【着物の色の種類】赤〜個性の演出の仕方〜

着物の色
●着物に使われる赤ってどんな色なの?
●赤の着物に合うコーディネートって?

着物のその形は、ほぼ決まっています。

さとし
なので、着物にとって『色』は非常に重要です。
この記事では、そんな着物の色の『種類』『TPO』『コーディネート』について、お話ししていきます。
ここでは『赤』を取り上げます。

 

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を18年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

 

この記事では、以下のことをお話しします。

・赤の持つ意味と着物における赤
・赤の着物に合うコーディネートの基本

赤の着物の魅力を再発見できる内容です。

着物のコーディネートの参考にもしてみて下さい。

【着物の色の種類】赤〜それは女性の憧れ〜

【着物の色の種類】赤〜それは女性の憧れ〜
着物好き女子
赤の着物といえば、『振袖』が思い浮ぶわよね。
さとし
確かに、振袖は今も昔も人気NO1のカラーです。
着物好きマダム
振袖自体に華やかさがあるけど、その中でも赤の振袖は、一番華やかと言ってもいいわよね。
振袖の華やかさ

 

着物好き女子
打掛の色も赤が多いわよね。
打掛とは『着物の上に着る着物』、現代では主に婚礼時の花嫁が着用します。
赤の打掛
着物好きマダム
やっぱり、お祝いの主役女性の着物の色は、『赤』ってイメージよね。

 

さとし
『赤』は血の色で、その意味も含めて格調が高いとされています。

一世一代の場面に着用する着物の色として相応しい『見た目』と『いわれ』なんです。

可愛らしさのある赤【子供の節目も赤の着物で】

着物好きマダム
赤は『子供の着物』にもよく使われる色よね。
子供が着る赤

 

さとし
赤は可愛い印象の中でも格調の高さを演出できる『誰が見ても安心の色』なんですよね。

魅力的な大人の赤

さとし
そんな赤ですが、大人が着るとこれがまた魅力的な色になるんですよね。

赤にも濃淡があり、使い分けで華やかになったり、妖艶になったりもするんです。

 

着物好きマダム
でも赤は、少し着るのに勇気のいる色なのよね。
さとし
確かにそう言われる人は多いですが、そこはコーディネートです。
自分に合った赤の着こなしを見つけることも、着物の楽しみでもあるんですよね。

【着物の色の種類】赤〜そのコーディネート〜

【着物の色の種類】赤〜そのコーディネート〜
着物好きマダム
赤の着物ってどんなコーディネートがいいのかしら?
さとし
ここでは、赤に合う色とコーディネートの基本をお話ししていきます。

赤の着物に金を合わせる【格調をより高く】

さとし
赤の着物に金の帯を締めると『華やかさと格調』を演出できます。
着物好きマダム
誰しもが認める、豪華絢爛なコーディネートね。
赤の振袖に金の袋帯
赤の振袖に金色の袋帯を合わせた豪華なコーディネート。

 

着物で『格調の高さ』を演出したい時は、この合わせ方がおススメです。

赤の着物に白を合わせる【可愛らしさを付け加える】

さとし
赤は白い帯との相性も抜群で、『可愛らしさ』や『上品さ』を演出できる色合わせになります。
着物好き女子
赤が持つ『強さ』を中和するコーディネートね。

 

赤を着るのに『気恥ずかしさ』や『抵抗』を感じるなら、積極的に取り入れたいのが『白』です。

赤に黒を合わせる【強さとかっこよさを加える】

さとし
赤と黒のコーディネートは、かっこいい系です。
着物好きマダム
『赤の強さ』と『黒の強さ』で、色気をともなった強いコーディネートになるわね。
赤の袋帯に黒の着物を合わせる
黒地の着物に赤の帯を合わせて、インパクトのあるコーディネート。

 

金や白よりカジュアルなイメージにもなるのが、このコーディネートです。

まとめ

☆この記事で話したこと☆
✔︎赤は華やかさと格調を演出する主役の色
✔︎赤の着物に合うコーディネート
 →豪華絢爛さを演出する『金』
 →上品さと可愛らしさを演出する『白』
 →かっこよさと色気を演出する『黒』

赤の着物はやはり個性を引き立たせます。

さとし
でも、今は個性で着物を着る時代です。
なりたい自分を色で演出するのは、着物の醍醐味なんです。

 

ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y