着物を楽しみたい人必見!!【取付け簡単の超便利アイテム『半衿両面テープ』】

着物の管理・保管
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売の仕事をしています。
この道16年、お客様とともに着物の輪を広げてきました。
今は着物の店舗で店長をしています。
このブログでは、着物のあれこれや営業・販売のノウハウをお話ししています。

着物を着る時の重要ポイントは『衿元』です。

 

着物は形が同じなので『着こなし』が重要になるのですが、その中でもポイントとなるのが『衿元』なんですよね。

衿が綺麗に決まると『素敵な着姿』になります。

 

着物の衿のあわせ方についてはコチラ

着物の前合わせ【『右か左か?』いや『向かって右か左か?』】

 

そして、そんな着物の『衿元』を演出するのが『半衿』です。

『半衿』とは襦袢に縫い付ける『替え衿』のことです。
種類は色々あり、そのTPOに応じて付け替えて使います。

 

確かにそうなのよね。
でも『半衿』をつけるのって大変なのよね…
お客様
お客様
さとし
さとし
そうなんです!半衿を『縫い付ける』と簡単に言いましたが、それって実際には簡単にできるものではないですよね。

 

慣れているのならまだしも、着物を着るたびに『縫い付けないといけない』のは手間になります。

 

そんな悩みを持つあなたに、紹介したい商品がコチラです。

『半衿両面テープ』は文字通り『半衿』を縫い付けるのではなく「両面テープで張り付ける」、そんな商品です。

さとし
さとし
『縫い付ける』から『貼り付ける』、どう考えても難易度が下がった感じがするでしょ!

 

それでは紹介していきます。

半衿を付け替える『理由』と『メリット』

そもそも、どうして『半衿』は取り換えなければならないの?
お客様
お客様

そうですよね。

その素朴な疑問から答えなければいけません。

半衿付け替えの『そもそも』

そもそも『半衿』は、襦袢を『埃』や『皮脂』、『ファンデーション』から保護する為のものです。

 

『衿元』って着物だけでなく、Yシャツとかの洋服でも汚れやすいものです。

そして、正絹の着物は『汚れてしまう』と、綺麗にするのに手間がかかるものです。

さとし
さとし
着物はそれを見越して、衿が付け替えれるようになっているんですよね。
着物って合理的!

 

こまめに『半衿』を付け替えることで、着物を気持ちよく着ることができるんです。

『半衿』を変えることでよりおしゃれに

さらに顔に一番近い『半衿』を変えると、コーディネートの幅は大きく広がります。

 

フォーマルなものでは、刺繍をつけて豪華に上品にすることもできますし、カジュアルの『半衿』はありとあらゆる柄があります。

さとし
さとし
付け替えるだけで、着物の表情を一気に変えることができるんです。
着物って合理的!!

実際、『半衿』を変えるだけで、基本的にどんな着物でも合わせることができるんですよね。

 

さとし
さとし
後はその『半衿』が『できる限り付け替えやすくなれば』、もっと着物は着やすくなるんですよね。
では、その『半衿両面テープ』の使い方を次に説明します。

半衿テープの使い方

まずは、使い方を説明します。

 

①まずは半衿を2センチほど折りこみ、折り目ができるようにアイロンをかけます。

②それが、襦袢の内側(体側)になるように張り付けていきます。

③背中心から外側へ、『半衿両面テープ』を張っていきます。

④10センチくらいで、テープを切って間隔をあけるといいです。
(※調整が聞きやすくなるためです)

⑤内側(体側)に半衿を貼り付けたら、今度は外側(着物側)に張り付けていきます。

⑥襦袢の地衿にそのまま『半衿両面テープ』を貼り付けます。

⑦衿芯を内側にあわせ、包み込むように『半衿』を被せていきます。

⑧外側は半衿を折り込まなくて大丈夫です。

⑨シワにならないように張り付けます。

 

以上です。

言葉にすると、まったくわからないので『動画』でつけ方を実演しているものがありましたので、参考にしてみて下さい。

 

 

商品にも説明書がついていますが、自分でアレンジして簡単につけてしまって大丈夫です。

見えるところだけ綺麗にするというやり方でもいいですよね。

よりお得に感じてもらう為に

この半衿テープですが、価格は1000円以内で求めて頂けます。

 

ちなみに『仕立て屋さん』に半衿付けを頼むと2000円くらいかかります。

プロなので当然綺麗にはつけてくれますが、毎回それだとやっぱりコストが高いですよね。

 

この『半衿両面テープ』はなくなるまで使えますし、時間的にもすぐにできます。

どう考えてもお得なんですよね。

『半衿両面テープ』は邪道なのか

お客様の中には、これを『邪道』という人がいます。

 

着物は歴史と伝統があります。

半衿を縫い付けるというのも一つの文化なんですよね。

当然『裁縫』の技術も得ることができるんです。

さらにどうしても、テープで張り付けるということに抵抗を覚える人がいるのも事実です。

 

デメリットと考えられることを以下にまとめます。

①縫い付けるわけではないので、強く引っ張ると取れてします。
②張り付けた部分に、テープの糊が多少ではあるが残る
③『裁縫』という文化に触れられない

このあたりを考えて頂いたうえで、『半衿両面テープ』を使ってみるのもいいんですよね。

まとめ

さとし
さとし
着物の世界の一番の課題は『着物の人口を増やす』です。

やはり、『着物を楽しんで着る人』を増やしていかないと、未来はないです。

私、さとしもそのことに微力ながらお手伝いがしたいんですよね。

 

その為には、着物の『めんどくささ』や『経済的な負担』を減らすというのは重要であると思いますし、今はそういうものやサービスがたくさん出てきています。

 

その一つに、『着物のクリーニング』があります。
その話は以下のリンクでしていますので、参考にしてみて下さい。

 

今回お話しした、『半衿』の付け替えもその一つですよね。

この記事を通して、着物がもっと気軽に感じて頂けると嬉しく思います。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y