着物のクリーニングはするべきか?【タイミングと頻度】

着物の管理・保管
着物好き女子
着物のクリーニングって、どんなタイミングでするべきなのかしら?
そして、着物のクリーニングの頻度も知りたいわね。
さとし
特に絹の着物で汚れを放置していると、それが定着し広がってしまうことがあるので、着物のクリーニングおよびお手入れはしっかりするべきです。
この記事では、この結論を具体的に解説しながら、『できる限りクリーニングの頻度を下げる方法』をお話ししていきます。

内容に入る前に、少しだけ自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では、以下の2点について詳しく解説していきます。

・着物のクリーニングをするタイミング
・着物のクリーニングの頻度を下げる方法

この記事を読むことで、『クリーニングをするべき方向性』と『その頻度を下げる節約方法』を知ることができます。

着物を手軽に快適に管理する必須の情報なので、読み進めて確認してみて下さい。

着物のクリーニングはするべきか?【タイミング】

着物のクリーニングはするべきか?【タイミング】
さとし
まずは、着物のクリーニングのタイミングについてお話ししていきます。

フォーマル着物は着用後に

さとし
フォーマル着物は、『着たら1年以上着用がない』ことが結構ありますよね。
そういう着物は、着用後のしまう前にクリーニングしておくことをオススメします。
着物好きマダム
確かに着た後そのまましてしまって、何年かたって見たら、着物がカビだらけになっていたことがあるわ。
さとし
そうなんですよね。
そうなってしまっては、結局クリーニング代が高くつきます。
なので、予防という意味でも保管前にクリーニングしておくのがいいんですよね。

カジュアル着物はシーズン終わりに

さとし
カジュアル着物などの頻繁に着る着物の場合は、シーズン終わりにクリーニングに出すことをオススメします。
着物好き女子
着なくなる時期にクリーニングをしておくってことね。
でも、着た時に汚れがついていたり、汗をかいた場合はどうしたらいいのかな…?
さとし
汚れがひどいと感じる時は、クリーニングに出してもいいですし、ある程度なら自分で手入れをすることもできます。
次の項目では、そんな『自分でできる着物のお手入れ方法』をご紹介します。

【クリーニング頻度を下げる】自分でできる着物のお手入れと管理

【クリーニング頻度を下げる】自分でできる着物のお手入れと管理
着物好き女子
確かに、カジュアルで着物を着るんなら、ある程度は『自分でできるお手入れ方法』を知っておいた方がいいわね。
なんでもクリーニングに頼るわけにはいかないのよね。
さとし
そんな人のために、『着物のお手入れの応急処置』をお話しします。
ポイントは『着た後は水分を飛ばし乾燥させる』ということと『シミは早めに対処する』ということです。

陰干しする【着物は乾燥状態に】

さとし
着用後の着物は『陰干し』して下さい。
これはどんな着物でも必須です。
陽が当たらない室内(できれば風通しのいい)で、和装のハンガーにかけて干します。
そうすることで水分を飛ばせますし、重力によってシワも伸びます。
着物仙人
この一手間が、着物を長持ちさせ、クリーニングにかかるコストを減らすのじゃ。

陰干しには『着物ハンガー』が必須なので、これを機会にひとつ手に入れておいて下さい。

さとし
洋服のハンガーだと、袖の部分がシワになります。

軽いシミ汚れを落とす

さとし
軽いシミ汚れなら、自分で取ってみて下さい。

シミの部分の下にタオルを敷き、もう一つのタオルにシミの成分に合わせた洗剤を染み込ませて、シミを落としていきます。

さとし
油性の汚れなら『ベンジン』で、水溶性の汚れなら『中性洗剤』で、シミを落とします。
■油性の汚れ■
・ファンデーションや口紅などの化粧品の汚れ
・皮脂汚れ
・マヨネーズによる汚れ
■水溶性の汚れ■
・ジュース等の飲み物のシミ
・醤油のシミ
さとし
シミ汚れは放っておくとそれが定着します。
特にカジュアル着物の場合は、クリーニングばかりに頼るとコストが大きくなりすぎるので、小さいシミくらいなら自分で対応できるといいでしょう。

【必見】着物の管理方法

さとし
着物のクリーニングの頻度を下げるためには、着物の管理方法にもメスを入れていく必要があります。
着物は置いているだけで、外からの水分を吸ったり、虫などの被害があるものです。
それらを防ぐ便利グッズをご紹介します。

このアイテムは、着物をたとう紙ごと入れて密閉して保管するアイテムです。

密閉することで、外からの被害を無くします。

さらに、内部の炭の除湿シートがあり、調湿までしてくれるのです。

さとし
保管するスペースも小さくて済む、現代の住宅環境に合わせた着物の保管の便利アイテムになっています。
下記の記事で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

『買う前に見て!』キモノの休息【クリーニング要らずで万能】

まとめ

ということで、着物のクリーニングのタイミングと頻度についてまとめてきました。

さとし
着物は、『なんでもかんでも』専門の人にまかせようとする傾向があったりしますが、それだと結局着物が身近にならないんですよね。

『頼るべき時は頼って、自分で解決する時はする』、そうすることで着物の活用方法は広がるんですよね。

この記事を読んで、もっと気軽に着物を扱ってもらえるなら嬉しく思っています。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y