着物に使われる柄の種類〜鹿の子〜【動物からきた模様】

着物の柄

恒例の『着物に使われる柄の種類』シリーズです。

『鹿の子(かのこ)』と呼ばれる柄について以下でまとめていきます。

●柄の意味
●着物での使われ方

内容に入る前に少しだけ、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売の仕事を16年
・着物の店舗運営(店長歴)を11年
・現在は独立し、着物の制作にたずさわりながら、全国津々浦々で着物の提案活動をしております

着物に使われる柄の種類〜鹿の子(かのこ)〜

着物に使われる柄の種類〜鹿の子(かのこ)〜

『絞りの柄』として非常に有名で、名前の由来は『鹿の子供の斑点』からきています。

これです。

鹿の子

鹿の子絞りは、生地を糸でクルクルと巻いていき、そして染料につけて染めます。

巻いたところが染まらないので、こういう柄になるんですよね。

着物での使われ方

さとし
鹿の子柄の総絞りの着物は、大変高価なものです。
訪問着や、振袖に使われ豪華な印象があるんですよね。
着物好きマダム
子供も着物の柄としてもよく見るわね。

子供の着物の場合はその可愛らしさを強調します。

なので、女の子の着物の柄としてよく使われるんですよね。

振袖に合わせる『帯揚』にも鹿の子はよく使われ、やはり華やかな印象となるんですよね。

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

下記のリンクでは『着物に使われる柄の種類』をまとめていますので、そちらもご覧になってください。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y