『仕事を辞めたい』後悔しない為に考えること

仕事を辞めたい
『仕事を辞めたい』と思い、辞めてしまって後悔することってあるんですか?
社員
社員

誰しもが後悔を恐れるものです。

特に『仕事を辞めたい』というのは、自分の人生にも生活にとっても大きな出来事ですよね。

なので『後悔』がないように動きたいと思うことは自然です。

さとし
さとし
答えとしては『単純に働くのが嫌で仕事を辞めてしまう』と後悔します。
次にまた働き出しても『同じことの繰り返し』になる可能性が高いからです。
逆に言えば『そうでない辞め方』なら後悔することはありません。

詳しい内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を退職し、独立・起業した経験があります

『後悔しない辞め方』とは一体なんなのか?

人間関係を苦に辞める
→嫌な人間関係からの解放は幸せなんです。
何かしたいことがあるので辞める
→新しい道を見つけ、進むことは非常に幸せなことです。

こんな状況の改善のために辞めることは、後悔を生みません。

つまり『前向きに仕事を辞める』か『後ろ向きに仕事を辞める』かが分かれ道なんですよね。

掘り下げていきたいと思います。

『仕事を辞めたい』後悔しない為に考えること【仕事の本質は一緒】

さとし
さとし
仕事をすることは、本質的に一緒なんですよね。

どんな仕事でも大変なことはありますし、プレッシャーもあります。

そういう『仕事の地道な部分』が嫌で仕事を辞めても、仕事をまたするなら同じことの繰り返しなるんですよね。

仕事は覚えるのに時間がかかる

どんなに自分が好きなことでも、仕事はそれをこなせるようになるまでに『一定量』の時間がかかります。

これを『下積み』という言葉で表現します。

『下積み時代』は仕事に生産性がありません。

『下積み中』はお金を稼ぎ出すことができていない状況なんです。

さとし
さとし
将来的に生産性を生み出す仕事ができるようになるために、『下積み』をしているんですよね。

そんな仕事は『地味』で、大して面白くないものであると言えます。

そこの『我慢』の時間を耐え抜いて、一つの仕事を任されるようになるんですよね。

そこから逃げる辞め方では、大きな後悔にならずに、言うなれば『ふんわり後悔』します。

そしてそれを繰り返すと『大きな後悔』になるんですよね。

『大きな後悔』になる頃には取り返しのつかないことになりかねません。

さとし
さとし
『仕事を辞める時』は迷いないように決断するべきなんですよね。

同じだけ給料をもらえると思ったら甘い

違う仕事をするということは、もう一度『下積み』から始めるということですよね。

その分野でキャリアと能力があっても、新しい環境に出るとある程度の『下積み』をこなさないといけません。

『下積み』=『生産性がない』ということなので、新しい仕事をする場合は給料が下がるのが普通なんですよね。

さとし
さとし
『将来性』の期待を込めて、自分を売り込むことができたら『下積み』付きでも給料UP(自分を高く売ること)を見込めますが、それにはかなりのプレゼン(準備)がいるんですよね。
なんの準備もなく仕事を辞めて、違う仕事につこうとするとそのプレゼンができません。

とにかくどんな仕事でも『軌道に乗る』までに時間がかかるということです。

結局『我慢』は必要なんです。

さとし
さとし
給料が下がってでも、その環境に行きたいというような『強い意思』があれば、後悔をするなんてことはないでしょう。

準備なき退職は後悔がいっぱい

ということで準備なしに仕事を辞めることは『後悔』の可能性が高いです。

『準備』ってどういうことをすればいいんですか?
社員
社員

大きな3点をいうと…

・次に動き出す心の準備
・人との接点頻度
・経済的蓄え

こういうところです。

これに関しては、下記の記事に具体的にお話ししているので参考にしてみてください。

仕事を辞めたい時から始める準備【重要な3点】

『人間関係で仕事を辞めたい』場合

さとし
さとし
冒頭でも話したのですが、『人間関係』が原因の危機回避的な退職では後悔することはありません。

例えば『ハラスメント』を受けるような環境に、あなたがいたとします。

そういった場合は『冷静に次の準備』をするなんてできないんです。

『そんな自分を壊しかねない環境からの脱出の為に辞める』のは、現状を改善する行動と言えるんですよね。

その場合、後悔することはありませんし、そんな人間関係に終止符を打てたことに大きな安堵が生まれると思います。

そしてそこから頑張ればいいんです。

さとし
さとし
『辛い人間関係』から脱却できた経験は、『強み』に変わるということを覚えておいてください。

まとめ

ということで、後悔しない『仕事の辞め方』をお話ししてきました。

人生において仕事は重要です。

『行動』を恐れてはいけませんが、『安易』なこともいけません。

『安易さ』というのは見る人が見たら見透かされます。

それは『自分の価値』を下げることにつながります。

それだけは気をつけて欲しと思っています。