着物の種類【色無地をコーディネートと用途で考える】

着物の知識
●色無地ってどんな着物?
●色無地を着る場面って?

色無地は万能着物として活用範囲の広い着物です。

さとし
着物に限らず、無地って用途が広く合わせやすさがありますよね。
この記事では、そんな『色無地』について詳しく解説していきます。

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を18年しています
・店舗運営(店長歴)も11年あります
・現在は独立し、着物の制作にたずさわりながら全国で、着物の提案活動をしています

この記事には、以下の内容が書かれています。

・色無地は帯次第でどんなシーンも対応できる
→『フォーマル用途』と『カジュアル用途』の事例
・お茶席と色無地
・無地小紋という新ジャンルの着物

色無地を知れば、着物の楽しみがもっと広がります。

着物をもっと楽しみたい人には、この記事の内容は必見です

着物の種類【色無地をコーディネートと用途で考える

着物の種類【色無地をコーディネートと用途で考える】
さとし
色無地をわかりやすく説明するために、私が着物の販売の現場で使う『色無地のセールストーク』をお話しすることで解説していきます。

 

まずは、色無地は万能型の着物であり帯次第で、どんなシーンにも使える着物だということです。

【フォーマル用途】色無地は一歩控えた装い

例えば、色無地にフォーマルの帯を合わせれば…

①結婚披露宴
②入学卒業式
③お祝いのお席

こんなシーンに着てもらえます。

着物好きマダム
色無地は柄がないので『謙譲』という意味があり、自分が主役でない式事(呼ばれて行く)に向いているのよね。
『相手をたてる』という日本人らしい感覚が色無地にはあるわ。

緊急の場面でも色無地が大活躍

色目の深い色無地に喪服用の帯をすると、『法事』や『お通夜』などのシーンにも使えます。

着物好きマダム
いわゆる、『不祝儀の席』ね。
突然の対応にも色無地は便利なのよね。
色無地には華やかな地柄のものあり(むしろ最近はコチラが主流)、そういった色無地は不祝儀には向いていません。

 

さとし
さらに背中に『家紋』をいれると、格が上がるとされています。
主賓格のお呼ばれにもそんな色無地を着ていけるでしょう。
着物仙人
こういう細かいルールは、販売する側によってつくられた側面もあるが、それも一つの文化なのじゃ。
色無地に縫い紋
写真は色無地に一つ紋(縫い紋)をいれた着物。
縫い紋の場合は、背中に着物と同系の色で紋をつけます。

 

さとし
ともあれ、色無地が便利な着物であることがわかっていただけたと思います。

【カジュアル用途】帯を主役にして色無地を楽しむ

カジュアルの帯を締めれば、色無地は気軽な普段着にもなります。

着物好き女子
どんな帯でも合わせられるから、楽しみ盛り沢山なのよね。

こんな、麻の葉柄の名古屋帯をおしゃれにあわせてみたり。

こんな、組み紐の半幅帯で簡単にアレンジしたり。

自分の個性と相談しながら、あわせてみると楽しいですよね。

コーディネートの世界は本当に深いんです。

着物の種類【お茶席での色無地】

着物の種類【お茶席での色無地】
さとし
色無地の『無地』には『相手をたてる謙譲の意味』があります。

この要素がお茶席で重宝される所以なんですよね。

 

着物好きマダム
お茶を始めた時、『色無地を揃えなさい』と教えられたわ。

 

お茶を始める人は、どんどん増えています。

『作法に厳しい』イメージもありますが、気軽に楽しくできるところも多いので、ぜひとも始めてほしいんですよね。

無地小紋【地紋に遊び心を加えた新しいジャンルの着物】

無地小紋【色無地を基調とした新しいジャンルの着物】

『無地小紋』とは・・・

基本的には柄のない無地の着物
生地の地柄で『小紋の柄ゆき』を出したり、染めぼかしをいれたりしている着物です。
さとし
色無地の着やすさと、昨今のカジュアルテイストにあわせた、新ジャンルの着物なんですよね。

狭まるフォーマルとカジュアルの境目

フォーマルとカジュアルの境目は、無くなってきています。

例えば、結婚式。

礼服だけでの結婚は少なくなり、結婚式場も多様化しています。

結婚式は『式事ではなくて、パーティー』となりつつあるんですよね。

こんな感じで、これからはもっとその境目はあいまいになっていくはずです。

洋服もそうして変わっていっていますし、当然着物変わっていくんですね。

なので『無地小紋』は、これからの主流の着物になるかもしれません。

まとめ

☆この記事で話したこと☆
✔︎色無地は帯次第で色んなシーンで着れる万能着物
✔︎色無地には『相手を立てる謙譲の意味』がある
✔︎無地小紋という無地を主体とした新しいジャンルの着物がある

ということで、色無地についてお話ししてきました。

着物をもっと気軽に楽しむには、本当につかいやすい着物なんですね。

まずはこんな『無地の着物』から、着物の生活を始めてみませんか。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y