【必見】長襦袢をクリーニングするべき理由

着物の管理・保管
着物好き女子
長襦袢のクリーニングってするべきなのかしら?
それと、長襦袢のクリーニングの値段も気になるわね?
半衿をつけたままクリーニングしてもいいのかなぁ?
さとし
長襦袢は着物姿になるとほとんど見えないものですが、直接肌に触れるものです。
あなたは洋服でも、肌着を洗濯しないなんてことがありますか?
これが一つの答えですが、この記事ではそんな長襦袢のクリーニングについてわかりやすく解説していきます。

内容に入る前に、少しだけ自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では、以下の解説をしていきます。

・長襦袢のクリーニングをするべき理由
→長襦袢のクリーニングの値段・長襦袢のクリーニングの頻度・半衿はつけたまま?
・【実践】自宅でできる長襦袢の手入れと保管方法

この記事を読むことで、長襦袢のクリーニングの重要性とどういうふうに管理すればいいのかがわかります。

読み進めて確認してみて下さい。

長襦袢をクリーニングするべき理由

長襦袢をクリーニングするべき理由
さとし
冒頭にも申し上げたとおり、長襦袢のクリーニングはするべきです。
理由としては…
・肌に近い長襦袢は洗うほうがいい
・長襦袢は『汗汚れ』が付着しやすい

といったところです。

さとし
着物のクリーニングの場合、着物だけを持ってくる人が多いですが、長襦袢も一緒にクリーニングすることをオススメします。

長襦袢のクリーニングの値段

着物好きマダム
長襦袢のクリーニングの値段ってどれくらいするものなのかしら?
さとし
着物のクリーニングを扱う業者19社のクリーニングの値段の平均』は約6,000円でした。
長襦袢は着物のクリーニングより値段が安い傾向にあるので、大体5,000円くらいになります。

この値段を相場として、参考にして下さい。

汗抜きの重要性

さとし
一般的な着物のクリーニングはドライクリーニングです。
油性の汚れは落ちますが、水溶性の汚れは落ちません。

なので、長襦袢をクリーニングに出す時は、同時に『汗抜き』をすることもオススメします。

汗は放っておくと、黄ばみなどになる恐れがありますし、水分で襦袢が縮んでしまうこともあります。

さとし
値段は1,000円〜2,000円くらいです。

【種類別】長襦袢のクリーニングの頻度

着物好き女子
長襦袢のクリーニングって、どれくらいの頻度で出せばいいのかしら?
さとし
ここではそんな疑問を解決するために、着物の種類別の長襦袢のクリーニングの『頻度』を考えていきます。

喪服・留袖の場合

喪服や留袖に使う長襦袢は、次の着用機会までに期間が空くことが多いので、着用後はしっかりクリーニングをしておきましょう。

さとし
これらの着物の長襦袢の色は『白』なので、放置してしまうと目も当てられない状況になることがあるので、注意が必要です。

振袖の場合

成人式で振袖を着た後も、振袖とともに長襦袢もクリーニングに出して下さい。

着物好きマダム
振袖は長時間着ているし、汗をかくケースも多いものね。
さとし
前撮りなどの撮影で『すぐにもう一度着る』という状況であれば、クリーニングの必要はないですが、自宅で陰干しなどをして水分を飛ばしておいて下さい。

訪問着の場合

訪問着などのフォーマル・社交着も基本的には、着た後にはクリーニングに出して欲しいところです。

さとし
直近での再着用があるのかを加味して、判断して下さい。

カジュアル着物の場合

カジュアル着物の場合は、シーズン終わりにクリーニングに出すというのをオススメしています。

それでも汗はかくので、着用後は陰干しをすることを必須とし、必要とあればお手入れをして下さい。

この記事の後半で、自宅でできる長襦袢のお手入れ方法も公開します。

半衿をつけたままクリーニングしてもいいのか?

着物好き女子
長襦袢って『半衿をつけたまま』クリーニングをしても大丈夫なんですか?
さとし
基本的に大丈夫です。
基本的にといったのは、半衿になんらかの装飾などが施されていて、クリーニングしてしまうのはマズいという場合があるからです。

半衿をつけたままでクリーニングしても、長襦袢の一部ということでそのクリーニングで得れる効果と同じ効果が半衿にもあるということです。

着物好きマダム
半衿がポリエステルなどの素材なら、取って水洗いするほうが綺麗になるというケースもあるわよね。

【実践】自宅で長襦袢の洗濯する

【実践】自宅で長襦袢を洗濯する
さとし
ここでは長襦袢を自宅でお手入れ・洗濯するやり方を解説します。

自宅でドライクリーニングするのは困難なので、水洗いをしていきます。

特に『正絹と呼ばれる絹の長襦袢』に関しては、水に濡れると縮むという特性があります。

さとし
結局、縮みは出てしまうものなのですが、それを加味して洗濯をしていきます。
自宅で水洗いをすることで、汗を洗い流すことができますし、クリーニングにかかるコストの削減にもつながります。

自宅での長襦袢の洗濯

用意するものは…

・大きめの洗面器
・中性洗剤
・アイロン
・着物ハンガー

です。

特に水洗いは、スピーディーにして下さい。

工程①押し洗い

本畳み

長襦袢は『本畳み』の状態にして下さい。

あまり形を崩さないことが大切です。

中性洗剤

洗面器に水を張り、中性洗剤を適量入れます。

洗剤の説明書きにある量を入れて下さい。

押し洗い

本畳みの長襦袢を水につけ、押し洗いをしていきます。

全体的に水分がいくように浸透させて洗います。

すすぎ

押し洗いをしたら、水を変えてすすいでいきます。

洗剤が残らないようにすすいで下さい。

すすぎができたら、脱水します。

伸ばし
さとし
そうしてアイロンをかけていくのですが、着物や長襦袢は縦方向に縮む傾向があるので、上の写真のように伸ばしながらアイロンを当てていきます。
アイロン

水分を飛ばすようにアイロンを当てていきます。

全体的にガシガシアイロンを当てていきましょう。

陰干し

ある程度水分を飛ばして、半乾きのような状態になったら、着物のハンガーん吊るして下さい。

『陰干し』状態で一日乾かします。

さとし
これで完成です。
とにかく縮みに注意しながら進めてみて下さい。

【最新】長襦袢の保管方法

さとし
着物や長襦袢の保管の最大の注意点は『湿気』と『虫食い』です。
そんな保管の注意点を解決する、万能の保管アイテムをご紹介します。

これがあれば、湿気や虫食いを心配する必要はありませんし、和箪笥を揃える必要もありません。

詳しいレビューを以下のリンクでまとめていますので、参考にしてみて下さい。

『買う前に見て!』キモノの休息【クリーニング要らずで万能】

まとめ

ということで、長襦袢のお手入れについてまとめてきました。

さとし
長襦袢を清潔に保つことは、着物の着るときの安心感にもつながります。

気持ちよく着物を着て、もっと着物を楽しんで欲しいんですよね。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y