着物の種類『訪問着』【特徴とTPOと見分け方について】

着物の知識
着物好き女子
訪問着ってどういった時に着ればいい着物なのかしら?
付下との違いもあわせて知りたいわ。
さとし
訪問着は礼装(フォーマル)です。
ただ、留袖や振袖ほどの格の高さはなく、準礼装として使われます。
この記事では、訪問着の特徴とともに付下との違いについても話を進めていきます。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では、以下のことをお話しします。

・訪問着の特徴
・訪問着のTPO
・訪問着の見分け方

この記事を読むことで、訪問着という着物の種類が網羅的に理解できるはずです。

読んでみて確認してみて下さい。

着物の種類『訪問着』【特徴とTPO】

着物の種類『訪問着』【特徴とTPO】

まずは、訪問着の特徴とその用途を見ていきましょう。

訪問着の特徴

訪問着の特徴

訪問着は上記の写真のような柄の配置になります。

さとし
細かく話すと、下半身(裾)と左肩前・左袖前、右肩後、右袖前に柄のボリュームがきます。
訪問着の特徴②

絵羽模様といって、反物のつなぎ目を渡って柄付けされているのも特徴になります。

着物好きマダム
柄の分量は様々で、柄が多く豪華な訪問着もあれば、控えめな訪問着もあるわよね。
さとし
場面の雰囲気にあわせて使い分けるといいんですよね。

紬の訪問着

着物好き女子
紬の訪問着というものもあるみたいなんだけど、それはどういったものなんですか?
さとし
『紬』というのは素材の話で、その素材で作られるものは基本的にカジュアルの用途となります。
そんな紬に『絵羽模様』の柄付けがなされている物が『紬の訪問着』と呼ばれます。

カジュアル用途ながら、ちょっとしたお呼ばれにも行ける着物とされています。

さとし
デニムスタイルに、Yシャツとジャケットを合わせた感覚といえばいいのかな。

訪問着のTPO

訪問着のTPOはこれまでも言ってきた通り、フォーマル用途になります。

さとし
フォーマル全般に使用できますし、重々しいほどの格ではないので、着やすい着物として重宝されます。

着物の種類の格を、わかりやすいように以下にまとめました。

黒紋付(喪服)→最礼装
黒留袖→最礼装
色留袖→最礼装
振袖→最礼装
訪問着→準礼装
付下→準礼装
色無地→帯次第でどちらもOK
小紋→カジュアル

着物選びの参考として下さい。

訪問着と付下の違い

訪問着と付下の違い
着物好き女子
付下という着物の種類もありますよね。
付下と訪問着の違いがよくわからないんです。
さとし
付下と訪問着の違いは微妙で、現在においては明確な線引きはないと言ってもいいんですよね。
付下と訪問着の違い

上の写真のように、付下と訪問着の違いは柄の分量でしか判断できません。

さとし
着物の販売の世界では、反物の状態で売るものを付下、仮絵羽(仮仕立て)をした状態で売るものを訪問着という分け方をしていたりもします。
着物好き女子
なんか微妙なんですね。
さとし
ただ、付下も訪問着も着ていく場面はそんなに違いませんので、あまり深く考えないでもいいのかもしれませんね。
着物のルールの世界では、訪問着の方が付下より『一格高い』と言われています。

まとめ

訪問着についてまとめてきました。

訪問着は定番のフォーマル着物になるので、一着持っていると非常に便利に使うことができます。

着物を楽しむためのきっかけの一枚になるかもしれません。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y