【着物の悩みを解決】着物の『シワ』へのアイロンのかけ方~緊急対応編~

着物の管理・保管
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売の仕事をしています。
この道16年、全国津々浦々でお客様とともに着物の輪を広げてきました。
今は、従業員10人ほどの店舗をまかされています。
このブログでは、私の経験をもとに、着物のあれこれや営業・販売の事をお話しさせていただいています。
着物ってすぐに『シワ』になっちゃうのよねぇ…
そして『シワ』になっちゃうと直せないのよね…
お客様
お客様

 

こんな『着物の悩み』がありますよね。

 

正絹と呼ばれる絹100%の着物は、『シワ』になりやすいという特性を持っています。

『天然繊維』なので、形状記憶がないんですよね。

 

日常的に『着物を着ている人』なら、こういう事態は慣れているかもしれませんが、そうではない人のほうが多いのが現実です。

 

ということで今回は、下記のような『着物の悩み』にお答えしようと思います。

①どうしよう…今日着る着物がシワだらけ
②着物の『シワ』の応急処置
③二度とこんなことで困らないように

 

『着物の悩み』を解決して、もっと楽しく着物を着てもらいたいというのが目的です。

では、お話ししていきます。

緊急事態!今日着る着物がシワだらけ…

今日着る着物、出してみたら『シワ』が…
これじゃ着れない…
お客様
お客様
さとし
さとし
こんなことってありますよねぇ…
かくいう僕もありました。
着物を着ないといけない直前に気づいちゃうパターンですよね。

そんな『緊急事態』の対応方法をお話しします。

【裏技!】近くの着物屋さんに駆け込もう!

実は、このやり方が最も効果的であったりします。

日本全国のショッピングセンターには大体、着物屋さんが入っています。

そこに持って行って『応急処置』をしてもらうんですよね。

 

着物屋さんで働いている人(特に女性)は、お世話好きな人が多く

今日着る着物が『シワ』だらけで、どうしていいかわからなくて…
お客様
お客様

と言うと、助けてくれたりします。

 

着物屋さんには、そのお店の『着物のちょっとしたシワ』なら自分たちで直すので、アイロンが常備されているものです。

そして、当然着物の扱いには慣れていますよね。

 

通常ならクリーニングをおススメされるんですが、『緊急事態』なら応急処置的に直してくれたりするものなんですよね。

当然ですが、このやり方は絶対ではありません。あくまでもサービスなので…

 

僕も、何回かこういうケースにあたったことがあります。

さとし
さとし
まあ、着物で困っている人がいたら何とかしようと思うのが着物屋さんですよね。

『あんまり人のチカラを借りたくない』という思いがあるかもしれませんが、どうしようもないのなら専門家に頼るのはいいと思いますよ。

【正攻法】アイロンをかけるしかない!

次は『自分でなんとかする方法』です。

これは、『アイロンかけ』しかないんですよね。

 

もしくは『着物を着ない・違う着物にする』なんですが、たぶんそうもいかないと思います。

 

ということで、次からは『応急処置的な着物へのアイロンかけ』をお話しします。

着物の『アイロンのかけ方』【応急処置】

ポイントをまとめます。

①あて布をする(直接はダメ)
②アイロンの温度は『中温』
③軽く抑える程度の力加減

『初めは裏から』アイロンをかけていきます。

場所は裾から衿に向かってアイロンをかけていきます。

 

どうしてもシワの取れない部分は、『あて布』に霧を吹きかけて湿らせてアイロンをかけていきます。

 

さとし
さとし
着物にのっている加工(金彩や螺鈿、刺繍など)の所に気をつけてください。
あくまでも応急処置的なやり方です。
十分に気をつけながら行ってください。

着物のたたみ方

着物の『シワ』を防ぐためには、『着物を綺麗にたたむ』ことが大切です。

というより予防ですよね。

これができるようになると、着物の管理がしやすくなるんですよね。

 

着物のたたみ方については、下記のリンクでも紹介していますので参考にして下さい。

失敗しない着物のたたみ方【今の住宅環境にあわせて】≪動画付≫

着物のクリーニングのおススメ

さとし
さとし
応急処置で、なんとかしのぐことができたなら一安心です。
ただ、こんな『困った』はもう二度と嫌ですよね。
そこで私、さとしからの提案です。

できれば着物を『定期的にチェック』しよう

こういう不測の事態を防ぐためには、着物を『定期的にチェック』するのがいいと思います。

 

その為には、着物の保管の仕方が大事になるんですが、僕のブログ記事で『保管方法』を説明しています。

今の住宅環境にあわせた『たんすのいらない保管方法』です。

よかったらコチラも参考にしてください。

着物の保管方法【めんどくさいを解決】≪『キモノの休息』のご紹介≫

 

特にフォーマル用途の場合は、着る日が決まっているので『事前チェック』を必ずしてください。

『フォーマル用途』は失敗できない席ですからね。

さとし
さとし
本当に当日(もしくはその前の日)に焦り始める人が多いんです。
これは僕の着物屋店長の経験として間違いないです。

着物のクリーニング

期間に余裕があるのなら、着物をクリーニングに出すのをおススメします。

着物のクリーニングは以前と比べると『価格』も安くなってますし、気軽に便利に頼めます。

わざわざ、お店とかに行かなくても家にいて手配もできるんですよね。

 

今は住宅環境や生活様式も変わり、着物を『虫干し』したり、定期的にチェックするのも正直難しかったりします。

その手間(コスト)を省くという意味でも、『定期的にクリーニングに出す』という感覚のほうが経済的で便利なんですよね。

 

そんな着物のクリーニングについてもまとめています。

さとし
さとし
郵送でできる着物のクリーニング。価格は約5000円です。

参考にしてください

まとめ

着物は『憧れ』でもありますが、『扱いが難しい』という側面と過剰な先入観があります。

なので、その部分を取り除くことが重要ですよね。

 

僕のブログでもそのお手伝いをさせて頂いています。

そうして『もっと楽しく、気軽に』着物を楽しんでくれる人が増えることを願っています。

ご活用くださいね。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y