着物の持ち運び方法2選【クリーニングに持って行く時にも有効】

着物の管理・保管
●着物の持ち運び方を知りたい
●着物の持ち運びに風呂敷を使う時のサイズって?

着物の持ち運びって、悩みますよね?

さとし
この記事では、着物の持ち運び方法を5つ紹介します。
それだけの選択肢があれば、着物の持ち運びの不安は無くなるだろうという試みです。

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売18年
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は独立して、着物の制作にたずさわっています。

 

この記事で紹介する2点の着物の持ち運び方法は…

・風呂敷で包んで着物を持ち運ぶ
・携帯たとう紙を使って着物を持ち運ぶ

風呂敷を使って着物を持ち運ぶ【サイズも解説】

風呂敷を使って着物を持ち運ぶ【サイズも解説】
さとし
着物の持ち運びに風呂敷を使うのは、定番中の定番です。
着物好きマダム
安心感があるのよね。

 

そんな風呂敷の使い方を徹底解説していきます。

着物を包む時の風呂敷のサイズ

着物好き女子
着物を包む風呂敷って、どのサイズを選べばいいんですか?

まずは、市販されている風呂敷のサイズをご紹介します。

・中幅(約45センチ四方)
・二幅(約68センチ四方)
・二四幅(約95センチ四方)
・三幅(約105センチ四方)
・四幅(約128センチ四方)
・六幅(約200センチ四方)

 

さとし
この中で着物を包む場合、基本的に『二四幅(約95センチ四方)』のサイズの風呂敷を選びます。
『基本的に』と言ったのは、それ以上の大きさの風呂敷でも包めるからです。
着物好き女子
どうしてそのサイズがいいんですか?
さとし
『二四幅』の風呂敷が一番ジャストフィットするんですよね。
大きさを持て余すのは、不格好に見えるんです。

風呂敷での着物の包み方

着物好き女子
どうやって包んで行けばいいんですか?
さとし
着物を包む場合は、基本的に着物をたとう紙から出して裸の状態で包みます。
たとう紙に入れててもいいんですが、シワになりやすい心配があります。
たとう紙に入れた上で包むやり方も後述します。

 

まずは帯を風呂敷に上に置きます。

 

続いて、長襦袢を二つ折りにして置きます。

 

そして着物を三つ折りにして置きます

 

その上に小物を置き、そして包んでいきます。

 

平包み

結び目が無い風呂敷の包み方を平包みといいます。

フォーマル感のある包み方になります。

お使い包み

結び目を一箇所作るやり方をお使い包みといいます。

安定した包み方になります。

四つ結び

さらに安定させるなら、結び目を2つ作る四つ結びというやり方があります。

【注意】たとう紙に入れて包む場合

たとう紙のまま風呂敷で包む場合は、着物と長襦袢は二つ折りにします。

さとし
三つ折りだとシワが気になるんですよね。

包み方は、変わりません。

【便利アイテム】携帯たとう紙を使って着物を持ち運ぶ

便利アイテム【携帯たとう紙を使って着物を持ち運ぶ】
さとし
携帯たとう紙という、着物の持ち運びに便利なアイテムがあります。

着物が安定してシワになりにくく、コンパクトにまとまるので使いやすいです。

さとし
風呂敷や着物バックと併用して使ってもいいんですよね。

 

着物好き女子
どうやって使うの?
さとし
論より証拠です。
携帯たとう紙の使い方を動画にしてみました。
まずはコチラをご覧ください。

 

さとし
簡単に使えるはずです。
ぜひ、お試し下さい。

関連