【意外と知らない?】着物のクリーニング方法

着物の管理・保管
着物好き女子
着物のクリーニングって、どういった方法で着物を洗っているのかな?
さとし
そこは気になるところでもありますよね。
実際、現場でもそれを明確にわからずに、クリーニングに出す人もいたりするものです。
ということで、この記事では着物のクリーニングの方法について解説していきます。

内容に入る前に、少しだけ自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では、以下の着物のクリーニングの方法をお話しします。

・一般的な着物のクリーニングは『ドライクリーニング』
・従来の着物は『洗い張り』による洗濯

着物のクリーニングの方法がわかると、いざ行うときの予備知識となります。

知っていると知らないでは、安心感は格段に変わってきますよね。

着物のクリーニング方法【今の主流を解説】

着物のクリーニング方法【今の主流を解説】
さとし
後でも説明しますが、着物は従来『洗い張り』というやり方で、着物を解いて水洗いしていました。
着物はそのままの状態で水洗いすると、縮んでしまうのでそのやり方しかなかったんです。

洗い張りをすると仕立て直すという作業も必要になり、かかる費用が大きくなるんですよね。

一般的な着物のクリーニング方法は『ドライクリーニング』

そんな中、現代ではドラム式洗濯機による石油系溶剤を使った『ドライクリーニング』が、着物のクリーニングの主流となっています。

この方法により、着物をそのままの状態でクリーニングができるようになり、かかる費用も大幅に抑えることができるようになったのです。

着物好き女子
ドライクリーニングの特徴ってどういうものなんですか?
さとし
ドライクリーニングは、石油系溶剤で洗います。
水を使わないので着物が縮むことはありません。
油分の汚れは落とすことができますが、水溶性の汚れは落ちないという特徴があるんですよね。

着物のクリーニングてよく聞く『丸洗い』って何?

さとし
ただ、実際の着物のクリーニングの現場では、落ちない汚れをそのままにしておくわけにもいかず、ある程度のシミは人の手で落とします。
クリーニング後にはシワを伸ばしなどの補正もするのですが、それらの加工を全て合わせて『丸洗い』という名称を使うんですよね。

『丸洗い』でどこまでの加工をするのかはその業者によってまちまちで、それが値段の差になっているのです。

着物好き女子
それでも落ちないシミ汚れなんかはどうするのかなぁ?

あらゆる技術を使った『染み抜き』

さとし
シミが強く定着していたり、変色していたりすると丸洗いでは、それを落とせないことがあります。

その場合は、『染み抜き』という手作業になります。

シミの種類と成分によって薬品を使い分けシミを取り、場合によっては脱色してもう一度色をかけなおしたりします。

さとし
着物の染色の技法を持った人が、『染み抜き』に当たるんですよね。
方法を尽くせばどんな汚れでも落とす(補正する)ことができますが、それによって当然料金は上がります。

【従来編】本格的な着物の洗い方

【従来編】本格的な着物の洗い方
着物好き女子
本来の着物の洗い方である『洗い張り』ってどういったものなんですか?
さとし
先ほども説明しましたが、洗い張りとは着物を解いて洗うというやり方です。

洗い張りは『でき上がっている着物を解く作業』から始めていきます。

その分解された着物を反物の状態にするために縫い合わせていきます。

反物の状態になったら水洗いするのですが、生地が縮まないように板に張ったり『伸子』と呼ばれる物で張って、水洗いをしていくのです。

着物好き女子
結構大変な作業なのね。

そして張った状態で乾燥させます。

ここまでが『洗い張り』の作業となるのですが、着物として着るためにはここから仕立てをしなければなりません

着物好き女子
確かに反物の状態でもらっても、着ることはできないものね。
さとし
解いて水洗いすることで、水溶性の汚れも一気に落とせて綺麗になりますし、仕立て直す時に寸法も変えることができます。
ただ何せ大掛かりな作業になりますので、クリーニングのコストとしてはかなりかかるんですよね。

まとめ

ということで、着物のクリーニングの方法についてまとめてきました。

着物のクリーニングも技術の革新があり、手軽に使いやすくなっていることがわかっていただけたと思います。

こういった情報を正確に知ることで、着物のクリーニングを安心して利用することができるでしょう。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y

さとし
そもそもの着物のクリーニングの頻度を減らしたいとなれば、『着物の保管方法』に目を向けなければなりません。
現代の住宅事情にも合わせた着物の保管の便利アイテムを紹介しています。
コチラも合わせて参考にしてみて下さい。

『買う前に見て!』キモノの休息【クリーニング要らずで万能】