帯の結び方の種類【画像で6種類の帯結びを解説】

着物の知識
着物好き女子
帯の結び方ってどんな種類があるのかしら?
着物好き男子
男性の帯の結び方も合わせて知りたいんです。
さとし
着物において帯の結び方は重要ですよね。
この記事ではそんな帯の結び方を、画像とともに解説していきます。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では以下の6種の帯結びをご紹介します。

①二重太鼓(袋帯)
②一重太鼓(名古屋帯)
③角出し(袋帯)
④文庫結び(振袖)
⑤貝の口(男性着物)
⑥浪人結び(男性着物)

この記事を通して帯結びの種類とそのTPOがわかります。

読み進めてみてください。

帯の結び方の種類【お太鼓結びを解説】

帯の結び方の種類【お太鼓結びを解説】

着物における帯結びといえばお太鼓になります。

まずはこの帯結びを見ていきましょう。

二重太鼓【留袖等にも使える王道の帯結び】

二重太鼓結び①
さとし
お太鼓結びは、江戸時代の後期に亀戸神社の太鼓橋の完成記念のお祭りで、深川の芸者がした帯結びが発祥と言われています。
その帯結びが太鼓橋に似ていたので、『お太鼓結び』と言われるようになったんですよね。

二重太鼓は袋帯(長さが約4m20cm以上)を締める時の定番の帯結びで、フォーマル・カジュアル問わず、広く使われている帯結びになります。

二重太鼓結び
着物好きマダム
やっぱり、この後ろ姿が特徴よね。
綺麗にお太鼓ができるようになるために、ずいぶん苦労したわ。
二重太鼓結び③

後述する一重太鼓との違いはこの部分で、帯の長さがあるので太鼓の部分が二重になります。

一重太鼓【名古屋帯を使うカジュアルな帯結び】

一重太鼓結び①
さとし
大正時代になって袋帯の改良版として名古屋帯が考案されました。
その名古屋帯を結ぶと一重太鼓になるんです。
一重太鼓結び②
着物好きマダム
名古屋帯はカジュアル向きで、一重太鼓も気軽に締めれる帯結びなのよね。
一重太鼓結び
さとし
袋帯より長さが短いため、お太鼓部分が一重になります。

角出し【粋さがでる帯の結び方】

角出し①
さとし
江戸時代から伝わる古い帯の結び方で、その後工夫がなされて今の形になっている帯結びです。
角出し②
着物好きマダム
お太鼓の下部分がシャープに角ばっているのが特徴なのよね。
カジュアルで粋な結び方になるの。
角出し③

帯の結び方の種類【豪華な振袖の帯結び】

帯の結び方の種類【豪華な振袖の帯結び】
さとし
振袖の帯結びは『変わり結び』と言って、袋帯のお太鼓部分を豪華にそして華やかに結びます。
この帯結びは非常に種類が多いのですが、ここでは一番シンプルな文庫結びをご紹介します。

文庫結び

振袖帯結び①
着物好き女子
やっぱり振袖の帯結びは豪華で素敵ね。
振袖帯結び② 振袖帯結び③

帯の結び方の種類【男の角帯の結び方】

帯の結び方の種類【男の角帯の結び方】
さとし
男性の着物の帯に角帯というものがあります。
そんな角帯の結び方を2種類、ご紹介します。

貝の口(かいのくち)

貝の口
さとし
貝の口は男性の帯結びではオーソドックスなものになります。
二枚貝の口のように見えることからこの名がついています。
貝の口②
着物好き男子
型崩れしにくく、結びやすい帯結びですよね。

浪人結び(ろうにんむすび)

浪人結び①
さとし
浪人結びは粋な結び方になります。
これも結び目が固定されるので、使いやすい帯結びです。
浪人結び②
着物好き男子
男性着物でも帯結びのバリエーションが広がると、楽しみが増えますよね。
着物好き女子
2つとも男性の帯結びとして紹介しているけど、女性の半幅帯の帯結びとしても使えるのよね。
粋な雰囲気になるので、着物の雰囲気に合わせて使うといいわ。

まとめ

ということで、帯の結び方の種類をまとめてきました。

さとし
もっと気軽に結べる『半幅帯』の結び方もまとめていますので、下記のリンクも参考にしてく下さい。

帯結びを工夫することによって、着物の楽しみは大きく広がります。

そんな着物の楽しみ方を知ってもらえたなら嬉しく思います。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y