着物に使われる柄の種類〜青海波〜【その意味を考える】

着物の柄

恒例の『着物に使われる柄の種類』シリーズです。

今回は『青海波(せいがいは・せいかいは)』と呼ばれる柄について以下でまとめていきます。

●柄の意味
●着物での使われ方

内容に入る前に少しだけ、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売の仕事を16年
・着物の店舗運営(店長歴)を11年
・現在は独立し、着物の制作にたずさわりながら、全国津々浦々で着物の提案活動をしております

着物に使われる柄の種類〜青海波(せいがいは・せいかいは)〜

読んで字のごとく、『波』を文様化した柄ですよね。

着物にもよく使われる柄ですし、和柄の小物にも使われるなじみの深い柄ですよね。

もともとはペルシャのが発祥の柄です。

この柄に限らず『シルクロードの出発点であるペルシャ』からの文様や文化は、日本にはたくさん入ってきているのです。

着物仙人
この無限に広がる穏やかな波の紋様には、『平和な暮らしへの願い』が込められているのじゃ

着物での使われ方

さとし
こういった幾何学紋様は、着物にまつわるものには広く使われています。
裏地に使われることも多い柄です。
着物好き男子
男性の着物にもよく使われますよね。

こういう海の柄は、季節感がないしコーディネートもしやすいので、非常に使いやすい柄と言えます。

粋さも感じられる万人に受け入れられる柄でもあるんですよね。

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

『着物に使われる柄の種類』シリーズ

下記のリンクでは『着物に使われる柄の種類』をまとめていますので、そちらもご覧になってください。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y