
当時の職位:営業主任

彼女の『仕事の辞めたい』理由は残念ながら、病んでしまうという結末によるものでした。

そもそも物事の管理に自信がなく、それに対しての先輩の叱責が続いていたとのことです。

それによって『適応障害』と診断されてしまい、退職を決意します。

仕事では色んなことが起こりますが、やはり『病んで』しまうと後にも尾を引きます。

どこかで『折り合い』をつけるべきですが、それが難しいのも『仕事をする』という環境かもしれません。

『仕事を辞めたい』その理由【まとめ】

『仕事を辞めたい』その理由【まとめ】

ということで10人の人の『聞き取り結果』をお話ししました。

まとめると、『仕事を辞めたい』その理由は…

・やりがい
・業績不振(期待に応えられない不安)
・人間関係(いじり 叱責 文化)
・仕事の内容(理想と現実とのギャップ マンネリ)
・労働時間(過剰な残業)
・プライベートな時間の改善

こういったところが出てきました。

仕事をする中で『仕事を辞めたい』と思うことは、よくあることです。

それが増えれば増えるほど、その『不安』は『不満』になります。

その『不安』と、『責任感』や『仕事をしなければいけない理由』などとのバランスが崩れると、『仕事を辞めたい』から『仕事を辞める』という決断に変わるんですよね。

さとし
さとし
『決断』することは大切です。
そこに後悔がなければ、その『決断』はあなたの人生を好転させることになります。

今回、お話を聞いた10人の人は今も元気に働いていますし、その中でも悩みも抱えながら、懸命に頑張っておられます。

『会社を辞める』というのは経験なんですよね。

それを活かせるかが、一番重要なことだと感じています。

そのためには『仕事を辞める時の準備』も重要ですよね。

準備なきままに、行動するのは少々危険だと言えるんです。

もう一つは『無理をしない』ということをオススメします。

仕事で『病んでしまう』人の多さを非常に強く感じます。

さとし
さとし
仕事とは自分を高めるものです。
壊れてしまっては意味がないんです。

それだけは、肝に銘じてもらいたいんですよね。