いい着物屋さんの探し方【『見た目』で分かる優良店舗】

店舗運営・モラル
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしています。
大学を卒業して15年、この道ひとすじで着物の輪を広げております。

今は、店舗の店長をしています。
このブログでは、私のこれまでの知識や経験を基に、着物を中心とした発信をしています。

着物を始めたい、もしくは買いたいと思った時に、どんな着物屋さんできものを買えばいいのでしょうか。
お客様
お客様

着物に限らず『何かがほしくてお店を選ぶ時』、その選び方って悩みますよね。

 

情報はあふれているので、ネットで検索すればある程度はわかります。

モノを買うだけなら、その選び方でいいかもしれません。

 

ただ、『着物屋さんの選び方』となると少し難しいように思います。

高額になればなるほど、信用とかサービスの部分で質を求めたくなりますよね。

 

ただそれって、見きわめるのが難しい。

 

なので今回は、僕なりの『着物屋さんの選び方』をお教えします。

さとし
さとし
それはズバリ!売れている店!
前提として、会社というより『お店』に特化してお話をしていきます。
同じ会社のお店でも、店舗運営の仕方で『良し悪し』が全然違うからです。

 

これって実は本質をついていて、『売れているお店』は『お客様からの支持率』が高いんですよね。

つまりお客様がそのお店の営業スタイルに、満足していると言えます。

そんなお店を選ぶことができたら、あなたの満足度も上がるはずですよね。

 

でも、『売れている着物の店舗』って、どうやってわかるんだろう…
お客様
お客様
さとし
さとし
そうですよね。
解説していきます。

どんな着物屋さんがあるのか

まずは、どういう着物屋さんがあるのかですよね。

それは以下のリンクに紹介していますので、見てみてください。

着物を扱うお店【様々な生態を観察してみる】

なぜ、売れている店がいいのか

色んな形態の『着物屋さん』があります。

その中から、『売れているお店』を探します。

 

『売れている』のには理由があります。

『売上』=『支持率』です。

 

どこの会社がどうというより、その地域で『売れているお店』は、きっといいサービスと商品を届けているんです。

特に『顧客』との関係が密接になるきもの販売は、『店舗の良しあし』が絶対に重要です。

 

『売れているお店』をまとめると…

①サービスが充実している
②支持を受けてる『店員』がいる
③顧客の数が多く大きなコミュニティーがある

上記を満たすと、買い手にとって『情報』と『安心感』と『楽しさ』があるんですね。

 

では、『売れてるお店の見分け方』ってなんでしょう。

それがわからないと、どうしようもないですもんね。

それを僕なりにまとめました。

これは冒頭でも言った通り、着物の業界に限ることではないと思います。『売れるお店』をつくりたいと思った時の、参考になると思います。

売れているお店の『見分け方』

売れている店の『見分け方』、文字通り『見た目』で分かります。

後は、その店の『雰囲気』ですよね。

抽象的なものでもありますが、しっかり観察するとわかるのではないでしょうか。

お店に主張がある【何をしたいか明確になってるか】

『何を売っているのか』、その主張がわかるお店はいいお店です。

当然、着物屋さんなので『着物』を売っているのですが、どうやって着物を売ろうとしているかの主張ですよね。

 

例をあげます。

①着物を着る楽しさを主張している
②便利さを主張している
③役に立つ『情報』を主張している

こういった主張はどんなお店にもあるものですが、それが『わかる』お店がいいお店(=売れている)なんですよね。

店員が元気【暗いお店はイヤですよね】

『売れているお店』は、働いている人が元気です。

『自信』と『活気』がみなぎっています。

そういう店員さんがいるお店は、親切で丁寧であることが多いです。

 

逆に『暗いな』と感じるお店は、大体何か問題を抱えているんですよね。

そういうお店は、ミスも多かったりするものなんですね。

店員数が多い【離職率が低いということは…】

『働いている人が多いお店』は、良い(=売れている)お店である可能性が高いです。

 

特殊な仕事である『着物販売員』の離職率は高いです。

働いている人の数が多いのは、『従業員満足』が高いと考えられます。

 

『従業員』は『お客様』に一番近い存在です。

その『従業員の満足が高いお店』は『お客様満足も高いお店』と言えます。

 

つまり『売れているお店』と判断してもいいんですね。

清潔【ある場所をみたらわかります】

これは大切です。

『清潔』なお店は絶対にいいお店です。

 

店舗としての『しつけ』がよくできているからです。

つまりお客様にとって『安心感』のあるお店です。

これは『レジ周り』を注目するとわかります。

『レジ周り』は店が最初に汚くなる場所です。

ここが綺麗なお店は、『大体すべてが綺麗』とみなしていいと思います。

 

以下のリンクも参考にしてください。

なぜ、クリンリネスなのか【徹底するだけで、組織の質が格段にアップ】

常に人がいる【活気が大事】

あたりまえですが、顧客の来店が多い店はいいお店です。

特に朝から顧客が来店するお店は、顧客にとって『居心地』がいいんです。

これはあなたにとっても、です。

 

そういう風に『人』の出入りがが多い店は、『売れているお店』ですよね。

まとめ

以上を参考にして、お店を見てみるといいと思います。

着物は商品によっては価格が高いし、初心者は『サポートがいる』商品ですよね。

やっぱり『親切で丁寧で寄り添ってくれるお店』がいいんです。

 

そんなお店をこの記事を参考に、見つけていただけると嬉しく思います。

今は『顧客』もお店つくりに参画する時代でもあります。

自分の行きつけの着物屋さんを、『売れているお店』にしていくのもいいのかもしれません。

そのことは、結局あなたに返ってくるんですよね。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y