【着物の種類】単衣について〜見分け方・時期・合わせ方〜

着物の知識
●着物の単衣の特徴とは?
●着物の単衣の見分け方とは?
●単衣の着物を時期って?

●単衣にするべきか…?袷にするべきか…?
●単衣の着物に合わせる帯って?
さとし
着物は素材と仕立て方で、『袷(あわせ)』『単衣(ひとえ)』『夏物(なつもの)』の3種類に分かれます。
洋服と同じく季節や寒暖に合わせて着分けるのですが、一応のルールも存在します。
この記事では、そんな単衣について網羅的に解説していきます。

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし
・着物の営業・販売歴18年
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は独立して、着物の制作にたずさわりながら全国で着物の提案活動をしています

この記事では、以下の2点で『袷』『単衣』『夏物』を詳しく解説していきます。

●特徴と見分け方
●『着分け』について具体的に考える

タイトルにもあるように、この記事は『単衣推し』です。

その理由は読み進めるうちに、明らかになっていきます。

【着物の種類】単衣について〜特徴と見分け方〜

単衣という着物の種類【特徴と見分け方を解説】
さとし
まずは『袷』『単衣』『夏物』の特徴と見分け方を解説していきます。
この基本的な知識を得ることで、選び方を考えることができます。

『袷』『単衣』『夏物』の特徴と見分け方

まず、袷と単衣の違いは、『裏地があるかないか』です。

 

袷は、胴裏(どううら)と八掛(はっかけ)という裏地を、表地にあわせて仕立てます

単衣は、裏地を基本的に使わずに、表地一枚で仕立てていきます。

『居敷当(いしきあて)』『衿裏(えりうら)』『背伏(せぶせ)』 と言われる縫い目などを補強する裏地を使うことがあります。
着物好き女子
洋服でも裏地があるなしの違いで『あわせ・ひとえ』と言いますよね。

 

夏物はそもそも素材が違います

『絽(ろ)』『紗(しゃ)』『羅(ら)』と呼ばれる薄地の透け感のある生地を使って仕立てます。

絽の素材
さとし
上の写真は横段に透け感のある『絽』の生地です。
夏物はこのような透け感が特徴となるので、見分けはつきやすいです。

 

着物好き女子
確かに、夏物は見分けやすいわ。
でも袷と単衣は見分けが難しいのよね。
さとし
そうなんです。
裏地のある無しという違いなので、着物をめくってみるのが一番早いのですが…
着物好き女子
そんなことできないわ…

 

袖口と裾をよく見ると『八掛(はっかけ)』という袷の着物に使われる裏地を確認することができ、それで見分けることもできます。

 

着物好き女子
でも、よっぽど注意深くみないとわからないわ…
さとし
そうなんですよね。
つまり『袷と単衣は明確に違いはあるけど、見た目にはほとんど変わらない』ということなんです。
着物好きマダム
確かに、『これ単衣なのよ』って言うと大体の人が『そうなんだ!?』ってリアクションよね。
言われないとわからないくらいの違いってことなのよね。

単衣という着物の種類【着分け方を具体的に考える】

単衣という着物の種類【着分け方を具体的に考える】

冒頭、『単衣推し』という話をしていますが、ここで明らかにしていきたいと思います。

【参考程度…】単衣の時期とは?

『袷』『単衣』『夏物』の着分けには、一つの答えがあります。

これはお茶の世界での基準で、一応着物の業界のルールとされています。

いかに示します。

10月~5月=袷(あわせ)
6月と9月=単衣(ひとえ)
7月と8月=夏着物
着物好き女子
随分と袷を着る期間が、長いように感じますよね。

几帳面な日本人が好きそうな、明確ででわかりやすい基準なのですが、全てをこれでいくには無理がありそうに感じるのです。

さとし
そもそもこういうものって、決められてもいない限り『自由』でいいはずですよね。

ただ、知識としては持っておいてもいいので、最初に解説した次第です。

日本の気候で考える

日本は四季が違いがある、そんな国です。

ただその境目は、当たり前の話なんですが『曖昧』ですよね。

さとし
12月くらいでも、天気がよくて風がないなら暑く感じることがありますし、4月くらいにびっくりするくらい寒いこともありますよね。
着物好き女子
気温って、その人それぞれに感じ方も違いますもんね…

だから、月毎できっぱりと着るものを分けると言う発想に無理があるんですよね。

着物は重ね着である

着物は単衣だろうと袷だろうと、そして夏物でもその下に長襦袢を着ます。

Tシャツみたいに、一枚で着ることはゆかたくらいしかありません。

着物好きマダム
着物にはその上に、羽織るものもあるのよね。
寒い時はそれを着るようにしてるわ。

さらに着物には洋服と違い『半袖』というものがありません。

さとし
まあ、作ることができないわけではないのですが、一般的ではありません。
ということは、着物って基本的に『冬寄り』だと言えるのかもしれません。

つまり『着物ってどちらかと言うと暑いもの』だと言えるのです。

着物を着る場面って

さとし
私はもっと日常に着物を着てほしいと思い活動しています。
ですが、着物は『本当の意味』での日常着にはならないとも思っているんですよね。

例えば、雪が降り積もる中、着物で外を歩くことはありません。

そもそも危ないです。

逆に、炎天下でも着物は着ませんよね。

最近の日本の夏の暑さは異常で、着物だろうが何だろうが『炎天下の屋外』に出てはいけません。

命の危険につながります。

さとし
これを考えても、着物を着るときは『快適に着る』ってことを重要視すればいいんです。

まとめ【『単衣推し』の理由】

まとめ【『単衣推し』の理由】
さとし
ということで着物自体は、単衣でつくるほうが『機能的』と言えるんですよね。
寒かったら、何かを羽織ればいいのです。
単衣の上に何かをはおることがダメということはありません。
逆に暑くても、『重ねて着ていること』を変えることはできないんですよね。

さらに単衣と袷は見た目にも違いがわかりにくいんですよね。

今、着物業界は薄物ブームでもあります。

薄い透け感のある着物が、『夏も単衣も兼用』という事で幅を利かせているんですね。

これも着やすさ(機能性)を重視した発想だと思います。

特に『着物をカジュアルで着て楽しむ』という事であれば、スタイルは自由です。

それならば『単衣のほうが着やすい』と考えるんですよね。

さとし
さらにこの流れは『フォーマル』も例外ではないと思います。
現に洋服はそうですからね。

『もっと自由に、楽しくそして着やすく』

こうやって着物の可能性を追求していただけると、嬉しく思います。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y