着物のクリーニングを急ぎたい【理由別に提案】

着物の悩み
さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています。
着物のクリーニングを急ぎたい‼︎
お客様
お客様

着物の販売の現場では、こういう風に言ってこられるお客様がいます。

理由を聞くと…

・着る着物を確認したら『とんでもないことに‼︎』
・借りてた着物をキレイにして早く返したい

こんなことがあるんですよね。

 

この記事では、『急ぎの着物のクリーニングの対処法』を理由別にご提案します。

皆さんの『困った…』に役立てていただけると嬉しく思います。

着物のクリーニングを急ぎたい【今度、着る着物が…⁉︎編】

着物のクリーニングを急ぎたい【今度、着る着物が…⁉︎編】

まずは着物をいざ着ようと確認した時に、『こりゃ、ヤバい』というような状態になっている時の問題です。

結構、こういったことってありますよね。

さとし
さとし
前提としては『余裕もって確認する』ですが、急ぎの場合の対処法を考えてみます。

『シワ』があるの場合

着物をいざ出してみたら、『シワ』だらけになっている時があります。

せっかくの着物を着る機会で、それは困りますよね。

しかもそれを、着る当日に発見してしまったら…
お客様
お客様

それは大変‼︎そんな『緊急事態』に対して2つの対処法を提案します。

さとし
さとし
①町のショッピングセンターに大体ある『着物の専門店』を頼る
②自分でアイロンをかける

これに関しては、下記のリンクで詳しくお話してるので参考にしてください。

【着物の悩みを解決】着物の『シワ』へのアイロンのかけ方~緊急対応編~

プレス加工

約1週間の猶予があれば、着物の専門店にプレス加工を頼むことができます。

『クリーニング(丸洗い)』ではない、ただアイロンがけをしてくれる作業なので、価格も安いはずです。

ただ、その専門店によって『日数』はまちまちですし、『価格』も急ぎというなら割高になるかもしれません。

プレス加工をすることで、『シワ』が完璧に取れて着ることができます。

汚れがある場合

着物を着ようと確認したら、『汚れ(シミ等)』がある場合はどうしたらいいのかしら?
お客様
お客様

これには色んなケースがありますが、ある程度の基準を指し示そうと思います。

私さとしの経験によるものですので、思い通りにいかない場合もあるとご理解ください。

軽めのシミの場合

着物の『汚れ(シミ)』の定番は…

・衿の汚れ
・袖口の汚れ

なんですよね。

着用した時に汚れやすいところの定番です。

さとし
さとし
この部分の汚れ落としを急ぎで頼むと、大体2週間くらいでしてくれるのではないかと思います。

度合いにもよりますが、実は基本的に作業自体は『1日』で行うものなんです。

これが、『急ぎ』にできる根拠でもあります。

ただ『急ぎ』を指定する場合は、なんらかの『条件』があるかもしれません。

その上で2週間くらいを目安にするといいと思います。

重めのシミの場合

何を持って重めというかというところですが、『全体的にシミ汚れがある』なんていう場合は、『急ぎ』でも1ヶ月くらいかかると思います。

というよりこんな場合は、現場ではなく加工先に送って見積もりを取ります。

そのやり取りの時間も加味して、日程が決まります。

案外やりとりに時間がかかるものなんですよね。

やはり事前の確認を!

着物を着る場合(特に予定が決まっている場合)は、余裕を持って着物の状態を確認しておいてください。

それが一番の対処方法なんですよね。

さとし
さとし
僕も現場で仕事をしていて、どうしようもなかったことがたくさんあります。
『もうちょっと早くに持ってきてくれたら…』と思うことが多々あるんですよね。

着物のクリーニングを急ぎたい【借りてた着物を…⁉︎編】

着物のクリーニングを急ぎたい【借りてた着物を…⁉︎編】

人から着物を借りたんですけど、これを急ぎで綺麗にして返したいんですよね…?
そして、どこまで綺麗にをすればいいんですか?
お客様
お客様

人から借りた着物を返却する場合、そのまま返すのではなくクリーニングをして返すのが普通ですよね。

そして、失礼のないようなくらいに綺麗にして返したいものです。

そんな場合の指針を解説していきます。

どこまで綺麗にするべきか?

・衿の汚れ
・袖口の汚れ
・汗抜き
・その他、着用汚れがあれば

着物のクリーニングを専門店に相談する時は、この辺りを重点的にみてもらいましょう。

そして借りた人にも、『上記の点に留意してクリーニングをした』と話せば問題はないと思います。

衿の汚れ

衿はどうしてもファンデーションがついてしまうことが多いです。

ただ『着物のクリーニング(=丸洗い)』で落ちるので確認してみてください。

 

『着物のクリーニング(=丸洗い)』は石油系溶剤を使ったクリーニングです。

ファンデーションは『油分』になるので基本的に落ちるはずです。

『着物のクリーニング(=丸洗い)』の詳しくは下記のリンクを参考にしてください。

着物のクリーニングについて【基本知識・価格・方法の3点を解説】

ただ、汚れには色々ありますので『このことを念頭に置いた上』で専門業者の話を聞いてみてください。

袖口の汚れ

これも、手の皮脂がつくことが多いんですよね。

上記の衿の汚れと同様に『着物のクリーニング(=丸洗い)』で落ちることもあります。

汗抜き

汗は水溶性なので、『着物のクリーニング(=丸洗い)』では落ちません。

気になるようであれば、汗抜きをしておくのがいいでしょう。

クリーニングの期間

上記の加工が伴うクリーニングの期間はゆとりを持って『1ヶ月』くらいですが、頼めば急ぎでもやってくれます。

急ぎでなら『2週間』が目安です。

借りた人と話をして、決めるのが一番いいですよね。

着物のクリーニングを急ぎたい【最短を解説】

着物のクリーニングを急ぎたい【最短を解説】
着物のクリーニング、本気で急ぎたいんですけど…
お客様
お客様

その場合の、理論上考えられる最短をここでお伝えします。

さとし
さとし
4日です。

これにはいくつかの条件がありますが、その日数で頼むことも可能と言えば可能なんですよね。

詳しくは下記のリンクでまとめていますので、もしお急ぎであれば参考にしてみてください。

着物のクリーニングにかかる日数【最短は4日⁉その理由を具体的に解説】

まとめ

ということで『着物のクリーニング』の急ぎについてお話ししてきました。

着物のクリーニングは洋服のそれと違い、クリーニングをする工場(業者)の少なさから、期間はどうしても長くなります。

 

ただ、『急ぎ』の要望は聞いてくれます。

専門店の方が、業者とのつながりが深いので『急げる可能性は高い』ですし、調べるスピードも早いはずです。

さとし
さとし
余裕を持ってクリーニングを頼む(準備する)のが一番重要であることに変わりはありません。

 

余裕を持って着物を楽しむことをオススメします。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y

着物のクリーニング【まとめ】