【画像】着物の種類〜江戸小紋について〜

着物の柄
着物好きマダム
江戸小紋ってどういう着物なのかしら?
さとし
この記事ではそんな素朴な疑問に答えていこうと思います。

その前に、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は独立して、着物の制作にたずさわっています。

着物にはいろんな種類がありますよね。

今回は、そんな素朴な疑問に答えていこうと思います。

着物の種類〜江戸小紋について〜

着物の種類〜江戸小紋について〜

武家の正装には裃(かみしも)が用いられ、その裃(かみしも)の模様付が江戸小紋の発祥になります。

江戸時代、当初はそれぞれの大名がその模様付の豪華さを競い合っていましたが、幕府からの規制が入ってしまいます。

『贅沢は禁止』ということです。

『派手にすると怒られる』ので、遠くから見ると『無地』に見えるように模様を細かくするようになったんですね。

そのことが『作る技術』の発達に一役を買うことになります。

さとし
江戸時代は日本が非常に平和な時代でした。
こういう『今に伝わる文化』が発達する時代でもあります。
例えば、『歌舞伎』なんかもそうですよね。

江戸小紋の作り方

江戸小紋の作り方を『型紙作り』と『染色方法』で解説していきます。

型紙編

江戸小紋は『型紙』を使って染めます。

その型紙には『伊勢型紙』が使われます。

『伊勢型紙』は、『美濃和紙と柿渋』を張り合わせ『燻製と乾燥』によって作られた非常に強い紙を、柄を掘り抜いて作ります。

『伊勢型紙』の彫刻技法には、『錐(きり)彫り』『突(つき)彫り』『道具彫り』『縞彫り』があります。

さとし
江戸小紋の細かい柄を、規則正しく彫っていくのは『熟練の技』と『忍耐力』がいるんですよね。

染色編

まずは、木の板に生地を張ります。

その生地の上に型紙を置き、型紙の上から糊(のり)を置いていきます。

糊付けは、大きさや向きによって微妙な按配があり、高度な技術がいります。

型紙の大きさは約30センチくらいしかないので、約13メートルある着物の反物を染めるためには、40〜50回くらい型紙をずらしやっていきます。

さとし
その中で柄が少しでもズレると、ダメなんですよね。
大変です。
大変です。[/word_balloon]

江戸小紋の職人の中では『型付三年、糊八年、ヘラ九年でなりかねる』という言葉があり、一人前になるには20年以上かかるといわれています。

糊が置けたら『地染め』をし、着物を蒸して色を定着させます。

そうして染めムラがないか確かめ、あれば直して完成します。

江戸小紋の格

江戸小紋には柄によって『格』があります。

これがTPOになります。

『定め小紋』『留め柄』と呼ばれるものは、幕府によって定られたそれぞれの大名の裃の柄です。

これらの柄は『格調』が高く、フォーマル用途としても着れる江戸小紋となります。

『いわれ小紋』と呼ばれるものは、庶民が自分たちの生活にまつわるものを柄にしたものです。

いろんな柄があり、見ていて楽しいんですよね。

基本的にはカジュアル用途に使います。

さとし
江戸小紋はコーディネート次第でいろんな席に着ることができる、便利な着物なんですよね。
この記事では、後でそんな『江戸小紋の柄』も画像付きでまとめています。

さらに江戸小紋はその柄の細かさも『格』になります。

『柄の細かさ』は6段階あり、昔はお殿様に近い人が1番柄の細かい『裃(かみしも)』を着用していました。

さとし
こういう歴史を感じながら、着物を着るのも楽しいですよね。

江戸小紋の名前の由来

昭和30年に『小宮康助』が、江戸小紋の人間国宝に認定されました。

その時に、京小紋と区別するために『江戸小紋』と名付けられました。

【画像】着物の種類〜江戸小紋について〜

【画像】着物の種類〜江戸小紋について〜

『江戸小紋の柄』はかなりたくさんありますが、ここではその一部をご紹介します。

定め小紋・留め柄

『定め小紋』『留め柄』は上記でもあったように、幕府が定めた大名の裃(かみしも)の柄です。

鮫(さめ)

江戸小紋〜鮫〜
紀州徳川家の『留め柄』
小紋三役

鮫の皮のような半円形を重ねた文様です。

『江戸小紋の柄』では最も代表的な柄ですよね。

角通し(かくとおし)

江戸小紋〜角通し〜
信濃戸田家の『留め柄』
小紋三役

正方形が規則正しく並んでいます。

シンプルで美しい柄ですよね。

行儀(ぎょうぎ)

江戸小紋〜行儀〜
仙台伊達家の『留め柄』
小紋三役

『角通し』と似ていますが、配置が違います。

御召し十(おめしじゅう)

江戸小紋〜御召十〜
徳川家の『留め柄』

『十』と『点』が交互に並んでいます。

菊菱(きくびし)

江戸小紋〜菊菱〜
加賀前田家の『留め柄』

お花の菊を菱形で表し、規則正しく並んでいます。

なんか『格調』を感じますよね。

大小あられ(だいしょうあられ)

江戸小紋〜大小あられ〜
薩摩島津家の『留め柄』

気骨ある薩摩藩士の生き様を表したような柄です。

いわれ小紋

『いわれ小紋』は庶民が、普段の生活の中にあるものを柄にしています。

よく見たらわかるものばかりで楽しいんですよね。

大根とおろし金

江戸小紋〜大根おろし〜

これは大根と、おろし金の柄です。

これで『大根おろし』を作るんですよね。

思わず焼き魚が食べたくなる柄です。

蓑亀(みのがめ)

江戸小紋〜蓑亀〜

これは『蓑亀(みのがめ)』といって、甲羅に苔の生えた亀です。

『亀は万年』という言葉があるように、縁起のいい柄です。

苔が生えるほどの亀はさらに『長生き』の象徴なんですよね。

七転八起(ななころびやおき)

江戸小紋〜七転八起〜

これは、文字が柄になっています。

よく見てるとわかります。

面白いですよね。

まとめ

ということで、江戸小紋についてまとめてきました。

歴史と伝統があふれる染め物で、それでいて『江戸っ子』の遊び心を感じることのできる着物ですよね。

ぜひ、自分の好きな柄を探してみてください。

もっと着物が楽しくなるはずです。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y