妹の結婚式で行ったハワイ【着物とその色に関連付けて】

着物作家『さとし』の休日
さとし
さとし
私、さとし。
この道15年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。
今は、着物の店舗で店長をしています。

僕には、8歳年の離れた妹がいます。

 

先日その妹の結婚式で、ハワイに行ってきました。

素敵な結婚式でした。

 

 

本当におめでとう。

幸せな家庭を築いてくださいね(^^)

 

 

 

 

常夏の島『ハワイ』に初めて行きましたが、色んな感動がありました。

その中でも一番感動したのは、ハワイの『色』です。

特に『青』です。

 

こんな綺麗な『青』を僕は初めて見ました。

 

さとし
さとし
今回は、そんなハワイの『色』と『思い出』を着物に関連させて、お話ししたいと思います。

透き通るような青と白のコントラスト

とにかくハワイに降り立った時から、心を動かされたのは『空の青さ』です。

どこまでも続くような、透き通った青なんですよね。

空気の質感の違い【色の見せ方】

この空の青さは『ただ綺麗』というだけでは、ないように思います。

 

ハワイは暖かいところですが、日本の夏のように湿度が高くありません。

木陰にいるとさわやかな風とあいまって、とても過ごしやすい気候なんですよね。

 

この乾燥した空気が、より一層色を透き通らせているんですよね。

さとし
さとし
ハワイの気候は『色の見せ方』が上手なんです。

存在感のある雲の『白』

その『青』と会う色が、雲の『白』なんですよね。

南国の特徴ですが、雲は大きく存在感があります。

 

それが、透き通った青とよく合うんですよね。

 

この綺麗な色のあわせ方は、本当に感動しました。

そして、着物にも応用できる色のコーディネートですよね。

着物の色の種類『青』

幻想的な夕日の『赤』

ハワイではサンセットと言って、太陽が地平線に沈んでいく様子を、毎日セレモニーのように行っています。

その幻想的な瞬間は見ている人を魅了します。

太陽が地平線に沈んだ瞬間、どんな人でも拍手喝采なんです。

 

そして、夕日の色がまた素敵なんですよね。

それまで透き通るように青かった空が、夕日の赤と混ざってオレンジ色になっていく。

本当に、目を奪われる光景でした。

アロハシャツ

ハワイと言えば『アロハシャツ』ですよね。

ただのリゾート衣装ではなく、フォーマルな場面にも使われます。

 

実際、今回の結婚式も男性は『アロハシャツ』、女性は『ムームー(ハワイアンドレス)』を着用しました。

アロハシャツの発祥は着物?

ハワイにはたくさんの日系人が住んでいます。

昔、たくさんの日本人が移民としてハワイに渡りました。

 

アロハシャツの起源は、日本の着物だという説があります。

日本人が持っていた着物を、アロハシャツに仕立て変えて着た、というお話しです。

 

今でも、着物をアロハシャツに仕立て変えるサービスをするところはあります。

 

『アロハシャツ』にどこか懐かしい感じがするのは、そういうことなのかもしれません。

まとめ

今回のハワイでの5日間は、本当に貴重な体験になりました。

ハワイ(というかアメリカ)のエンターテイメントのあり方も学びました。

 

やはり『場所』で受ける刺激は大きなものがありますよね。

こういう『刺激』は定期的に取り入れなければならないんです。

 

そしてそれを自分の人生に、活かしていくことが大切なんですよね。

 

僕の場合は着物です。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y