着物のレンタル【メリット・デメリットを考える】

着物のレンタル
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしています。
この道16年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。

今は店舗の店長をしています。

このブログでは、私の経験と知識をもとに着物のあれこれを綴っています。

『着物のレンタル』は非常に盛んです。

これからの時代、『シェアするという文化』はもっと盛んになっていくように思います。



特にフォーマルの着物のレンタルは多いです。

フォーマルな場面での着物は、『衣装』という役割が強いです。

度々は着ないが、その時は必要という感覚ですよね。

 

こういう着物のレンタルって便利です。

さとし
さとし
この『レンタルについてのブログ記事』を書いている私は、着物の販売員できもの屋の店長です。

着物を販売している僕からしたら、レンタルは商売上のライバルです。

ただ僕はそうは思っていません。

 

レンタルの主流は『フォーマル着物』ですね。

『フォーマル着物』はニーズ商品なので、売り手としては価格競争になります。

どれだけ安く提供できるかの戦いですよね。

その戦いで業界が疲弊してしまっても意味はありません。

今は、『カジュアル』のレンタルも増えてきています。まったく油断なりませんが、それだけ着物を着たい人が増えているという事ですよね。

 

とにかく、『購入』でも『レンタル』でも、お客様は着物を着ようとしています。

 

だからその選択肢は沢山あったほうが、『着物を着る人』が増えるんですよね。

『着物に触れ着てくれること』が、着物業界の発展につながりますよね。

 

この記事では『着物のレンタルのメリット・デメリット』を取り上げます。

こうすると、選択肢の中でそれぞれの指針になると思ったからです。

 

レンタルの『注意点』を下記のリンクでまとめています。コチラも参考にしてみて下さい。

着物のレンタル【注意点を考える】

 

それでは、着物屋の店長が語る『着物レンタル』の話です。

参考にしてみてください。

『レンタルか?購入か?今ある着物か?』方向性を決めましょう

着物を着る機会ができました。

 

だから着物がいるのですが、どういう着物を選択するのか『方向性』を考えることが大切です。

でないと、時間の無駄になるんですよね。

 

具体的には

①レンタルをするのか
②購入をするのか
③今ある着物を利用するのか

この3択です。

③の『今ある着物を利用する』というのは、誰かから(親族である場合が多い)譲ってもらう、もしくは貸してもらう、すでに持っている着物を使用するということです。

 

着物を着る機会ができた場合、『どの方向性で着物を用意するのかの決定』が必要です。

これを早く済ませると、話はとっても早く進みます。

これがないまま、「どうしようか…」と考えている人が多くいます。

方向性が定まらない事例

「そんなの決めたらいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、お祝い事での着物の場合、色んな人が口をはさんでくるものです。

 

下記は一例です。

①結婚式で着る着物の場合、両家の意向が出てきます。一方が着物を着る場合、それに合わせないといけないという感情が出てくるんですよね。

②振袖の場合、お母さんはレンタルでもいいと思っていても、おばあちゃんは買ってあげなさいと言ってくることがあります。

③子供の着物の場合、両家の祖父母が介入してきたりします。

 

こんな具合に『色んな意見(=想い)』が出てきます。

そこはまとめておくのが大事です。

本当に話がスムーズに運ぶんですよね。

 

僕は着物屋の店長なので、そういう相談はよく受けます。

ただ僕がどれだけ意見を言っても、親族や近しい人の意見には勝てません。

 

やはり『方向性(=意志)』が大切なんですよね。

着物レンタルの『メリット・デメリット』

メリット

保管(着物を持たなくてもいいというメリット)

着物は保管が難しい衣類です。

 

基本的に今の住宅環境と、着物の収納はマッチしているとは言えません。

着物はたとう紙と呼ばれる、長方形の和紙にセットされています。

最近の住宅事情では、これを置いておくスペースの確保が難しいんですね。

 

それと、あなたは着物をたためますか?

たためるという人は少数派です。

 

そんな保管にかかる面倒が全くないのがレンタルですね。

そんなに着る機会のない着物であれば、なおさら重要な事ですよね。


価格

一般的にレンタルは、通常そろえるより価格が安いです。

そりゃそうですよね。

 

レンタルの考え方の基本はシェアなので、みんなで共有する分、値段が抑えられるのは言うまでもありません。

 

特にレンタルする人が増えている昨今、さらにレンタルの値段は下がってきています。

価格面で気軽なこの要素は、メリットですよね。

いろんな着物が着れるという楽しみ

レンタルはいろんな着物が着れます。

 

衣装としての着物と考えた場合、毎回いろんな着姿を楽しめるというのは、メリットといえるのではないでしょうか。

 

ただ、これを嫌う人もいます。

やはり自分のこだわりの一着を着たいという思いですよね。

考えるところですよね。

デメリット

サイズ

レンタルでは、基本的にサイズを選ぶことができません。

 

振袖ではオーダーレンタルという、サイズを合わせてくれるレンタルがあります。

価格は割高です。

自分サイズのレンタルなので、お得な感じがありますが、その振袖を『次にレンタルする人はサイズを選べない』という仕組みです。

つまり、レンタルの第一号なのですね。

だからちょっと価格を割高にできる、おもしろい商売のやり方ですよね。

 

それは置いておいて、やはりレンタルではサイズは選べないことが多いです。

昨今、日本人の体形は変わってきています。

という事は、体形によっては選べる範囲が限られてしまいます。

 

たくさんレンタル品を用意できるところならいいかもしれませんが、見極めは難しいですよね。

違う見方での価格

レンタルは価格が『購入』より安いと話しました。

例えば振袖、5人姉妹で一番上の長女に『購入』し順番にそれを着たら、レンタルよりも割安になるかもしれません。

 

当たり前ですが、レンタルはそこまでの未来を見てくれません。

そういう意味では、購入したほうが長い目で見るとお得だという考え方もあります。

気持ちの問題

『縁起』を気にする人がいます。

 

着物はそのものを神聖視することがあります。

なので『誰が着たのかわからない着物』を、重要な時に着る(着せる)ことはできないという考え方です。

 

着物を販売している僕からしたら、ありがたい価値観ではあります。

そのことに抵抗感がある人は、案外多いです。

 

着物屋はそういう『縁起』というものをセールストークにしていることも多々あります。

まとめ

ということで、『着物レンタルのメリット・デメリット』をお話ししてきました。

 

最初にも言いましたが、『着物を着る人が増える』のが一番いい事だと思っています。

レンタルのサービスは充実していますし、これからはもっとよりよいサービスが出てくると思っています。

 

着物を着る人がもっと増えることを願って…

では、よき『きもの』ライフを(^^)y

 

それぞれの『着物のレンタル』の記事は下記のリンクへ

『振袖』と『袴』の着物のレンタル【成人式から卒業式まで考えて】

着物のレンタル【結婚式編】

着物のレンタル【子供の成長を見守る『着物の物語』】

着物のレンタル【カジュアル編】~これからさらに増えていくジャンル~