【重要】仕事を辞めたい時は『退職願』を提出しよう

仕事を辞めたい
仕事を辞めたい時に『退職願』を出すのって有効なんですか?
そしてそれはいつ出すべきなんですか?
『退職願』と『退職届』の違いって、なんなんですか?
社員
社員
さとし
さとし
まずは『退職願』を出すことは仕事を辞めるために非常に有効です。
そんな『退職願』に関することを、この記事では細かく解説していきます。

具体的な内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて、独立・起業した経験があります
・私も仕事を辞める時、『退職願』には大変お世話になりました

この記事では以下の3点のことをお話しします。

・『なぜ退職願か?』の答えと『退職届』との違い
・就業規則の確認は自分を守るための最低限の準備
・仕事を辞めることは通過点で、その後の『準備』が重要

感情的な話をせずに事務的に仕事を辞めるために、有効なやり方を知ることができるので読み進めてみて下さい。

仕事を辞めたい時は『退職願』を提出しよう

仕事を辞めたい時は『退職願』を提出しよう

まずは『退職願』とは何かをお話ししていきます。

この記事の結論の部分ですね。

なぜ、『退職願』を提出するべきか

退職の意向を『相談』というかたちで上司に告げると、その結果の大半は『慰留(退職を引き止められる)』です。

『仕事を辞めたい』というのが悩みではなく『決意』なら、その行動の一歩目は『書面による意思の明示』が最適です。

さとし
さとし
というより、こうすることで話が建設的に進無んですよね。

人が退職する時は、いろんな感情が入り乱れ、それが原因で『自分の思い』が止められてしまうこともあるんですよね。

『退職願』を提出すると、そういう面倒な感情的な話を避けることができるんです。

『退職願・退職届』の違い

まずは基本知識をして、この違いをおさえておいてください。

『退職願』
労働契約の解除を会社に願い出るための書類です。
退職への強い意志と、申し入れた根拠になります。
これをもとに承認を得て、退職日を決めます。
『退職届』
退職したことが確定した後に、会社に対して提出する書類です。

つまり『退職届』とは、退職確定後の形式的な書類なんですよね。

退職を決める為のスタートとなるのは『退職願』になります。

法的に会社に退職の要求をする場合は『内容証明郵便で退職届を送る』という方法がありますが、この記事はそこまで踏み込むものではありません。そういうような状況であるなら専門家に相談するようにしてください。

【退職代行ガーディアン】

仕事を辞めたい時は『就業規則』を確認しよう

仕事を辞めたい時は『就業規則』を確認しよう

会社には就業規則というルールがあり、従業員はそれに則って仕事をしています。

しかし働いている人はこれを知らないこと(存在は知っているが内容は知らない)が多いんですよね。

このルールを知るということは重要なことです。

さとし
さとし
というより、契約内容でもある『就業規則』を確認しておかずに、主張だけをするというのは間違っているんですよね。

当然、『退職』における決まりも就業規則には記載されています。

就業規則は確認できる状態にする

就業規則のある会社は、働いている人に周知する義務があります。

だからといって、その周知を待つだけではいけません。

自分の会社の就業規則くらいは、自分で確認するという『当たり前』を覚えておくべきです。

その準備は『困った時の自分』を助けることになるんです。

スジを通すことの重要性

『仕事を辞めたい』という時に肝心なことは、スジを通すことです。

例えば、『仕事を辞めたい』と言った時に上司が、『今は人員が少なくて辞められると困る』と言ったりします。

会社にも事情ありますが、この発言はルールに則ったものではありません。

つまり、スジが通っていないということになるんですよね。

我々は『雇用契約』を結んで働いています。

その『雇用契約』の解除をする時(つまり辞める時)は、建設的に話を進めることが大切です。

さとし
さとし
こういうと『冷たく』感じたり、『会社にもお世話になっている』という思いが出るかもしれません。
ただ建設的に話を進めることは、自分にとっても相手にとっても最良の行動です。
ここで感情論になるから、結果的に『揉める』んですよね。

これは当たり前の話なんですが、人間はずっとこの歴史を繰り返してもいるんです。

特に日本人はその傾向が強かったりもするので、十分に注意をしてください。

仕事を辞めたい時は『準備』を怠らずに

仕事を辞めたい時は『準備』を怠らずに

『仕事を辞める』ことはただの通過点です。

そこから先がこれからの重要事項なんですよね。

準備が大切な理由

『仕事を辞める』ということは、『何かを始める』ということでもあります。

結局『何かを始める』にも準備が必要です。

なので辞めるのにも準備が必要ですし、その後の準備もしなければいけないのです。

これができると『社会を生き抜く能力』が身につきます。

さとし
さとし
『仕事を辞める』というのも長い人生の一つの選択です。
その選択を最良にする為には、やはり『準備』が大切なんです。

まとめ

ということで、『仕事を辞めたい』時の具体的行動をお話ししてきました。

ルールの話をしましたが、『人を守ることができる』そんな人はそんなルールを熟知し、スジを通しながら自分の主張ができる人です。

そういう人は頼りになりますし、優しい人だとも言えるんですよね。

行動の原理としてその『心がまえ』が、『仕事を辞める』にも『仕事を続ける』にも重要なことなんです。

☆この記事で紹介したサービス☆
【退職代行ガーディアン】