不安は『変化』のチャンス【緊急事態宣言を受けて】

社会
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしています。
この道15年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。
今は、店舗の店長をしています。

2020年4月7日、緊急事態宣言が7都府県に出されました。

 

実際僕の働いているところは、その緊急事態宣言の地域に入っています。

 

最終的な決定として『営業活動』は自粛、店舗は休業、僕は自宅待機となりました。

決定には従うのみで、ひとつの異論もありません。

 

ただ、こういう初めての事にはやはり『不安』が付きまといます。

僕だってそうです。

 

しかし、それと同時にもうひとつの感情もわいてきます。

『このときだから、やれることのスピードを上げていこう』という闘争心にも似た感情です。

 

僕はそういう人なのかもしれません。

よく言えば逆境に強い人、悪く言えば、尻に火がついたら頑張る人なのかもしれません。

 

今回は『緊急事態宣言』を受けての記事です。

記録と思いを綴ります。

想像を絶することが起きている【緊急事態宣言を受けて】

今起きていることは、すべてが常識外なんですよね。

 

今まで僕は営業パーソンとして、ショッピングセンターのきもの屋さんとして働いてきました。

僕の感覚では『ショッピングセンター』というところは、絶対に休まないんですよね。

 

昔は休館日というものがあって、「毎週〇曜日は休む」とか、「月一回は休む」とかがありました。

そんな昔の時代を懐かしいと感じながら、今や『年中無休』が当たりまえです。

 

でも、変化の兆しが出てきました。

 

直近でいえば、2019年10月の台風19号です。

その時も、ショッピングセンターが休業になりました。

 

僕にとっては、それも初体験でした。

どんな時でも、営業をするというのが『使命感』みたいなところがありましたから。

 

ただ、その時は1日の休業でした。

今回は約1か月の休業となります(2020年4月8日現在)。

 

はっきり言って、想像を絶することです。

 

当然、人の安心・安全を第一に考えることは絶対に大切です。

 

それ以上に社会の『考え方』が変わり、仕事の『あり方』が変わる革命が始まっていると感じています。

この『コロナ』を、関わる人みんなで乗り切った後には、『全く違う世界』が広がっていると確信しています。

 

 

次からは僕が感じる『予測』を少しだけ綴っていきます。

あくまでも予測なので、結果的に間違っていたらごめんなさいm(__)m。

テレワークとは『遠さ』ではなく『本質的な近さ』が重要

『テレワーク』

 

この言葉が、大いに流行っています。

ちなみに『テレワーク』の『テレ』は『離れた所』という意味で、『ワーク』は『仕事』という意味です。

 

『離れた所での仕事』という意味ですよね。

 

感染のリスクの少ない働き方として、今注目されています。

特に、緊急事態宣言の出ている地域では、『この働き方しかない』というところもたくさんあります。

 

では、今の『コロナ』が収束したら、この流れは終わるのか?

そうではないんですよね。

 

『テレワーク』は今後も定着するはずです。

これは色んな人が言っていることですし、そもそも便利なこのやり方を、以前から使っていた人も多くいるんですよね。

 

でも、これが定着すると、逆に『対面のコミニケーション能力』がより一層、必要となるように思っています。

 

簡単に言ってしまうと、テレワークの浸透で、『コミニケーション能力の差』がもっとわかりやすくなると思います。

 

イメージですけど、オンラインで会議をした時、まったく発言の無い人は画面から消えてしまうと思います。

『あれ、〇〇さんがいない…』ってなるんじゃないのかな?

 

だから、これからの時代は『コミニケーション能力』とか『営業力』、もっと言えば『個性』というものが『重要な個人の能力』になり、評価を受け必要とされると感じているんですね。

誠実さが個人にまで【嘘だけはいけない】

『判断』が非常に難しい時代になってきています。

 

例えば、『政府』がどんな発表を出しても、結果が出るまでは大体に批判されます。

 

結果が悪かったら、それはずっと尾を引きます。

結果が良くても、すべての人に良い結果などないので、ある程度の批判はされるんですよね。

 

リーダーにとっては難しい時代になりました。

だから、リーダになりたくない人も増えてくるでしょう。

リーダとは魅力のある仕事ではなくなりました。

 

このリーダの悩みの解決策は、『誠実さ』しかないと思います。

結果はどうあれの世界では、首尾一貫しているのも大事ですが、間違ってしまったら素直に『ごめんなさい』と言える人が、一番安心感を与える人だと思います。

 

つまり、『多くの人』からの支持を受けます。

そういう人が、リーダに最適な人になるんだと思います。

 

雄弁というだけではいけません。

カリスマ性だけではいけません。

『誠実な人』が必要とされ、支援を受けて、優秀なリーダーになっていくのではないかと思っています。

こんな時代に…

僕自身も、こんな時代に大きな『不安』を抱えています。

 

でもこの『不安』は自分を『変化』させます。

 

時代の流れに乗らないとという『危機感』と、変わりゆく時代への『ワクワク感』が入り混じった感情です。

 

みんなでこの難局を乗り越えながら、よりよい未来を描いていきましょう。

 

最後に…

僕も『緊急事態宣言』の渦中にありますが、くれぐれも健康には気をつけて、日々を過ごしていきましょう。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y