着物の色 青の章

着物の色
さとし
さとし
私、さとしと申します。
着物の商売をしています。
今は、『きもの街道』15年で店舗の店長を、まかされています。
このブログでは、僕のこれまでの知識と経験を活かして、着物のことや、営業の話をつづっています。

着物は形が決まっています。どんな着物でも一緒です。

だから着物にとって、色はとても大切です。

『顔映り』という言葉がありますが、まさにそれは色の事ですよね。

今回はそんな着物の色についての第2弾、『着物の色 青の章』です。

着物の色 赤の章

青は着物の色では少数派です。

ただそんな洗練された青の色は、本当に素敵ですよね。

今回も、僕の主観ではありますが、貴女に似合う色をテーマに、お話ししていきたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

JAPAN BLUE 日本の青

サッカー日本代表のユニフォームの色、それは青です。

日本の国を象徴する海と空の色というのが、その理由らしいです(諸説あります)

着物にも青を使う、伝統的な着物があります。

藍染ですね。

藍染は、タデ藍と呼ばれる植物からとれる染料で染めていきます。

着物だけではなく、色んな染め物に藍染が使われています。

今では化学染料で藍染を再現できますが、植物からとる本当の藍染(本藍染)は、着物にしても、それ以外の染色物にしても高価になります。

藍と言えば、徳島県の阿波の藍染が有名です。

着物では藍染の色無地、藍染の訪問着、藍染の小紋、そして帯、色々あります。

ゆかたでも藍染は、その涼やかな雰囲気が夏のシーンにはピッタリあいますよね。

多彩な青

青には青で濃淡があります。薄い青(水色)から濃い青(紺色)まで色んな色の種類があります。

青は寒色系なので、着物の本来のフォーマルのイメージではあまり使われません。

当然、すべてがそうではありません。青もあわせ方によってはフォーマルの装いになります。

フォーマルのイメージは暖色系です。

温かみのある優しい色が、フォーマルの場面では好まれるような気がします。

そう考えると青は、個性が強いんですよね。

でも、昨今の洋装化が進んだ現代では、青の色があうシーンは多くなっているような気がします。

目と心に優しい、青の癒しの色は、これからも増えていくと思いますし、エスニックなその雰囲気は、現代の日本の女性らしさを、引き出す色であると思います。

青の似合う人

青は、その濃淡で似合う人が変わってきます。

だから青に関しては、濃い青と、淡い青との2パターンをお話しします。

濃い青

濃い青は貫禄が出ます。

なので、目鼻立ちのはっきりした人が似合うんですね。

これは黒も一緒ですね。

着物の色 黒の章

濃い青は個性的でかっこいい色です。

凛としたたたずまいになるので、そういう雰囲気で着てもらえるといいと思います。

ただ黒と違うのは、色気が出るという色ではない、ということです。

この寒色系の青は、やはり格調高く、かっこよく着こなすのが最適なんですよね。

淡い青

淡い青は一転して、イメージが変わります。

涼やかな色になるので、女性らしさの品が出てくるように思います。

後述しますが、淡い青は優しいピンクとの相性がばっちりで、綺麗かつ可愛さも演出できる、コーディネートになります。

着る人にとって、個性を表現する色となります。

是非、このコーディネートを試してください。

淡い青は、単体だとどうしても涼しいイメージになるので、着る時期に限りがあるように思います。

でも合わせる色の幅が広いので、それで調整が出来る色なのだとも思います。

品と可愛いらしさをもった人が、その雰囲気のままに、着こなす色がこの淡い青なのです。

着物の色 ピンクの章

青の着物にコーディネート

基本的な青の色のコーディネートは、ズバリ『白』です。

青と白の相性は抜群だと思います。

とにかく綺麗です。

青に純白の帯を合わせる。最高のコーディネートだと思います。

この『白』とのコーディネートは青の濃淡問わずに、王道のあわせ方であると思います。

青は困ったら白!間違いないですよ。

もう一つは『ピンク』です。とくに淡い青の色とピンクの相性はいいです。

青をかわいいイメージにしてくれます。

青、ピンク、黄色は相性のいい色の3色です。

ただ、この3色を多用すると、全体的に幼い印象になりますので、配分が重要になっていきます。

淡い青は黄色と相性がいいと言ったように、フォーマルの金の帯とも相性がいいので、フォーマルシーンでの色のコーディネートの、定番ともなっています。

まとめ

青はこれからの着物の中でも、どんどん定番の色になっていくように思います。

このモダンな青の色は、他者との着物の差別化をするのに使いやすい色なんですね。

是非、皆さんも青を着用してみてください!

きっと素敵で、目を引く着物姿になります。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y