【初心者必見】『着物の種類』付下(つけさげ)って一体なに?

着物の知識
着物好き女子
付下っていう着物の種類がありますよね?
どういった着物なんですか?
訪問着や小紋とはどう違うんですか?
さとし
付下はフォーマル用途の着物です。
フォーマル用途の着物は種類が多く、細分化されているのが特徴なんですよね。
結論としては、付下は訪問着より一格下の着物で、小紋より一格上の着物になります。
ただその見分け方は少し難しく、現在においてはその境目も曖昧になっているんですよね。
この記事では、その辺りも含めて付下について解説していきます。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事は以下の内容で話を進めていきます。

・【基本的な】付下の特徴
・付下げ訪問着というややこしい種類

この記事を読むことで、付下とは本来どういったものなのかがわかり、どうしてわかりにくくなっているのかがわかります。

読み進めてみて下さい。

『着物の種類』付下(つけさげ)って一体なに?

『着物の種類』付下(つけさげ)って一体なに?
さとし
まずは本来の付下の特徴を解説していきます。
着物好き女子
本来って言うのは、今の付下との特徴とは違うってことなんですか?
さとし
そうなんですよね。
付下と呼ばれる着物は時代(というより商売の形態)によって変化しています。
そのことは後で話すとして、まずは本来の特徴を押さえる方がわかりやすいんですよね。
着物好き女子
わかりました。

①全ての模様が肩山を頂点として上向きになっている

下記の図は反物を表しています。

図①

点線部分が肩山になり、そこで折って仕立てることで、着物の前と後ろができます。

図②

その肩山を頂点に上向きの柄を描いていきます。

着物好き女子
そうすることによって、後ろから見ても前から見ても柄が上向きになっているのね。
図③
さとし
ちなみに上記は小紋の柄配置になります。
柄の向きを交互にすることによって、前から見ても後ろから見ても同じの全体柄となるのです。

この特徴は『訪問着』や『振袖』『留袖』なども同じになります。

次に説明する②の特徴とともに、フォーマル着物の基本要素となるんですよね。

②裾・左肩前・左袖前・右肩後・右袖後に柄のボリュームがある

次の特徴は柄の配置です。

下の写真をご覧ください。

図④

下半身の裾と、上半身の左肩、そして左袖に柄が配置されています。

この図では見えませんが、右肩の後ろと右袖の後ろにも同様に柄が配置されています。

さとし
あくまでも『その位置が柄のボリュームゾーン』ということで、その配置以外には柄がないということではありませんが、全体的に見たら図のような印象になります。

これもフォーマル着物の柄配置の特徴になります。

③反物(縫い目)を渡って柄が繋がっていない(=絵羽模様でない)

これが本来の付下にしかない特徴になります。

付下

上の写真は付下げの裾模様です。

反物との別れ目に渡って柄がありません。

訪問着

対してこちらは訪問着、柄がつながって絵羽模様となっています。

着物好き女子
こうやってみると、付下と訪問着の違いって明確ですよね。
さとし
そうなんですよね。
でもこれでとどまらない事態があるんです。
このことによって、付下げはよりややこしくなっていくんです。
次にそれを説明していきます。

『付下訪問着』という種類の登場でよりややこしくなりました…

『付下訪問着』という種類の登場でよりややこしくなりました…

付下のTPOは冒頭でも話した通り、訪問着の一格下で、小紋の一格上になります。

訪問着と小紋の中間という要素が『幅広い席で着用できる』というセールストークを引き出すことになり、付下は商売上においてムーブメントを起こします。

さとし
ということで、付下はその種類の中で範囲が広がっていくんですよね。
そして『付下訪問着』というジャンルが登場します。
付下訪問着というのは『反物(縫い目)を渡って柄がつながっている(=絵羽模様になっている)』付下のことを言います。
着物好き女子
それって『訪問着』なんじゃないの?
さとし
そうなんですよね。
付下訪問着と訪問着は明確な見分けるポイントがありません。
①訪問着と比べると控えめな柄ゆきが『付下げ訪問着』
②仕立てる前の状態が反物であるのが『付下げ訪問着』(訪問着は仮絵羽というザックリ仕立てられた状態で販売されています。)
こういった曖昧な違いなんですよね。

ちなみに下記の写真は付下として販売されていたものになります。

付下訪問着

確かにやや柄は少なめですが、これが訪問着だと言われても誰も疑問には思いませんよね。

着物好き女子
どうしてそういうふうに複雑になっているんですか?
さとし
商売上において『商品の複雑化』は、それを扱う人(売り手)に権威を発生させることになります。
買い手がわからないことを知っているということになるからね。
さらに、種類が増えると販売チャンスも増えます。
こういった商品は持ってないってなるからね。
着物好き女子
なるほど、上手な商売の仕組みとも言えますが、少し闇を感じたりもしますよね。
さとし
さらに、小紋のような全体柄なんだけど、裾や袖などに柄のボリュームを持たせ付下の特徴を出したものを『付下小紋』と言ったりもするんだ。
着物好き女子
そうなんですね…
そこまで複雑になると『言い切った人が正しい』っていう世界になりますよね。

まとめ

ということで、付下という着物の種類について話を進めてきました。

さとし
その中で、複雑化する種類がなぜ生み出されていくのかをお話ししました。

種類の多さを着物の楽しみとするのはいいのですが、それを必要性と置き換えて販売促進しているという側面があるんですよね。

さとし
ぶっちゃけ、付下と訪問着の違いは仕立て上がってしまえばプロでもほとんど分かりませんし、ましてや普通の人はそんなところを気にしていたりはしません。

こういったことも着物を選ぶ参考にしてもらいたいと思っています。

その上で、着物はもっと気軽に自分らしく楽しんでみて下さい。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y