仕事で失敗続き…もう辞めたい【失敗とミスの違いを考える】

仕事を辞めたい
仕事で失敗が続いているんです…
これでは職場や同僚に迷惑がかかるんじゃないかとか、自分にはこの仕事は向いていないのではないのかとか、感じているんですよね…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
まず結論としては『失敗は成功の種になる』ので、むしろありがたがるべきです。
ただ、ミスが続くというのは考えないといけません。
この記事では『失敗とミスの違い』を中心に、失敗することでの職場への迷惑、そして向いているか否かの話をしていきます。

その内容に入る前に、少し私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて、独立・起業した経験があります
・思えば、失敗の方が多い仕事人生です。

この記事では以下の3点で、話を進めていきます。

①失敗とミスの違い
②失敗で周りに迷惑はかからない
③向いているかは、熱中できるかどうか

この記事を読むことで、失敗は成長の源であるということと、ミスが続く原因について解決できると思います。

仕事で失敗続き…もう辞めたい【失敗とミスの違い】

仕事で失敗続き…もう辞めたい【失敗とミスの違い】

まず考えて欲しいことは、『失敗とミスの違い』です。

似たような言葉ですが、全く違います。

『失敗』とは
仕事が上手く行くように考えて行動した結果、ニーズに合っていなかった、やり方を間違えていたなどで、想定していた結果にならないこと
『ミス』とは
不注意や焦り、認識不足で、決まっている行動予定を正確にできないこと

つまり『失敗』は、やろうとしていたことが間違っていることで、『ミス』は、やると決まっていることを間違えること、なんです。

失敗はあなたの物語になるんです

失敗とは『判断の間違い』です。

確かに判断が間違っていると、成果は出にくくなりますし、それに費やした努力も無駄になりがちです。

ただ、そんな『失敗の歴史』は確実にあなたを成長させます。

自分の中に実験に基づいたデータを得ることができるからです。

さとし
さとし
『成功』は確率論ですが、『これをすれば失敗する』というのは経験値が大事なんですよね。

なので、失敗を悲観する必要はありません。

しかも『失敗談』は共感を呼びます。

さとし
さとし
私は営業の仕事をしているので、共感を呼ぶ話は、話の取っ掛かりとして重要なんですよね。
逆に『成功体験』をいきなり話しても、共感って呼びにくいんです。

『ミスが続く』これには大きな原因があります

ミスとは、決まっていることを不注意や焦り、認識不足で正確にできないことです。

人間誰しもミスはあるのですが、これが続いてしまうのは良くなくて、何か原因があるんですよね。

『○時に◆さんに連絡を取らなければいけない』これを、忘れてしまい連絡を取らないのは『ミス』であり、『失敗』ではありません。

『忘れる』というミスなのですが、これが続くんであれば…

・仕事に対するモチベーションと責任感
・そのことに気が回らないほどの環境下にいる

こういう内的・外的要因があると思われるんですよね。

これはなんとかしなければ、『あなたの評価』は下がる一方なんです。

『失敗』は迷惑とはならない

『失敗』は迷惑とはならない
さとし
さとし
上記の考え方でいくと、『失敗』というのが職場や周りの人に迷惑をかけるというのは根本的に間違っているということになるんですよね。

『判断の間違い』が仕事でのキャリアの窮地に追い込まれる、そんな職場は長く勤めるのには向いていないんですよね。

むしろ、失敗を検証し次に活かすという姿勢が大事なんです。

失敗が許されない会社なら

そういった意味では、『失敗が許されない』そんな会社に勤めているのであれば、それは考えものなのかもしれません。

失敗が許されないのであれば、今ある成功体験に基づいて仕事をするしかありません。

そういった会社ってなかなか成長の芽が出ないし、職場の雰囲気も殺伐としているものです。

そんなところにいるあなたにおいても、『成長のチャンス』がないんですよね。

『向いているかいないか』は熱中できるか

『向いているかいないか』は熱中できるか

『失敗するから仕事に向いていない』ということはありません。

むしろ『向き不向き』はその仕事への熱中度なんです。

『失敗してもその原因を究明し次に活かして成果を出す』、この行動にやりがいを感じるのであれば、その仕事は向いていると言えます。

逆にそこにやりがいを感じないのであれば、その仕事は向いていないのかもしれませんし、その状態で仕事をし続けるといつか、評価を落としてしまう『ミス』をしてしまうのかもしれません。

まとめ

ということで、仕事における失敗について考えてきました。

仕事において『正解』だけを追い求めることは難しいんです。

逆に正解がある仕事は、人間ではなくコンピューターがする方が、確実でミスがありません。

人間がやる仕事は、実験と改善が求められるものなんです。

そのために『失敗』とは必要なものなんですよね。

失敗を恐れずに進んでみて下さい。