着物に使われる柄の種類〜龍〜【神の化身】

着物の柄

恒例の『着物に使われる柄の種類』シリーズです。

『龍(りゅう)』という柄について以下でまとめていきます。

●柄の意味
●着物での使われ方

内容に入る前に少しだけ、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売の仕事を16年
・着物の店舗運営(店長歴)を11年
・現在は独立し、着物の制作にたずさわりながら、全国津々浦々で着物の提案活動をしております

着物に使われる柄の種類〜龍(りゅう)〜

着物に使われる柄の種類〜龍(りゅう)〜

龍は中国では【神様】であり、中国の象徴ですよね。

中国歴代の皇帝は、『龍の化身』とされてきました。

日本でもそんなイメージがあり、干支の十二支も『辰』だけが架空の生物になっています。

龍の体は九つの動物からなると言われています。

以下の動物たちです

角は鹿
頭は駝(ラクダ)
眼は兎
胴は蛇
腹は蜃(蜃気楼をつくる架空の生物)
鱗は鯉
爪は鷹
掌は虎
耳は牛
さとし
強そうなイメージと、極道的なイメージもありますが、非常に縁起のいい柄であることも間違いないんですね。

フォーマルでもカジュアルでも、よく使われる柄です。

個性を追求したい人は、是非ともチャレンジしてほしい柄になります。

着物での使われ方

さとし
龍の柄は、着物でも帯でも多くに使われます。
描き手によって龍はいろんな表情を持ちます。
自分の好みの龍を見つけて欲しいんですよね。
着物好きマダム
辰年の人からすると、自分の守護神のように感じている人もいるわよね。

縁起のいい柄として、フォーマルシーンでも広く使われます。

特に男性は『龍』の柄を好んで使うことが多いんですよね。

チャレンジして欲しい着物の柄になります。

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

下記のリンクでは『着物に使われる柄の種類』をまとめていますので、そちらもご覧になってください。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y