着物の色の種類『紫』

着物の色
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしております。
この道15年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。
今は着物の店舗で店長をしています。
このブログでは、私の着物の知識や営業・販売での経験をもとに綴っています。

着物は着本的にその形状が同じです。

袖の長さや、衿の形に違いはあったりしますが、『ゆかた』でも『着物』でも見た目の形はほとんど一緒です。

 

だから、色が非常に重要になってくるんですよね。

今回はそんな『着物の色・紫の章』をご紹介します。

『着物の色シリーズ』の第7弾です。

着物選びの参考にしてくれると嬉しく思います。

着物の色の種類『紫』【高貴な色の色々】

紫(むらさき)

聖徳太子でお馴染みの『冠位十二階』。

その最高位にあたる色がこの『紫』とされています。

なので紫は今でも、高貴な色とされています。

 

そんな堅い話はさておき、紫の基本の色です。

着物色としてはめっぽう多い色なんですよね。

 

どんなシーンでも、どんなコーディネートでもあわせやすい色なんですね。

藤色(ふじいろ)

紫を薄くしたこの色。

『藤の花』の色ですよね。

 

この色も、着物の定番です。

 

優しい印象になるので、フォーマルな色としてつかいやすい色でもあります。

 

帯揚げや、帯締めなどの小物にもよく使われる色で、これさえあれば間違いないと思える色です。

古代紫(こだいむらさき)

赤みをおびた紫(赤紫)です。

次にでてくる『江戸紫』に対する色なんです。

ちょっとくすんだ紫です。

江戸紫(えどむらさき)

青みをおびた紫(青紫)です。

先の『古代紫』の対の色ですよね。

歌舞伎の助六の鉢巻きの色としても有名です。

紫のコーディネート

綺麗にあわせるなら『白』(フォーマルテイスト)

紫に『白』の帯をあわせると、フォーマルな装いには最高の組み合わせになります。

上品な印象になり、誰が見ても目にも優しい色合いですよね。

 

年代も問わないので、まさに万能なあわせ方と言っても過言ではありません。

モダンにあわせるなら『黒』(カジュアルテイスト)

紫に黒をあわせると、個性的な印象になります。

『かっこいい系』と呼ばれる色のあわせ方ですよね。

 

紫は『色気』がでる色でもあるので、その印象を強めるのにいいあわせ方ですよね。

 

『赤』をあわせると、それがさらに強くなるという印象です。

まとめ

今回は紫の色をご紹介しました。

着物の色のあわせ方は、むずかしいところもありますが、着物選びの醍醐味でもありますよね。

 

あなたにあった『色』が見つかることを願っています。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y