着物の着付に必要な物【着付の順番で説明】

着物の知識
さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています。

最近は、着物の着付が人気です。

『着物を着れるようになりたい人』が増えてるんですよね。

 

そんな『今から着物の着付を習いたい人』の…

着物の着付に必要な物って何があるのかしら?
お客様
お客様

こういう疑問に答えていきます。

 

まずは、前提として…

①着物
②帯(→袋帯)
③襦袢(→2部式ではなく1枚もの)

この3点は『当たり前』として、話を進めていきます。

 

その上で『着物の着付に必要な物』についてまとめました。

着付に必要な物は、『着付をする人』や『やり方』によって若干の違いがあります。

でも大きくは違いはありませんので、参考にしていただけると思います。

着物の着付に必要な物【着付の前の必要物】

着物の着付に必要な物【着付の前の必要物】

着物の着付をする前に『必要な物(準備)』があります。

まずは、そこから説明していきます。

補正の必要物

着物はいわゆる『寸胴(ずんどう)体型』である方が着姿が綺麗です。

でも、女性の身体はは凹凸があるので、それを補正する為の『和装小物』が必要となるんですよね。

和装ブラジャー

和装ブラジャー

女性の身体の一番の凹凸は『胸』ですよね。

それを補正するための小物です。

特に胸の大きな方には必須アイテムです。

タオル

タオル

これも身体の凹凸を補正する為に使います。

主にウエストの補正です。

3枚あれば充分です。

肌着

肌着は通常の下着の上に使います。

ワンピース肌着

ワンピース肌着

写真のように上下がつながっている『ワンピースの肌着』があります。

使いやすいし、値段もお得です。

肌着(上)と裾除け(下)という上下が分かれているセットもあります。

衿芯(えりしん)

衿芯

衿芯は長襦袢の内側から入れていきます。

衿を綺麗に見せる為の必須アイテムですし、衿芯を入れておいた方が着付もしやすいです。

事前に準備しておきましょう。

着物の着付に必要な物【長襦袢を着る】

着物の着付に必要な物【長襦袢を着る】

次に長襦袢を着ていきますが、その時に必要となる『和装小物』を紹介していきます。

腰紐(こしひも)

腰紐

まずは腰紐が一本必要です。

長襦袢の前を合わせた時に腰紐で締めます。

コーリンベルト

コーリンベルト

コーリンベルトは長襦袢の着付に使わないという人もいますが、襟元が綺麗に見えるので紹介しておきます。

伊達締め(だてじめ)

伊達締め

伊達締めは襦袢を最後に留めるのに使います。

えもん抜き

えもん抜き

衿を綺麗に抜く為に必要な『和装小物』です。

襦袢に縫い付けて使います。

着物の着付に必要な物【着物を着る】

着物の着付に必要な物【着物を着る】

メインの着物を着ていく為に必要な『和装小物』を説明します。

腰紐(こしひも)✖️2

腰紐

腰紐は2本必要です。

コーリンベルト

コーリンベルト

衿を綺麗に見せる為に必要です。

着物を着るには必須アイテムです。

伊達締め(だてじめ)

伊達締め

最後に着物を留めるのに必要な『和装小物』です。

着物の着付に必要な物【帯を締める】

着物の着付に必要な物【帯を締める】

帯を締める為に、必要な『和装小物』を紹介します。

帯板(おびいた)

帯板

帯を締める前に帯板をあてます。

これがないと、帯がボコボコに見えてしまいます。

帯枕(おびまくら)

帯枕

帯のお太鼓を上げる為に使います。

袋帯、名古屋帯を締める時には必須アイテムです。

帯締(おびじめ)

帯締め

いわゆる『着物のベルト』です。

表に出るので、着物や帯に合っている物を選びます。

帯揚(おびあげ)

帯揚

同じく『着物におけるベルト』です。

これも表に出るので、コーディネートが重要なポイントです。

着物の着付に必要な物【補足】

着物の着付に必要な物【補足】

上記以外の着物を着る為に必要な物をまとめています。

足袋(たび)

足袋

必須の足袋です。

当然、着物とTPOにあった物を選びます。

草履(ぞうり)

草履

足袋と同じく、その着物にあった物を選びます。

まとめ

ということで、『着物の着付に必要な物』についてお話ししてきました。

 

紹介した物を下記で『一覧』にしました。

・着物・帯・長襦袢
・和装ブラジャー
・タオル3枚
・ワンピース肌着
・衿芯
・腰紐3本
・コーリンベルト2本
・伊達締め2本
・えもん抜き
・帯板
・帯枕
・帯締
・帯揚
・足袋
・草履

こういう形で覚えておくといいと思います。

是非、着物の着付を覚えて、もっと着物を楽しみましょう。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y