男性着物の後ろ姿【かっこよく着物を着るためのアドバイス】

男性着物

j

さとし
私さとし。
●着物の営業・販売歴16年
●着物の店舗運営11年(店長歴)
●現在は独立して着物の制作にたずさわっています

男性着物ってどうせ着るんなら、かっこよく着たいですよね。

男性着物のかっこよさの秘訣は『後ろ姿』にあります。

さとし
着物ほど、後ろ姿が重要視される衣類はないと思います。
女性の帯は後ろ姿にポイントを持っていくように締めていきます。
男性の後ろ姿は非常にシンプルで『粋さ』『かっこよさ』『色気』『哀愁』を表現します。
着物好き男子
ヘェ〜…そんな後ろ姿になるためにはどうしたらいいんでか?
さとし
ということで、この記事では男性着物のかっこいい後ろ姿を得るためのアドバイスをさせていただきます。

ポイントは2点…

①後ろ姿の決め手は姿勢にあり
②帯結び

こんな感じでお届けしていきます。

さとし
私、さとし。
男性の『着物好き』を心から応援するものです。
読み進めて『きもの街道』を突き進みましょう!

男性着物の後ろ姿【かっこよく着物を着るためのアドバイス】

男性着物の後ろ姿【かっこよく着るためのアドバイス】

後ろ姿に関わらす、男性着物をかっこよく着るためのポイントには共通点があります。

一番の重要ポイントは姿勢

これは和洋問わずに重要なポイントです。

やはり、着姿を決めるのはその人の佇まいですよね。

男性着物で姿勢を保つためにはポイントがあります。

着物仙人
『衿』と『うなじ』をくっつけることを意識するのじゃ!

女性着物は衿を抜くという美しさがありますが、男性着物にはそれがありません。

なので、襟がうなじに沿うように意識すると、自然と背筋が伸びて『かっこいい姿勢』がキープできるのです。

さとし
簡単なことなので、着物を着るときはぜひ意識してみてください。

背筋がピンと伸びた着物の後ろ姿は、非常にかっこよく見えます。

男性着物の後ろ姿はシンプルです。

だからこそこの姿勢の良さが最重要なんですよね。

角帯の結び方

男性着物の後ろ姿はシンプルと言いましたが、一つだけポイントがあります。

それは帯です。

女性着物の場合、後ろ姿においての帯がしめる面積は大きいのが特徴です。

対して男性着物は帯位置も女性と比べると下の方ですし、帯幅も狭いので女性ほどのインパクトはありません。

さとし
だから大切なのです。
ピシッとしまった帯結びを目指して欲しいんです。

そんな男性の帯結びにも種類があります。

今回はその2つを動画でご紹介します。

どちらも『簡単に結べる帯結び』です。

マスターして、かっこいい後ろ姿を目指してみてください。

男性着物の帯結び『貝の口編』

男性着物の帯結び『浪人結び編』

男の着物【後ろ姿ギャラリー】

後ろ姿①
さとし
いなせな後ろ姿ですよね。
着物は無地で角帯をキリッと締めて、陣羽織は柄物でおしゃれです。

まとめ【もっと魅力的な着姿を目指して】

まとめ【もっと魅力的な着姿を目指して】

着物をもっと気軽に着て楽しめるものにしたいという思いがありますが、現状はまだまだ着物は『特別な時に着るもの』なんです。

だから、そんな特別な時に自信を持って着物を着てもらいたいんですよね。

そのためには、ちょっとした『こだわり』の集合体が重要になってきます。

そのこだわりは『着姿』のかっこよさ、美しさを向上させるものです。

この記事がその参考になれば嬉しく思います。

 

さとし
では、よき『きもの』ライフを!