『着物』から『きもの』そして『KIMONO』へ【価値観を文字に込めて】

着物
さとし
さとし
私、さとし。
着物屋で店長をしています。
着物の販売をかれこれ15年しています。
特殊な営業職なのですが、楽しいお客様に囲まれてずっと楽しくやっています、
さとし
さとし
このブログコンテンツのタイトルは「きもの街道まっしぐら」、『きもの』とひらがなで表現しています。
見ている人は違和感を感じるのではないでしょうか?

 

見えやすさだけで言えば『着物』と表現したほうがいいと思うのですが、これは『こだわり』なんです。

 

自分の販売している商材をどういう風に表記するのか、重要なことですよね。

ここにはこだわりがあるからです。

過剰になってる着物屋への先入観【ちょっと待ってよその思い】

 

頑固おやじみたいな話かもしれませんが、紹介させてください。

ブログ記事の表現としては『着物』と漢字の表現にしています。

『着物』から『きもの』へ

『きもの』は基本的に『着物』って書きませんか?

そうですよね、この文字で表記するのが一般的だと思います。

 

『着物』とは漢字です。

 

対して『ひらがな』は日本で生まれた文字です。

平安時代かなんかに漢文を多用する男性貴族に対して、女性がその漢字を崩してひらがなをつくったんですよね。

うん、たしかそんな感じ。(清少納言とか紫式部の世界ですよね)

 

今、『きもの』を着ている人って大体、女性です。

女性が自分らしくおしゃれに『きもの』を楽しんでくれています。

 

ひらがな表記ってそんな『きもの』事情にもピッタリな感じがするんですよね。

もっと出てくる表記のしかた【呉服?和服?KIMONO?】

一方で『きもの』をあつかう業界のことを、呉服業界といったりします。

うーん『呉服』…。

 

『きもの』って日本の文字で、日本の民族衣装なのに『呉服』ってなったら、どこの国の衣装になるんだって感じになりませんか?

 

そして随分古臭い感じになってしまいますね。

 

『呉服』とは絹織物の呼称らしいです。

絹織物をつくる技術が、中国の呉という地方から伝わった、その技術で出来る反物(着物はこれから作る)からきて『呉服』というわけです。

 

確かに日本の技術は大陸から入って来たものが多いので、言ってることはわかりますが、もうそろそろ『きもの』を自国のアイデンティティーにしてもよくないでしょうか。

 

それに対抗して『和服』という表記の仕方もあります。

 

まだこれはピンときますね。

明治時代に洋服が入って来たので、それと混在しないために『和服』と呼びだした、ということです。

なんかしっくりきます。

 

個人的には『和』という言葉は好きです。

でもやはりそれでも『和服』は漢字です。

 

ここは『こだわり』を持ちたいんですよね。

そして『きもの』の未来を見据えて

『着物』って本来、着るものっていう意味ですよね。

洋服でも和服でも『着物』ではあるんですが、洋服が主流となっていくなかで『和服』=『着物』と置き換えられていったそうです。

 

だから『着物』なんですが、やっぱり日本人らしい柔らかい表記の仕方がいい!

ということで『きもの』なんです。

 

『呉服』→『和服』→『着物』→『きもの』 ほらなんか親しみが増しませんか?

 

今ではきものは海外でも人気です。

外国人は和文化が好きですよね。

今からの時代は『KIMONO』と表記する時代なのかもしれません。

そういえば、最近海外の下着メーカーが矯正下着に『KIMONO』と名付けて、大きな騒ぎになってましたね。

 

日本人は怒り心頭だったわけですが、自国の文化に誇りをもってるんだなと思い、嬉しい気分になりました。

だから皆さん、そんな日本の文化の『きもの』もっときませんか。

 

そう思う今日この頃です。

表記の仕方はこだわり!だから自信をもてるんです!

『きもの』に携わる者のとしては、こういう『こだわり』を持っていきたいなと思っています。

 

商売をしているとこういう思いに、賛同してくれるお客様もたくさんいます。

そういう人が『きもの』、そして和文化を広げてくれる人と思います。

和文化の発展が、僕の目指すべき方向性なんですよね。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y

ブログの中では、『一般的な表現として』『着物』と漢字の表記にしています。
よろしくお願いします。