着物の種類ごとの格【一覧で解説】

着物の知識
さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・店舗運営11年(着物屋店長歴)
・現在は着物の制作に携わっています

着物には色んな種類があります。

そして着物にはその種類ごとに『格』があります。

その『格』によって着物を着る場面が決まるんですよね。

さとし
さとし
これがいわゆる『TPO』というやつです。

 

今回の記事ではそんな着物の種類ごとの『格』を一覧でまとめてみました。

この記事では以下のことがわかります。

・わかりやすい着物の格の一覧
・見た目で分かる着物の種類(見分け方)
・曖昧になる着物の格

着物の種類ごとの格【一覧で解説】

着物の種類ごとの格【一覧で解説】
黒紋付(喪服)
→男女ともに着物における最礼装、洋装で言うと『モーニングコート』に準ずる。
黒留袖・振袖
→第一礼装、振袖は未婚の女性・留袖は既婚の女性が着用
色留袖
→準礼装、訪問着よりは格上
訪問着
→準礼装、柄付けが多様なのでそれによって格が上下
付下
→準礼装・外出着、訪問着と同様に柄付けによって格が上下、『カジュアルスーツ』のようなイメージ
色無地
→準礼装・外出着、帯次第で格を上下
小紋
→外出着・街着、カジュアルな装い、『ワンピース』というイメージ

→街着、『ジーンズ』感覚、絵羽になっているものは社交着として活用

着物の種類以外の格を上げ下げする要素

着物は種類によって格が決まると話をしてますが、それ以外にも格を決める要素があります。

帯によって『着物の格』が決まるという要素です。

当然、着物に合った帯を選ぶのですが、その上で帯にも格があるんですよね。

・丸帯
→帯の表裏が同じ柄になる帯、現在は機能的な問題でほとんど使われない
袋帯
→もともとは丸帯を簡略化した帯だったが今は主流、種類も多岐に及ぶ
名古屋帯
→袋帯より短く、『お太鼓が一重』になる。カジュアル感覚で使われることが多い
半幅帯
→袋帯の半分の幅の帯、カジュアルに使われる

帯の格も『種類による縦軸の要素』と、『柄や色による横軸の要素』があり、着物を着る場面に応じて組み合わせていきます。

家紋

黒紋付や留袖は『五つ紋(家紋が五つはいる)』ありきですが、それ以外の着物は『家紋』を入れることによって格が上がります。

紋の入れ方も『染紋』と『刺繍紋』があり、染紋のほうが格が高いです。

紋の数によっても格が違います。

一つ紋の場合は背中に一つ
三つ紋の場合は背中と両肩に三つ
五つ紋の場合は背中と両肩そして両袖裏に五つ

着物の種類別見分け方一覧

着物の種類別見分け方一覧

着物は『基本的に形が一緒』です。

見た目にわかる着物の形の違いは『袖の長さ』しかありません。

それが最もわかるのが『振袖(袖が長い)』です。

 

振袖以外の着物は『柄と色』でしか着物の種類を見極められないんですよね。

その中で重要となるのが『柄の配置』になります。

さとし
さとし
それを踏まえて『着物の種類』の見極め方をお話しします。

柄の配置で見る着物の種類の見分け方

黒紋付
→これは簡単!真っ黒で5つの紋はありますが、それ以外には柄がありません。
留袖
→裾(下半身)にのみ柄があり、五つの紋が入っています。
→『黒留袖』は色が黒、色留袖は黒以外の色です。
訪問着
→裾(下半身)にも、上半身にも柄があります。
→柄が絵羽状になっています。『反物の切れ目を跨いで柄になっている』
→柄というのはいわゆる『絵』もありますが、『ボカシ』も柄の一種です
付下(※非常に難解)
→『裾・左肩前・右肩後・左袖前・右袖後』に柄があります。
→反物の切れ目を跨がないのが『付下』ですが、そうでないもののあります。
→『訪問着より柄の分量が少ない…』という曖昧な見極め方しかありません。
色無地
→柄が無い無地の着物です
→『地柄』と呼ばれる生地自体の柄に多様性があります。(こういう色無地を『無地小紋』と言ったりします。)
小紋
→全体柄の着物になります。
→全体に飛び柄になっているものもあれば、縦縞のような柄もあります。

→柄の配置は小紋と一緒ですが、素材が違うのが紬
→正確に言うと『糸を染めて織りあげて柄にしている』のが紬です。

曖昧になる『着物の格』

曖昧になる着物の格
さとし
さとし
着物の種類と格を一覧にしてきましたが、これってなかなか表現するのが難しいんですよね。

というのも着物の種類はその多様性がどんどん広がっているんですよね。

同じ種類の着物でも、柄や色などによってすこしずつ『格』と『用途』が違います。

 

そして、実際の場面でもそうなんですよね。

フォーマルとカジュアルの境目はだんだんと曖昧になっています。

さとし
さとし
それに合わせて、着物の日々進化しているということなんですよね。

まとめ

ということで『着物の種類ごとの格』をまとめてきました。

 

着物の格が曖昧になっているという話もしましたが、失敗できない場面があるのも事実です。

そんな時に、この記事が役に立つのなら嬉しく思います。

さらに着物の特性がわかれば、もっと着物を楽しめるのではないかと思うんですよね。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y

着物の種類【まとめ】