着物に使われる柄の種類〜麻の葉〜【ロングセラーの柄】

着物の柄

恒例の『着物に使われる柄の種類』シリーズです。

『麻の葉(あさのは)』と呼ばれる柄について以下でまとめていきます。

●柄の意味
●着物での使われ方

内容に入る前に少しだけ、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売の仕事を16年
・着物の店舗運営(店長歴)を11年
・現在は独立し、着物の制作にたずさわりながら、全国津々浦々で着物の提案活動をしております

着物に使われる柄の種類〜麻の葉(あさのは)〜

着物に使われる柄の種類〜麻の葉(あさのは)〜

植物の麻を抽象的に表した柄になります。

元々は、仏教の尊像の衣服の柄として使われていました。

江戸時代は産着としても定番となり、歌舞伎役者が衣装として使った柄でもあります。

浮世絵でも着物の柄として描かれます。

最近では『鬼滅の刃』のキャラクターがこの柄の着物を着て大ブームになっています。

さとし
日本史上、最もロングセールスを続けている柄なのかもしれません。

着物での使われ方【男性着物としても】

さとし
着物の柄としては万能で、あらゆる角度から使われます。
様々な麻の葉を基本としたデザインが今なお生み出されています。
着物好き男子
男性の着物にも多く使われているし、何よりかっこいいですよね。

麻の葉柄には『粋』さが十分にあるし、大柄で表現した時には『色気』も感じさせてくれるんです。

これからも人気であり続ける柄でなんですよね。

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

『着物に着物に使われる柄』シリーズ

下記のリンクでは『着物に使われる柄の種類』をまとめていますので、そちらもご覧になってください。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y