男性着物の歩き方『3点』【かっこよくて着崩れない方法】

男性着物
さとし
私さとし。
●着物の営業・販売歴16年
●着物の店舗運営11年(店長歴)
●現在は独立して着物の制作にたずさわっています

男性着物を始める人が増えてきています。

でも、着物ってなかなか慣れないものですよね。

着物好き男子
男性着物を着た時の『歩き方』ってあるんですか?
さとし
あります。
ということで、この記事では男性着物を着た時の『かっこよくて着崩れない』歩き方をお話ししていきます。

ポイントは以下の3点です。

①背筋を伸ばして歩く
②足を外側に出すようにして歩く
③歩幅は若干狭めを意識して
さとし
私、さとし。
男性の『着物好き』を心から応援するものです。
読み進めて『きもの街道』を突き進みましょう!

男性着物の歩き方『3点』【かっこよくて着崩れない方法】

男性着物の歩き方『3点』【かっこよくて着崩れない方法】

それでは早速、3つのポイントをお話ししていきます。

どれも意識を変えるだけの簡単なことです。

すぐに実践してみてください。

背筋を伸ばして歩く

まずは『背筋を伸ばして歩く』です。

日本人は『猫背』の人が多いですが、着物を着て歩く時は『堂々としたたたずまい』でありたいですよね。

さとし
ポイントは『衿からうなじを離さない意識』で歩くことです。

着物を着る場合、女性は衿を抜いて着付けますが、男性は衿はうなじにそって着付けます。

なので、衿からうなじを離さないように意識すると、自然と背筋が伸びるんです。

慣れないうちは少し堅苦しいかもしれませんが、頑張ってみてください。

さらには、良い姿勢は健康にもいいことなんです。

さとし
かっこよくみられて、健康にもなれる。
まさに一石二鳥、着物を着る時の姿勢は十分に意識する価値ありです。

足を外側に出すように歩く

次は『足を外側に出すように歩く』です。

図のように足を外側に出して歩くことで、着崩れなく歩くことができます。

さらに…

歩幅は若干狭めを意識して

いつもより『歩幅を狭めることを意識』して、歩いてみてください。

こうすることによって、さらに着崩れなく歩くことができるんですよね。

男性着物は女性と違って、着崩れやすいです。

その若干の着崩れも男性着物のかっこよさなんですが、あまり着崩れるとだらしない印象になりますよね。

意識してみるだけで、結果は全然変わってくるんです。

男性着物はかっこよく着なくちゃ始まらない

男性着物はかっこよく着なくちゃ始まらない
さとし
男性着物はかっこよく着ないと始まらないと思いませんか?
着物好き男子
思います!!!

着物のかっこよさは着物自体にもありますが、その人の仕草だったり振る舞いだったりします。

着物好き女子
女性着物でもそうなのよ!
やっぱり着物を着た時の仕草で女性らしさが出るのよね。

着物には魅力がたくさんあるんです。

少しの努力で、その魅力が自分のものにできる着物、もっときてみたいと思いませんか?

 

さとし
では、よき『きもの』ライフを!