営業に向いてる人【着物営業15年の店舗店長が語る理想の営業パーソン】

営業ノウハウ
さとし
さとし
私、さとし。
着物の店舗営業をしています。
15年の業界のキャリアで、今は着物店舗の店長をしています。

店長の仕事は多岐にわたります。
営業・販売はもとよりですが、店舗イベントの企画、従業員の教育、そして労務管理を含めた管理業務もあるんですね。

このブログは、そんな僕の着物の知識と経験を綴っています。

『営業職の向き不向き』色んな人が、これを悩んでいます。

 

求人広告を見ていると、営業職の募集はたくさんありますよね。

僕も大学生の時の就職活動は、『営業職一本』で活動していました。

それ以外に選択肢はなかったのかもしれません。(もっと言うなら、何も考えてませんでした…)

 

事務職と比べると給料もいいし、資格とかも必要がないのが、営業職の魅力でもありますよね。

とにかく間口が広いのが営業職です。

 

ただ、その一方で離職率の高いのも、営業の仕事の特徴です。

僕は着物屋さん、それこそがっつり営業職です。

我々は、個人の消費者に対しての営業活動になります。

 

今は店舗の店長をしていますが、これまでに何十人という人が、僕の店舗に配属になってやってきました。

 

大学を卒業した新卒の人もいましたし、中途採用で働いてくれた人もいます。

男性も女性もさまざまです。

現地の営業スタッフは、自分の母親に近いくらいの年齢の人ばかりです。

 

そんな沢山の人を見てきた僕です。

店長、営業の仕事に向いている人って、どんな人なんですか?
社員
社員

それの答えを2つの視点で考えていきます。

①営業職とはどういうものか理解する
③負けず嫌いというマインド

営業職を目指している皆さん。もしくはそこしか選ぶものがない人にも。

是非、参考にしてください。

前提として【営業には絶対向いていない人】はいません

営業はその人の個性が発揮されることで、その彩りが増すものです。

個性がない人間はいないので、『営業に向いていない人』というのは基本的に存在しません。

 

僕のお店でも、お客様のすべてが店長をしている僕を支持して、僕から着物を買うわけではありません。

従業員それぞれを、お客様は信頼して店に足を運びます。

 

人には相性というものがあります。

それは従業員にもありますし、お客様も同じです。

 

だから、営業パーソンは色んな個性が、あったほうがいいんですよね。

 

お客様にとっては絶対にそうだと思います。

あなたがお客様なら、その人一人しかいなかったら、嫌だと思うんですよね。

 

ただ、その前提がありながらも、色んな人が営業という仕事で苦労をしています。

そして「自分が営業に向いていないのではないか」、そう思ってしまうんですよね。

 

そうならないためにも『営業とはいったいどういう仕事なのか』、『準備しないといけないマインドとは、どういうものなのか』、それを理解する必要があるんです。

営業と販売の違い【絶対抑えるべきポイント】

そもそも、営業ってなんなのだろう。

 

営業の目的は、商品・サービスを売ることです。

その売上が利益になるので、会社(店舗)に存在価値が生まれます。

 

それでは販売とは、何なのでしょう?

販売だって商品・サービスを売ることですよね。

この2つの言葉の意味をしっかり押さえることが、営業職を目指している人には必須です。

 

まとめるとこうです。

販売→欲しい人に商品・サービスを売ること
営業→欲しいと思ってない人(潜在的に需要がある人)に商品・サービスを欲しいと思わせること

 

着物で例えます。

着物には2:8:2の法則というのがあります。

最初の2はすでに着物を着ている人です。

後の2は絶対に着物はないという、着物に対して嫌悪感がある人です。

真ん中の8が、そのどちらでもない人です。

 

この8の人達に『着物を好きさせ買ってもらう』、それが営業という仕事です。

付け加えると、そうして『営業をかけて状況が整った上で、買ってもらう事を行為』、これを販売といいます。

この順序を押さえておいてください。

砂漠の靴売り

『砂漠の靴売り』という有名な話があります。

誰も靴を履いていない砂漠で、靴屋のセールスマンが2人います。

 

ひとりはこう思います。

『こんな、誰も靴を履いていないところで靴が売れるわけがない。』

 

もうひとりはこう思います。

『誰も靴を履いていない。ということは靴の良さを伝えたら、買う人は無限にいるのではないか。』

 

どちらがいいとか、間違っているとかの話ではありません。

わかってほしいのは、営業的思考は後者であるということです。

 

くれぐれも『私は前者だったので営業には向いていない』、とは考えないで下さい。

 

考え方は変更が可能だからです。

変更することで、あなたは『営業向きの人』になってきます。

終わることのない探求の世界

上記の話からわかりますが、『営業は結果が出にくく、時間がかかる』、という側面があります。

 

砂漠で初めて靴を見た人は、最初はこれが何かわかんないですよね。

靴の価値を定着させるには、やはり時間がかかりそうです。

でも、みんなが靴の価値をわかれば、もう独占ですよね。

 

営業を極める人は、『チャンスを探し出す探求心』と、『地道にやり遂げる忍耐力』のある人なんですよね。

もっと言うと、これを楽しめる人が『営業に向き』とも思います。

 

僕は店舗で教育するときに、『営業のプロセスはゲーム感覚』で行うように教えています。

お客様個々に焦点を当てると、ゲームというだけでは問題があることが前提です。お客様の育成はもっと深いものです。

営業の成果は関係性の継続で決まる【着物営業で感じた顧客が求める安心感とは】

 

小さな成果を『成果として喜べるマインド』は、営業職には大切だと思います。

営業が結果が出にくく、時間がかかるからです。

営業マインド【ここだけ抑えて、自分を許してほしい】

営業パーソンに『必要なマインド』が存在します。

 

重ねて言いますが、マインドとは先天的なものではなく、自分で作れるものと思ってください。

僕自身も、もともとは強い人間ではありませんでした。

経験を積むことで、変わっていくものなんですね。

負けず嫌い

このマインドは営業パーソンには大切です。

 

営業は数値の世界です。

これは絶対です。

 

この事実を受け入れて、やり抜くというマインドは重要だと思います。

人知を尽くし天命を待つ

あるトップセーラーがよく言う言葉です。

この人も相当な負けず嫌いで、常に自分を追い込める人です。

 

そんな人がいつも言っている言葉です。

この言葉をフランクにいうと『わたしゃ、やることやってるんだから、後はどうなるかわかんないわね。』
(本人の口調を真似ています(笑)。60代女性の深みのある人です。本当にすごい人なんですよ。)

 

つまり、どんな負けず嫌いな人でも、『営業の数値への不安』は常にあるんですね。

そこに向き合えるマインドを持つこと、それが大切なんですよね。

着物の販売員【プロと呼ばれる人・その凄腕列伝】

まとめ

営業という仕事を選ぼうとしているあなたへ。

 

営業職とはどんな仕事なのか、把握しておくことは大事です。

そうしないと結局働き始めた時に、そのギャップに悩まされます。

そのギャップを埋めていきながら、やっていく人もいますが、事前に知っているほうがいいですよね。

 

着物の営業のなかで、そのギャップをとらえ、お客様との関係性を築ける営業パーソンは本当に頼りになります。

お客様もそんな頼りになる人と一緒にいれるからこそ、純粋に着物を楽しめるんだと思います。

 

そうして着物を楽しむ人が、どんどん増えるといいですね。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y