【まとめ】男性着物にとって羽織の存在とは?

男性着物
さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています

男性の着姿に『羽織』の存在は重要です。

さとし
さとし
本当に重要なんです。
羽織のない『男性の着姿』は格好がつきません。

今回はそんな『男性着物のとって重要な羽織』の話をしていきます。

・羽織(上物)の種類
・羽織の役割
・羽織の選び方
さとし
さとし
私、さとし、着物を着たい男性を全力で応援しています。
ぜひ、着物を始めてみましょう!

男性着物にとって羽織の存在とは?【種類と役割】

男性着物にとって羽織の存在とは?【種類と役割】

女性の着物では、そこまで羽織の重要性は言われません。

女性の着姿は、着物と帯のコーディネートの方が目を引くからです。

対して『男性の着姿』は基本的にはシンプルなものが多いので、『着姿のシルエット』の方が重要で、その為に羽織の存在は欠かすことができません。

さとし
さとし
論より証拠!
羽織をしてる着姿と、してない着姿を見比べてみましょう。
着流し

これが羽織をしていない男性の着姿です。

『着流し姿』とも言われます。

羽織姿

同じ着物に羽織をした着姿です。

やはりグッと締まりますよね。

羽織をはおることによって、男性の着物は社交着となります。

羽織の種類

男性の着物における『上物(着物の上に羽織るもの)』は羽織だけではありません。

まずは羽織を含めた代表的な『男性着物の上にはおるもの2つ』をご紹介します。

羽織

男性着物の上物の定番は『羽織』ですよね。

『アンサンブル』と呼ばれる、着物と生地を同じくしたセットもありますし、着物と羽織を別物として作る場合もあります。

素材は多岐にわたり、薄手の生地で羽織を作る場合もあります。

より気軽に着れるんですよね。

色は様々ですが、柄は基本的には着物と同様に無地です。

当然、お洒落のスタイルはその可能性を大きく広げており、柄がある羽織や着物を男性が着用することもあります。

陣羽織

陣羽織

陣羽織は上記の写真の様に、袖のない羽織です。

武将が鎧の上に着ていたことから『陣』羽織と呼ばれます。

陣羽織

これですね。

袖がないので羽織より気軽にはおれます。

用途もカジュアル寄りですよね。

さとし
さとし
ちなみに陣羽織は、洋服(限られますが)の上にはおってもお洒落です。
和の雰囲気を味わうのに最適なんですよね。

羽織の役割

次は羽織の役割を見ていきます。

役割①【防寒】

当たり前ですが、羽織は着物と重ねて着るので防寒の意味があります。

ただ着物は真冬に外で着る場合には、羽織だけでは完璧に防寒できません。

衿周りと、足元の防寒対策は必須です。

さとし
さとし
着物って案外寒い。
覚えておいて下さい。

役割②【社交着として】

男性着物は、羽織と袴を履くことによって礼装に近づいていきます。

その最上格が『紋付羽織袴』ですよね。

紋付羽織袴

ここまでいくと完全にフォーマルですが、男性着物は羽織をはおることで社交着としての範囲が広がります。

『ジャケット』をはおると言うとわかりやすいですよね。

役割③【ファッションとして】

冒頭にも言った通り、男性の着姿にシルエットとしての『羽織』を欠かすことはできません。

羽織をはおることによって、『格好がつく』という言い方が一番ピンときます。

男性着物の羽織の選び方

羽織の選び方は大きく分けて2種類あります。

『誂(あつら)えて作る』『既製のものを買う』です。

さとし
さとし
女性がはおる『羽織』もありますが、男性用とは形が違います。
ご注意ください。

誂えの羽織を作ろう

誂える場合は『反物』から選びます。

男性用は着物でも同じことが言えるのですが、現状『男性用の反物は数が少ない』というデメリットがあります。

着物屋さんで扱っている反物は、ほとんどが女性用に作られたものなんですよね。

ですが女性用として作られた反物も、仕立て方で『男性羽織』にすることはできます。

そのほうが『種類が豊富』なので、自分好みの羽織を作ることができるんですよね。

寸法(サイズ)の問題が出てくることがありますが、『足し布』をして仕立てることでその問題は解決します。

ちなみに陣羽織の場合には『寸法で悩む』ことはありません。

さとし
さとし
既製の羽織もありますが、数が少ないので気に入ったものを探すのに苦労をします。
根気よく自分のお気に入りを探すのも手ですよね。

まとめ

男性着物が広まれば広まるほど、当然選択肢も広がっていきます。

そうなるように、男性着物を応援したいんですよね。

さとし
さとし
そんな活動と発信を僕のブログでは展開しています。
よかったら、他の記事も覗いてみてください。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y