着物の色 黒の章

着物の色
さとし
さとし
私、さとし。
着物の店舗の店長をしております。
この業界は、大学卒業以来15年のキャリアです。
お客様とともに、着物の奥の深さを学んでまいりました。
このブログは、その経験や知識を活かしたものになっております。
よろしくお願いいたします。

着物は形が決まっています。

それは、どんな着物でも一緒です。

大きさ(サイズ)の違いはありますが、形は一緒なんですね。

なので、柄の配置でTPOが決まります。

着物の種類の知識【業界の戦略も暴露】

すべての形が同じなので、色は着姿にとって重要な要素となります。

『顔映り』という言葉があります。

人は顔立ちや、肌の色など同じ人はいません。

だから、人によって似合う色が違うんですね。

すべての色が似合うのはマネキンです。

マネキンは生きていません。

感性・感覚は人それぞれ違うので、僕の主観ではありますが、似合う色をテーマに、話していきたいと思います。

あくまでも主観なので、賛否両論あるかもしれませんが、よろしくお願いします。

拡張高き黒

黒ってひとつじゃん!と思うと思いますが、黒にも種類があります。

漆黒(しっこく) 黒紅(くろべに) 墨黒(すみぐろ) etc…

色味表を見ると細かい違いがあります。

黒にも濃さと、他の色を混ぜて色味を変えてるんですね。

フォーマルとしての着物と考えた時に、黒は格を表します。

洋服でもそうですよね。ブラックフォーマルってやつです。

着物でも黒留袖など、黒ベースの着物はフォーマル感が強くなります。

より格調を示すために、黒の濃さを打ち出したりします。

黒色と黒色を比較して、いかにこの黒が黒なのか…なんか念仏みたいですが、黒は黒と比較すると濃さがよくわかります。

より黒が濃いものがフォーマルな席では、よしとされているんです。

ただ黒はフォーマルだけではありませんね。

カジュアルでも黒い着物は多いんです。というより洋服に近いその感覚は、かっこいいイメージでよく使われる定番のカラーです。

着物のカジュアルカラーの王道は、『黒』と言えるかもしれません。

フォーマルの黒とカジュアルの黒。

着物においては意味が全く違うものなんですね。

フォーマルの黒の思い出

個人的な事なのですが、僕は出雲大社で結婚式を挙げています。

出雲大社って結婚式が出来るんです。
とっても良かったので、これから結婚式をお考えの人にはオススメです(^^)y

その出雲大社で結婚式のパンフレットがありまして、それが随分、古いものだったのですが、女性は全員黒留袖。

男性は全員黒紋付に袴(袴はグレー)。

新郎も同じく。唯一新婦だけが白無垢で真っ白。

そんな感じで一同整列の写真がありました。

見た瞬間、衝撃でしたね…
「なんかもう、めでたくないじゃん」というのが率直な感想です。

真っ黒ですもん…

ただ、格調の高さと荘厳さを、写真から感じることが出来ました。

結婚式とは本来、こういうものなのかもしれません。

結婚式というより『祝言(しゅうげん)』という感じでしたね。

今では、それは古くささに感じられます。

そのパンフレットも、おそらく30年くらい前の写真だと思います。

僕が結婚したのは2010年でしたが、かまわずそれを渡してくるあたりに『出雲大社』の伝統と格式、そしてブレない心意気を見たような気がしました。

今は結婚式の様相も、変わってきています。

どちかかというと、今の結婚式は華やかな色であるほうが、場の雰囲気にはあっていると思います。

原点回帰の『和』の結婚式も流行っていますが、あの出雲大社のパンフレットの雰囲気を出すことは到底できないでしょう。

格調高き黒も、使う場面は変化しています。

本当にそうか?極妻、お水の黒

黒系のかっこいい着物をコーディネートすると、『極道の妻』とか『お水の仕事』のイメージを持たれる方がいます。

これは完全に『イメージ』ですね。

接したことがないので、僕には極道の奥様の、日常はわかりません。

『ごくせん』をイメージされる人が、多いとも思います。

主演の仲間由紀恵さんが、素敵な黒の刺繍の着物を着ていました。

素敵な着物なので、よかったら見てください。

もしくは岩下志麻主演『極道の妻たち』のイメージが強いですよね。

その映画の画像を見ていますが、岩下志麻の着物は黒ばかりではありません。

とにかくイメージが強いんですね。

おそらくですが、普通?の極道の妻たちも着物を着る時は、自分にあった着物を選ぶはずです。

みんながみんな、岩下志麻や仲間由紀恵ではないのですから。

黒がユニフォーム、ってなわけではないと思います。

一方、『お水』の仕事の人。

彼女たちは接待・接客が仕事なので、黒という強めの色はあまり選ばないはずです。

お店もどちらかというと薄暗いので、黒だと印象が悪くなります。

なのでお水の人は、優しめで控えめな色柄の着物を着用します。

これには根拠があります。

着物屋ではそういうお客様がいるからですね。

その人がそう言ってたので、やはり『お水=黒』というのはイメージ先行ではないかなと思います。

黒の似合う人

上記のようなイメージがある黒の着物。

でもイメージが先行しているという事で、黒が似合う人は、そういう雰囲気の人なのですね。

だから僕も、店舗で黒をコーディネートするときは…

①黒という強い色にまけない、目鼻立ちのはっきりした人
②どちらかというと色気がある人
③個性を重要視したい人

こういった人に、提案していきます。

ただ、黒はコーディネートが『決りすぎる』と、やっぱり『その筋の人』に感じられてしまうので、やさしさの要素を入れるようにしています。

バランスって大事です。

黒のコーディネート

カジュアルに絞ります。

黒の兄弟たち

黒に『白~黒』を合わせるやり方ですね。すっきりしたかっこいい感じになります。

グレー系の色を持ってくるのもおススメで、濃淡でやさしいイメージになりますね。

黒のきもの・白の帯・小物が黒という合わせ方になると『決まりすぎ』というやつで、自信があるのならお勧めします。

あまり『決まりすぎ』ないように、他の色をさして合わせるほうが、いいかも知れないですね。

黒にさす色のおススメ・赤・青

黒と赤は相性がいいです。間違いないです。

後は、赤の濃淡で調整するのがいいと思います。

強い赤になればなるほど、印象はきつくなりますからね。

青を入れると、印象が和らぎます。ただあんまり淡い青(水色系)は合わないと思います。

寒色が強くでる印象になるのでクールなイメージがでてる素敵ですね。

黒と合わせると個性が出ちゃう色

①紫
特に濃い紫は合うんですが、セクシーさが増します。

色気ではなくセクシーです。着物の合わせ方としては、少しむずかしいです。

②ピンク
これも個性が出ますね。

ショッキングピンクと合わせると、もう着物のイメージではないですね。

③黄色

色の相性はいいのですが、虎のイメージですね。

着物にはピンときません。

これらは、そもそも洋服の合わせ方なのかもしれません。

着物の本来持っているイメージとは少し違うんでしょうね。

ただコーディネートは進化しています。

これからは、変わってくるかもしれませんね。

最後に

今回は黒の着物をテーマにお届けしました。

冒頭にも申し上げた通り、コーディネートは僕の経験による主観です。

そんな僕も、たくさんの着物を販売してきました。

ご参考にしていただけると、嬉しく思います。

そして、黒の着物をかっこよく、自分らしく楽しんでいただけることを、願っております。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y