【着物の色の種類】黒〜格調と粋さを兼ね備える色〜

着物の色
●着物に使われる黒ってどんな色なの?
●黒の着物に合うコーディネートって?
●着物の黒って『お水』『極妻』のイメージ?

着物のその形は、ほぼ決まっています。

さとし
なので、着物にとって『色』は非常に重要です。
この記事では、そんな着物の色の『種類』『TPO』『コーディネート』について、お話ししていきます。
ここでは『黒』を取り上げます

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を18年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

 

この記事では、以下のことをまとめています

・フォーマルの黒は格調の高さを表現する
・カジュアルの黒は粋さの象徴
・黒の着物に『極道・お水』のイメージがあるのは本当か?
・黒の着物のコーディネート事例の紹介

この記事を読むことで、黒の着物の活用方法がわかります

同時に黒の着物のコーディネートの参考にもなりますので、読み進めてみて下さい。

【着物の色の種類】黒〜格調と粋さを兼ね備える色〜

【着物の色の修理】黒〜格調と粋さを兼ね備える色〜
さとし
黒はひとつ!と思われがちですが、黒にも種類があります。
着物好き男子
へぇ、そうなんだ。
さとし
漆黒(しっこく) 黒紅(くろべに) 墨黒(すみぐろ) etc…
色味表を見ると細かい違いがあり、『濃さ』と『他の色を混ぜたり』して、微妙に色味を変えています。

黒は着物の格調を表す

フォーマル着物において『黒』は格調を表します。

着物好き女子
洋服でもそうよね。
ブラックフォーマルってやつね。
着物好きマダム
着物でも、黒留袖などの黒ベースの着物はフォーマルの中でも格調が高いわよね。
黒留袖
写真は黒留袖、既婚の女性の最礼装

 

より格調を示すために、『黒の濃さ』を比較したりもします。

さとし
黒と黒を比較して、どちらがよりなのか…
なんか念仏みたいですが、黒は比較するとその濃さがよくわかります。
着物仙人
より黒が濃いものがフォーマルでは、よしとされているのじゃ。

 

黒紋付羽織袴
写真は男性の最礼装である、黒紋付羽織袴

根強い人気のカジュアルの黒

さとし
ただ黒は、フォーマルだけではありません。

カジュアルでも黒い着物は多く、かっこいいイメージで使われる定番のカラーです。

着物のカジュアルカラーの王道は、『黒』と言えるかもしれません。

 

大島紬
写真はカジュアル着物を代表する大島紬
大島紬には泥染と呼ばれる染色があり、光沢がかった黒が特徴的な地色になります。
着物好きマダム
大島紬は憧れなのよね〜。

【着物の色の種類】本当にそう?黒は『極妻・お水』のイメージ

【着物の色の種類】本当にそう?黒は『極道・お水』のイメージ
さとし
黒系のかっこいい着物をコーディネートすると、『極道の妻』とか『お水の仕事』のイメージを持たれる方がいます。

そのイメージはどこから来ているのか?

 

さとし
まずは『ごくせん』。
主演の仲間由紀恵さんが、素敵な黒の刺繍の着物を着ていました。

素敵な着物なので、よかったら見てください。

着物好きマダム
何と言っても、岩下志麻主演の『極道の妻たち』よね。

ただ、作中での岩下志麻さんの着物は黒ばかりではありません。

とにかくイメージが強いんですね。

さとし
おそらくですが、普通(?)の極道の妻たちも着物を着る時は、自分にあった着物を選ぶはずです。
つまり一般の感覚とさほど変わりません。

 

一方、『お水』の仕事の人。

さとし
彼女たちは接待・接客が仕事なので、黒という強めの色は選びません。

薄暗い店内では、黒はあまり印象が良くありません。

さとし
なのでお水の人は、優しめで控えめな色柄の着物を着用します。

やはり、イメージが先行しているだけということなんです。

黒が似合う人と黒の着物のコーディネート

黒が似合う人と黒の着物のコーディネート
さとし
仲間由紀恵さんや岩下志麻をイメージする黒、ということは『黒が似合う人』は、そんな雰囲気の人だとも言えるんですよね。

以下にまとめてみました

①黒という強い色にまけない、目鼻立ちのはっきりした人
②どちらかというと色気がある人
③知性を感じる人

こういう人は黒が似合いますし、黒を選ぶときのポイントにもなります。

【着物の色の種類】黒のコーディネート

着物好きマダム
ただ、やっぱり黒は『決まりすぎる』と、粋さが強く出過ぎちゃうのよね。
さとし
確かに、だからこそバランスが大切になってきます。

黒に近い色を合わせるコーディネート

さとし
黒の着物に『白〜黒』の帯や小物を合わせるやり方にすると、すっきりしたかっこいい雰囲気になります。
着物好き女子
グレー系の色を持ってきたら、濃淡でやさしいイメージになるのよね。
着物好き男子
男性着物だと、この合わせ方はかっこいい定番のコーディネートですよね。

 

ただ、『決まりすぎ』を避けたいなら、他の色をさして合わせるコーディネートもオススメです。

黒の差し色には『赤』と『青』を効果的に

さとし
黒と赤は相性がいいです。
着物好き女子
間違いないわ!
黒地の着物に赤の帯
黒地の着物に赤の袋帯を合わせたコーディネート。
着物好きマダム
ただ、ともすれば強い赤は印象がきつくなるから、赤の濃淡で調整するものいいわよね。

 

さとし
青を入れると印象が和らぎます。
ただ、あんまり淡い青(水色系)は黒には合わないんですよね。
着物好き女子
寒色の印象が強く、クールなイメージが素敵なのよね。
黒と青のコーディネート
黒地の小紋に、濃い青の名古屋帯でクールなコーディネート。

【配色】黒と合わせると強く個性が出る色

それぞれの色との相性も考えます。

黒に紫を合わせるコーディネート

紫と黒との相性はいいのですが、セクシーさが出る組み合わせでもあります。

さとし
色気ではなくセクシーさです。
新しい着物の感覚になります。
赤紫の着物に黒の帯
赤紫の着物に黒地の帯をコーディネート。

 

黒にピンクを合わせるコーディネート

これも個性が出る組み合わせ

さとし
ショッキングピンクと合わせると、現代的なイメージになります。
黒に黄色を合わせるコーディネート

色の相性はいいのですが、虎(動物的)なイメージですね。

黒と黄色のコーディネート

まとめ

☆この記事で話したこと☆
✔︎黒は格調を表し、黒の濃淡も重要
✔︎黒は粋さを表すが、決まりすぎるとよくない
✔︎『極道の妻やお水の人』は、あまり黒い着物を着ていない
着物好き女子
黒の着物って憧れだけど、まだ手を出せてないのよね。

そんな黒にチャレンジするきっかけが、この記事なら嬉しく思います。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y