仕事を辞めて楽になりたい【追いつめられているあなたへ】

仕事を辞めたい
仕事を辞めたくて…毎日が辛くて楽になりたいんです…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
はい‼︎ここまできたら即座に辞めましょう‼︎
そんなに辛い思いをしてまで、働く必要はありません。
どういう原因があるにせよ、仕事をするというのは本来、『前向き』な話でなければならないのです。
この記事では、こういう風に思っている人に『まずは少し落ち着いてもらって』話をしていきます。

話を進める前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて独立しました。私も本当に辛くて辞めたいと思った時期があったんですよね。

この記事では、以下の3点について話を進めていきます。

・仕事を辞めるのは特別なことではない
・仕事の辞め方の話
・ゆっくり休んで自分の道を見つけよう

辛い仕事にも解決策はあります。

この記事を読むことで、次の一歩につながればいいと思っています。

仕事を辞めて楽になりたい【追いつめられているあなたへ】

仕事を辞めて楽になりたい【追いつめられているあなたへ】

まずは『仕事を辞めること』は、さほど特別ではないということをお話しします。

もう少し楽に考えてみてほしいんですよね。

一つの仕事しかしない人の方が稀

日本にはかつて『終身雇用』というものがありました。

定年を迎えるまで、同じ会社で仕事をし続けるというものですよね。

しかしこれは現実的ではなくなってしまいました。

会社の側からしても『同じ人に最後まで働いてもらう』ということにメリットを感じなくなっているんですよね。

なので、これからの時代は『会社を辞める』という経験値がある方が、社会で生きやすくなってくるんですよね。

そして色んな知識と経験を得た方が、仕事の幅も広がるんです。

さとし
さとし
『仕事を辞める』ということは特別ではありません。
当然、やりたい仕事を辞めろなんて言わないのですが、『楽になりたい』と思うくらい追い詰められているのなら、その仕事を辞めることは『普通』なんだと言えます。

仕事を辞めた人は元気に頑張っています

さとし
さとし
私も社会に出て16年経ちます。
管理職をしていたこともあるので『仕事を辞めた人』をたくさん知っていますが、辞めた人はその後も元気に頑張っています。
『辞めていない人』が元気でないと言っているわけではありません。

このブログでは、実際に10人の人に『辞めた理由』を聞いてみた記事もあります。

よかったらその記事も読んでみてください。

色んな人の悩みと今がわかると思います。

発表・仕事を辞めたい理由【本当はこう思ってるんじゃない?】

さとし
さとし
かくいう僕も『仕事を辞めた』一人です。
自分のやりたいことを見つけて、毎日充実した日々を送っているんですよね。

【楽になれる】仕事の辞め方

仕事の辞め方の話

『仕事を辞めて楽になりたい』あなたへ、『具体的な仕事の辞め方』をお話しします。

行動してもらうことに変わりはないのですが、参考にしてみてください。

通常の仕事の辞め方

正攻法としては、『直属の上司』に『退職の意向』を伝えるというやり方です。

辞めたい理由は本来伝える必要はなく、『退職の意向』を伝えたらいいんですよね。

理由なら『一身上の都合』で十分です。

ただ、上司の側も『辞める理由』を知りたがるので、本当のことを言ってもいいですし、適当な言い訳を言うのもいいと思います。

重要なことは『保留を避ける』ということです。

考えがあぐねた結果『辞めたい』と言っているのに、『もうちょっと考えてみてくれ』というのはよくある話です。

さとし
さとし
明確に『期限』を決めてもらうようにしてください。

基本的には『1ヶ月』という期間が提示されるんですが、『できれば早急に辞めたい』という意思を示すことも大切です。

1ヶ月でいいのなら、言う必要はないのですが…
自分の主張ばかり押し通していいんですか?
和夫くん
和夫くん

別にいいです。

雇っている方と、雇われている方は、基本的に対等です。

さらに明確に主張をする方が、相手にも分かりやすいんですよね。

上司に言いくるめられてしまうのなら…

辞めると言っても、止められてしまうと思うし、言い返せない自分もいるんです…
和夫くん
和夫くん

毎日、接している上司だからそう思うんですよね。

さとし
さとし
前提として知っておいて欲しいことは『辞めたいという意思を否定する権利』は誰にもありません。

一番いいのは、上司と話すときに『会話を録音していいですか?』と聞くのがいいんですよね。

これでもう上司も『下手なこと』は言えなくなります。

しかし、そんな勇気がないと言うのも分かります。

もう一つは、『書面(退職願)』を提出するというやり方です。

これは以下の記事でまとめています。

【重要】仕事を辞めたい時は『退職願』を提出しよう

退職代行を頼ってみる

『退職代行』と言うサービスがあります。

第三者が会社に対して退職の交渉をするというサービスです。

これに頼めば、明日からその会社に行く必要はありません。

退職に関わる全てのことを、専門家がやってくれるので安心なんですよね。



会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

価格は3万円くらいです。

『悩んで何もできない時間』を買うと考えたら、格安なんです。

相談は無料です。

追い詰められて何もできなくなる前に頼んでみてください。

これも経験です。

さとし
さとし
いつかそうやって悩んで動いたことが、自分のチカラ(経験値)として活かせる時が来るんですよね。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

自分を見つめ直す機会を見つける

そうやって仕事を辞めて、その後はどうしていけばいいのかなぁ…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
この世には『自分に向いていること』が必ずあります。
それを見つけるのは難しかったりしますが、ゆっくり考えるのも大事なんですよ。

その間の経済的不安

でも働かないと、経済的な不安もあるんです…
和夫くん
和夫くん

お金を稼ぐだけならバイトでもいいですし、やれることはたくさんあります。

一番重要なのは『前にむかう行動』ができなくなることを防ぐということなんですよね。

なので『追い詰められて行動が取れなくなる』まで我慢しないで欲しいんです。

まとめ

仕事を最も効率よく行うには『明るく前向きに元気に』仕事をすることなんですよね。

幼稚な話とバカにしてはいけません。

人間のポテンシャルが発揮できるのはそういう時なんです。

この『当たり前』を考えて欲しいんですよね。

追い詰められることがなくなることを祈っています。

☆この記事で紹介したサービス☆
メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】