着物のクリーニング後の保管について【今の住宅事情にあわせて】

着物の管理・保管
着物好きマダム
着物をクリーニングに出したんだけど、その後の保管ってどうすればいいのかしら?
着物の管理って難しいのよね。
さとし
確かに、着物の保管ってわからないことが多いですよね。
従来の着物の保管といえば、こういったものがあります。
①虫干し
→春と秋の晴れた乾燥した日に着物を陰干しする
②洗い張り
→着物をいったん解いて、洗って、仕立て直す(→着物の仕立てができることが必須)
③和箪笥(たんす)
→着物の収納といえば、風通しのいい桐箪笥
さとし
どれも、素晴らしい日本の伝統と言えるのですが、正直、着物にここまで手間をかけられないというのが現実ではないでしょうか?虫干しには広いスペースがいりますし、洗い張りを個人でする技術を持っている人はごく少数です。
現代の住宅事情では、和箪笥を置いている人も少ないかもしれません。
ということでこの記事では、今の環境にあわせた新しい着物の保管を提案していくことにします。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は独立し、着物の制作にたずさわっています

この記事では以下のことについて解説していきます。

①【最重要事項】着物のたたみ方を覚えよう
→これができないと着物の管理はできない
②現代版着物の保管方法
→狭いスペースでも着物の安心保管
③着物の保管業者の話
→新しい着物のサービス
さとし
昔と今では着物を保管する住宅事情が全く違います。
この記事では、現代の生活にあわせた着物の保管方法を提案します。

着物のクリーニングの後の保管【最重要事項】

着物のクリーニングの後の保管

なので、この記事では現代の生活環境にあわせた着物の保管方法を提案するのですが、一つだけ必須項目があるんです。

さとし
着物の『たたみ方』です。

これができないと着物が保管できませんし、保管できたとしても『再び収納することができないので』二度と着物を出すことができません。

着物をたたむ技術を習得しよう

これは論より証拠、動画で説明します。

さとし
この動画での着物をたたんでいる場所は、リビングのテーブルの上です。
本来なら畳の上で着物はたたむものなのかも知れませんが、畳の部屋がない家もたくさんあると思うので、この場所でのたたみ方の実演なんです。

着物のたたみ方の習得のコツは…

さとし
何回もやる!!

です‼︎

10回くらいやってみると覚えます。

動画での着物のたたみ方を『着物の本だたみ』と言います。

『本だたみ』にする理由を以下にまとめます。

①たたむ時にはどうしても着物を折ります。
その時に折ジワができるのですが、『本だたみ』では基本的に縫い目にそって折るので折ジワができにくい。
②着物を収納するツール(たとう紙とか着物のバックとか)は、『本だたみ』をしている着物を収納するということが前提になっています。
なので『本だたみ』ができないと、着物を収納(保管)できないんです。

次に紹介する『着物の保管の便利グッズ』も『本だたみ』ができることが前提となっています。

【必見】現代の住宅事情にマッチした着物の保管方法

現代の住宅事情にマッチした着物の保管方法
着物好き女子
私の今住んでいるところはマンションで、着物を保管するには適していないと思うんですが、こういう場合はどうしたらいいんですか?

こういうことをよく聞かれます。

ちなみに…

さとし
私の自宅も『和箪笥』もなければ、『畳の部屋』もありません。

今の住宅環境は、こんなところの方が多いと思います。

それでも、着物の保管はしなくてはならない。

そんな時のとっておきアイテムを紹介します。

必見です!

『キモノの休息』のご紹介

これ、非常に便利です。

さとし
価格も和箪笥を買うのと比べると、格段に安いです。コスパも最高なんですよね。

おススメポイントをまとめます。

①着物の保管で気をつけないといけない、『湿気』と『虫食い』から完全に着物を守ります。
②横90センチ、縦40センチの場所を確保できればどこにでも置ける
③これひとつで着物一式(着物・帯・襦袢・帯締め・帯揚げ)が収納できる
さとし
下記のリンクで『キモノの休息』のレビューをまとめています。
是非読んでみて下さい。

『買う前に見て!』キモノの休息【クリーニング要らずで万能】

着物の保管業者【増える着物のサービス】

着物の保管業者【増える着物のサービス】

どうしても家で着物を保管できない場合、着物の保管のサービスをしている会社もあります。

専門のプロが、大事な着物を責任もって管理・保管してくれるんですよね。

当然、保証の話もあります。

家ではどうしても保管できなくて、さらに『長期的に保管してほしい』場合は相談してみて下さい。

今後、こういうサービスはさらに増えていきますし、充実してくるはずです。

まとめ

ということで、着物のクリーニングの後の保管方法についてまとめました。

着物を楽しむ上で、着物を正しく保管するってやはり大事ですよね。

ただ、手間を省くことによって、着物はもっと気軽になります。

そうして省けた手間を、着物を楽しむ時間に費やしてくれると嬉しいです。

☆この記事で紹介した着物の保管の便利アイテム☆

では、よき『きもの』ライフを(^^)y