着物の色の種類『ピンク』

着物の色
さとし
さとし
私、さとし。
着物の『営業・販売』をしています。
この道15年、『きもの街道』をひた走り、今は店舗の店長をしています。
このブログは、僕の着物人生で得た知識や経験を書き綴っているブログです。

着物はその形が決っています。どんな着物でも基本的には一緒です。

振袖のおいては袖が長いとか、そういう違いがありますが、それ以外の形状の違いはありません。

そのほとんど変わらない形状の中で、着物の色をどう合わせていくのかが、コーディネートの面白さなんですね。

今回はそんな着物の色についての第3弾、『ピンクの章』です。

着物の色の種類『黒』

着物の色の中でも、定番の色、それは『ピンク』です。

ピンクとひとくち言っても色々ありますが、どのピンクをとっても、着物にはよく使われる色ですよね。

今回も私さとしの主観ではありますが、貴女に似合う着物の色という事で、お話ししていきたいと思います。

着物の色の種類【困ったらピンク】

着物屋に入社して、お客様のコーディネートをすることになった時に、先輩に言われた言葉です。

今にして思うと、あながち間違った言葉ではありませんでした。

着物を着る人、もしくは着ようとしている人(商売としてのターゲット)に色として訴求するなら

①女性らしさ
②洋服ではないよそおい
③優しいイメージ

このへんが、大事になってきませんか。

この感覚を訴求しようと思った時に、一番最初に出てくる色は『ピンク』ではないですか?

だから、「困ったらピンク」
これは間違いではなく、コーディネートに自信がない人への助け舟だったんです。

慣れてくるとピンクの濃淡で、イメージを変えることが出来ます。

濃いピンク

ピンクでも濃度の高いピンクは、『幼さ』『かわいらしさ』を表します。

子供の着物も、濃いピンクが多いですよね。

ショッキングピンクという色は、その要素の中に派手さをいれた色ですよね。

かなり強い色であり、好き嫌いが出る色でもあります。

サーモンピンクという色は、ピンクに黄色味を加えた色ですが、これも強めの色ですよね。

こういう強いピンクの色は、その要素を活かした人にはしっかり似合います。

振袖にも使われますよね。

それ以外にも、差し色であったり、ポイントの色としても使い勝手がいいのがピンクです。

自分の『個性』を全面に出したいときは、この濃いピンクがおススメです。

薄いピンク

この色はまさに無敵で、ピンク特有の女性らしさ』『はなやかさ』にあわせて『上品さ』を兼ね備えた万能色になっています。

着物は場面によっては、相手を立てるという要素も必要になるので、そういった場面にも合う、もっとも使いやすい色なのではないかと思います。

この薄いピンクは着物や帯以外の、コーディネート小物にも多用される色でもあります。

まさに着物の色の『女王』と呼ぶに、ふさわしい色なんです。

『桜色』という色があります。
なんか名前からも『日本の和の色』って感じがしますよね。

実際、この白にほんのりピンク味がある色は、着物の定番色になっています。

着物の色の種類『赤』

ピンクの兄弟『紫』

着物の色の2大巨頭の一角が『紫』です。

ピンクとあわせて、着物に使われることの多い色です。
この色にも濃淡があって、それぞれに『顔』を持っています。

この紫の色はまたの機会にご紹介したいと思います。

ピンクのコーディネート

では、『ピンク』の着物は、どんなコーディネートがするのがいいのか。

『ピンク』はコーディネートがしやすい、着物の色です。

合わない色を見つけるほうが難しいくらいです。

あえて「あわない」を言うのであれば、濃い青系および濃い緑系の色ではないかと思います。

この色とピンクの相性はよくありません。

でもそれ以外の色とは概ね、相性がいいのが『ピンク』なんですね。

だから着物にとっても、もっとも使われやすい色になっているのだと思います。

その中でもおススメは『白』ですよね。

特に、薄いピンクの着物に、白の帯を合わせるやり方は、定番中の定番です。

確実に綺麗なコーディネートになるので、是非試してください。

周りからの評判もきっといいはずです。

絶対に間違いのないコーディネートとして、『殿堂入り』ということで大丈夫です。

このピンクと白のコーディネートは、フォーマルでもカジュアルでも、色んなシーンで合わせることの出来る配色です。

困ったら『その配色のコーディネート』、を頼るといいと思います。

先ほど、青と、緑は合わないと言いましたが、その2色でも薄めの色なら、綺麗な印象になります。

綺麗でいて、柔らかい印象になるコーディネートですね。

やはり『ピンク』は優しいイメージのコーディネートがしっくりきますよね。

まとめ

ということで、今回は着物における『ピンク』の色を紹介しました。

本当にピンクは使いやすい色なんです。

そして『和』の雰囲気を演出しやすい、色なのでもあると思います。

だから、色んな人にも好まれる色で、見ている人にも安心感を与えます。

なのでこれから、着物を着て楽しむ人も、積極的に取り入れてほしい色としておススメです。

その中で、それぞれの個性を追求していただけると嬉しいですね。

個性を追求して、着物を楽しむ!いいですよね。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y