【着物の色の種類】ピンク〜年代とコーディネートを解説〜

着物の色
●着物に使われるピンクってどんな色なの?
●ピンクの着物を着れる年代って?
●ピンクの着物に合うコーディネートって?

着物のその形状は、どんな着物でもほぼ一緒です。

さとし
なので、着物にとって『色』は非常に重要です。
この記事では、そんな着物の色の『種類』『TPO』『コーディネート』について、お話ししていきます。
ここでは『ピンク』を取り上げます。

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を18年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

 

この記事では、以下の内容を解説します。

・ピンク色の着物の特徴
・ピンクに合わせるコーディネートの基本

この記事を読むことで、着物の色としてのピンクにまつわることを知ることができます。

【着物の色の種類】ピンク〜色の特性と年代〜

【着物の色の種類】ピンク〜色の特性と年代〜

ピンクと言っても色々ありますが、どんなピンクも着物にはよく使われる色です。

 

『困ったらピンク…』

さとし
私が着物の販売店に入って、最初に言われた先輩の言葉です。
着物好きマダム
ちょっと、安直すぎる言葉にも聞こえるけど…
さとし
確かに…(笑)
でもうなずける部分もあって…

女性のお客様に着物をコーディネートする時に…

・女性らしさを感じさせる色
②洋服ではあまり使わないイメージ
③優しい雰囲気

こんなことを考えながら、オススメしていきます。

 

さとし
そんな感覚に真っ先に出てくる色は、『ピンク』ではないでしょうか?
着物好きマダム
まあ、確かにそうとも言えるわね。
でもピンクって年代によっては、着るのに勇気のいる色でもあるのよね。

 

そんなピンクの特性を考えていきましょう。

濃いピンク【幼さと可愛らしさを引き立たせる色】

着物好き女子
子供の着物は濃いピンクが多くて、可愛らしいわよね。
これは幼さを引き立たせてるとも言えるのよね。
子供が着るピンクの着物

 

さとし
ショッキングピンクやサーモンピンクと呼ばれる色は、個性の溢れるピンクになります。

好き嫌いのはっきり分かれる色ですが、自分の『個性』を全面に出したいなら、オススメの色です。

 

さとし
ただ、振袖によく使われる色なのでやはり年代によっては気になる色でもあるのは、間違いありません。

薄いピンク【上品さと女性らしさを兼ね備える万能色】

着物好きマダム
薄い綺麗なピンク色は上品さがあって、好きな色だわ。
さとし
大人ピンクとして人気があり、年代を問わずに着れる着物の色です。
着物好き女子
優しい上品なピンク着物は、『相手を立てる要素』もあって、使いやすい色だわ。
大人ピンク
大人ピンクな上品で優しいピンク色。

 

この薄いピンクはコーディネートの小物にも多用される色でもあり、着物の色の『女王』と呼ぶに、ふさわしい色です。

さとし
『桜色』という色もあり、名前からも『日本の和の色』って感じがするんですよね。

【着物の色の種類】ピンク〜合わせるコーディネート〜

【着物の色の種類】ピンク〜合わせるコーディネート〜
着物好き女子
ピンクの着物って、どんなコーディネートがいいのかな?
さとし
まず言いたいのは、ピンクは合わない色を見つけるのが難しいくらい、コーディネートがしやすい色です。
困ったらピンクの意味が、ここにもあるんですよね。
あえて「あわない」を上げるなら、濃い青系の色です。

【王道】ピンクに金を合わせる

さとし
特に薄いピンクの着物に金の帯を合わせるコーディネートは、王道中の王道です。
着物好きマダム
確かに、年代も気にすることのない綺麗な着姿よね。
ピンクの付下に金の袋帯
薄ピンクの付下訪問着に金の袋帯を合わせたコーディネート。

 

着物好き女子
フォーマルの王道の合わせ方ね。

ピンクに白を合わせる

さとし
ピンクに白の組み合わせも鉄板の合わせ方です。。
着物好き女子
綺麗でいて、柔らかい印象のコーディネートね。
ピンクの小紋に白の名古屋帯
ピンクの小紋に白の名古屋帯を合わせたコーディネート。

ピンクに黄色を合わせると『幼いイメージ』になる

さとし
ピンクに黄色を合わせるコーディネートは、綺麗な合わせ方ではありますが、『幼いイメージ』にもなる合わせ方でもあります。
ピンクの紬に黄色の染め帯
ピンク系統の紬に発色のいい黄色の染め帯のコーディネート。

まとめ

☆この記事で話したこと☆
✔︎濃いピンクは幼さが出る
✔︎淡いピンクは上品さがあり、万能の色
✔︎ピンクの着物はコーディネートがしやすい

ということで、着物における『ピンク』の色を紹介しました。

本当にピンクは使いやすい色で、『和』の雰囲気を演出しやすい色でもあります。

さとし
その中で、それぞれの個性を追求していただけると嬉しいですね。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y