【提案】仕事を辞めたいと伝えるタイミングとは?

仕事を辞めたい
『仕事を辞めたい』と伝えるタイミングってどうしたらいいんですか?
社員
社員

仕事を辞めるというのは一大事で、それを伝える『タイミング』は、確かに慎重に考えたいことですよね。

さとし
さとし
ただ、一番重要なことは『辞めた後の事』です。
それを考えることでタイミングは見えてきます。
さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を退職し、独立・起業した経験があります

この記事では、以下の3つの視点で『辞めたいと伝えるタイミング』を考えていきます。

・就業規則を確かめる
・自分のタイミングで考える
・『辞めたい』と思う時がタイミング

仕事での悩み解決に役立ててください。

仕事を辞めたいと伝えるタイミングとは?【基本】

仕事を辞めたいと伝えるタイミングとは?

会社には『会社を辞める時のルール』が必ず存在します。

それを確認してみた事がありますか?

『就業規則』を確かめてみる

社員が10人以上いる会社は、『就業規則』を作成し労働基準監督署に届け出る義務があります。

そして、その『就業規則』には会社を辞める時の手順が書かれています。

あまり就業規則を見る機会はないかもしれませんが、就業規則がある会社にはそれを『周知』する義務もありますので、働いている以上は見ておくべきものだと考えています。

辞めたいと伝えるタイミングについても、就業規則を参考にして考えてみるのもいいかもしれません。

『人が会社を辞める時』は、どうしても波が立ったりしますが、円満退社のためにはルールに基づいて行動するのがお互いのためですよね。

会社にとっての辞めるためのいいタイミングとは?

できる限り、迷惑のかからないようなタイミングで辞めるのがいいと思っているんですけど…
社員
社員

残念ながらそんなタイミングはありません。

会社では、仕事を探そうと思えばいくらでもありますし、過剰な人員を雇うほどの余裕がある会社も少ないはずです。

会社の業績が著しく悪化し、従業員を雇ってられないという状況もありますが、その話はココでは置いておきます。
さとし
さとし
会社を辞めるタイミングとは自分で作り出すという事が、基本になるんですよね。

仕事を辞めるタイミングの『要素』

仕事を辞めるタイミングの要素

仕事を辞めるタイミングは自分で作ると言いました。

そう考えた時の『押さえるべきポイント』を考えていきます。

次の行動の準備ができているか?

当たり前の話ですが『次の仕事(やりたい事)』が見つかれば、仕事を辞めるタイミングですよね。

でも、次にしたい事も見つからないんですよね…
かといって、今の仕事がやりたいというわけでもない…
社員
社員

こんな時にして欲しいことが『転職活動』です。

さとし
さとし
無闇に辞めるのはよくないですが、保留し続けるのもよくないんです。
行動をする事で、見えてくる未来は確実に存在します。

『蓄え』を作っておく重要性

仕事を変える時は、どうしても不安が付きまとうものです。

その不安をやわらげる為には、『経済的な蓄え』が必要です。

何かの時のために、最低限の蓄えをしておくことは本当に大切です。

意識しておいてください。

生活費を削るという発想も大事

仕事を辞めると、一定期間『無収入』になる場合もあります。

そんな時に『生活費を調整する』というのは必須条件です。

さとし
さとし
ただ、『生活費』というのは日々の習慣により決定しています。
そんな『習慣』をすぐに変更するのは難しいんです。
習慣の変更は、日頃から考えておくべきなんですよね。

そのことが『タイミング』を作るということでもあります。

『辞めたい』という思いに正直に

『辞めたい』という思いに正直に

『仕事を辞めたい』と思うことは正常な考えだと考えています。

『仕事を辞めるかどうかは別問題として、現状の自分に疑問を持ち、次を考えるのは大事なことです。

『辞めたい』に答えはない

次の行動に移るのが大事といっても、未来というのは誰もわからないものです。

見えないから不安になり、行動ができずに『辞めたいと伝える』タイミングを失ってしまうんですよね。

さとし
さとし
なのでここには答えがないと、割り切る事が最初なのかもしれません。
だからそれを恐れるのか、逆に行動するしかないと自分を奮い立たせるのか、この分かれ道なんです。

どっちに進むかで『タイミング』が見えてきますよね?

辞める経験値って大事

人生はどんどん長くなり、仕事をしている期間もそれに伴い長くなります。

今の時代、一つの仕事で人生をまっとうするのは、むしろ『レアケース』です。

なので『仕事を辞める経験』というのは『次への行動』とセットとなって、重要な経験値となります。

そのことも踏まえて、『タイミング』を見計らってみてください。

まとめ

ということで、仕事を辞めたいと伝えるタイミングの話をしてきました。

重要なことは『辞めたい』という本人の『希望』です。

そこに前向きさがないと、タイミングはいつになっても訪れません。

さとし
さとし
そう、仕事を辞めるというのは『前向き』なことであるべきなんです。