【すぐに対応して下さい】モラハラが原因で仕事を辞めたい

仕事を辞めたい
●上司からの言葉の暴力がひどくて耐えられない
●みんながいる前で、執拗に叱責された
●仕事でのミスや不出来を、人格の問題にされてしまう

こういった状況が日常的に続いていませんか?

さとし
さとし
モラハラは非常に危険です。
あなたの『心を蝕んでしまう恐れがある』からです。
仕事を辞めるのはいいけれど、仕事ができなくなるのは絶対によくないんですよね。

まずは『モラハラ(モラルハラスメント)』の定義についておさらいします。

・仕事のチームから仲間外れ(無視)にされる
・暴言を言われる
→『死ね』などの言葉や人格に関する言葉
・陰口を言う
・仕事に必要な情報を与えない
→仕事が失敗(滞る)するように仕向けられている
・過少な業務しか与えない
・プライベートに過剰に介入する
さとし
さとし
上記のようなことがあるのなら、とにかく早急に対応して下さい。
基準は『自分が感じた』で構いません
この記事では、モラハラを受けて苦しんでいる場合の『対応の仕方』についてお話ししていきます。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・営業・販売の仕事を17年
・店舗管理(店長職)を通じて多数の社員を育成・教育
・自身も会社を退職して独立・起業した経験あり

この記事では、以下の3点をお話しします。

・【衝撃】モラハラの体験談
・【意識】モラハラへの対応の基本行動
・【行動】モラハラからの逃走方法

対処法を知るということは、自分自身の防御力を高めることでもあります。

この記事を読んで、それを身につけて『絶対に自分を守って』ください。

モラハラが原因で仕事を辞めたい【体験談】

モラハラが原因で仕事を辞めたい【体験談】
さとし
さとし
基本的に『モラハラ』が原因で仕事を辞めたいと感じているのなら、あっさり辞めてしまいましょう。
最初にも言った通り『あなたの心が蝕まれる』ことが一番問題なんですよね。

モラハラをする人は、それが『クセ』になっています。

さとし
さとし
その『クセ』は本人が心から反省することで、直すことはできますが、あなたがそれを直すことはできません。
そして多くの場合、どんどんエスカレートしていきます。

基本的に仕事上の人間関係は『フォーマル』なモノでなくてはいけません。

モラハラをする人は『フォーマル』と『カジュアル』の境目が曖昧な人で、幼児性がある人と言えるんですよね。

さとし
さとし
そんな人からは、『早々に逃げる』ことをオススメします。
そう思ってもらうためにも、少しだけ私の体験談を聞いて下さい。

間接的な叱責で攻撃してくる話

さとし
さとし
モラハラの上手な人は、ありとあらゆる手を使って、追い込んでくるものです。

当時、営業成績が悪かった私は、会議に出るのが億劫でした。

営業の成果順に並ばされる会議は、生きた心地がしなかったんですよね。

会議には社長が来て話をするのですが、営業成績の悪い僕に話を振ってきます。

自信のなかった私は、明確な答えも出せずに会議は進みす。

そんな時の社長は、私には直接叱責をしたりしません。

さとし
さとし
でも休憩時間になると、私の直接の上司を呼び出して大声で怒鳴りつけているんです。
『なんなんだあいつは!』と…

当然同じ部屋でのことなので、私はもちろんその場にいる全員がその光景を目の当たりにします。

さとし
さとし
まあ、直接叱責を受けているわけではないのですが、それ以上にダメージを喰らうんですよね…

ミスを見つけて完全な人格否定された話

さとし
さとし
モラハラをしてくる人は、感情的になりやすい人です。
自分をコントロールできない人は、あっさり人を傷つけるものです。

ある事務手続きに不備があったので、その担当上司から電話がありました。

その事務手続きは私の担当ではなく、直属の上司の担当です。

直属の上司は不在だったので、その旨を伝えると明らかに不機嫌になっていきました。

それで電話は終わったのですが、1時間くらいで再度電話がありました。

さとし
さとし
その間に、私のミスを探していたんですね。
ある記入漏れを指摘されました。

そこから『どうしてなんだ?』という展開になるのです。

記入漏れはミスなので、もう再度記入し直すしか手はないのですが、『どうしてなんだ?』の攻撃は終わりません。

さとし
さとし
最終的には、『書いてる文字が読めないのか?お前は本当に日本人か?』となったんですよね。

遊びの延長で傷つけてくる人の話

さとし
さとし
モラハラしてくる人は、公私の区別がつきません。
遊びの延長線上で人を傷つけてきたりします。

ある上司から、『疲れていないか?』と聞かれました。

『疲れている』と言うと、それは『足に原因があるから治療してやる』と言うんです。

大丈夫だといっても、治療してやると言うんです。

そうして周りの部下を使って、私を羽交い締めにして太ももの上に乗ってきたんです。

本人は遊びのつもりなんですよね。

さとし
さとし
『やめて下さい』といっても、執拗に繰り返します。
最終的に抗議をすると『治療してた』と言うんですよね。
話にならないんです。

モラハラが原因で仕事を辞めたい【対応の基本】

モラハラが原因で仕事を辞めたい【対応の基本】
モラハラを受けたら、どうすればいいんですか?
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
ここでは覚えておいてほしい『モラハラに対応する基本行動2点』をお話しします。

【モラハラ対応基本行動①】記録をつける

モラハラを受けたと感じたら、それをしっかり記録するようにして下さい。

何を記録すればいいのですか?
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
『いつ』『誰に』『何をされた』です。

『いつ』は、日時をできる限り正確に記録して下さい。

物事を時系列で記録しておくことは、いざと言うときに非常に有効なんですよね。

『誰に』は、モラハラをしてきた相手ですが、その時に周りにいた人達のことも記録しておくといいでしょう。

周りはモラハラを見ているものです。

『何をされた』は、モラハラの具体的な内容です。

これらを文字で書いておくと、客観的に自分がされたことを把握できますし、モラハラの証拠にもなります。

【モラハラ対応基本行動②】録音する

さとし
さとし
これが一番、手っ取り早くて効果的です。

日々の『モラハラ』と思われる言動を録音するんですよね。

何度も言いますが、モラハラをする人はクセになっています。

『スマホ』で簡単に録音はできると思います。

やり過ぎなのでは…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
『モラハラ』をしてくる方が『やり過ぎ』なんです。

録音された『モラハラの実態』は第三者が聞くと非常に衝撃的なものになります。

これもいざという時にあなたを助ける証拠となるんですよね。

モラハラが原因で仕事を辞めたい【具体的行動】

モラハラが原因で仕事を辞めたい【具体的行動】
さとし
さとし
モラハラからは『逃げる』が基本です。
基本的にその人はモラハラを止めないからです。

『その人を遠ざける』か『自ら遠ざかる』のどちらかを選んでください。

【会社に残る場合】配置転換を希望する

会社に残りたいのなら、その人から離れる『配置転換』を希望してみて下さい。

会社の『人事部』などの部署に文書で、あなたの希望を伝えてみて下さい。

さとし
さとし
文書で伝えることって非常に有効です。
FAXとかメールとか、記録の残る形にして下さい。

モラハラを受けているので配置転換を希望します』と伝えれば、絶対に対応してくれるはずですし、対応してくれない会社からは『即座に逃走』しかありません。

さとし
さとし
『大ごと』になるでしょうが、あなたが受けているモラハラがすでに『大ごとなんだ』と思って下さい。

【会社を辞めたい場合】退職願を書きましょう

辞める場合は、退職願を書いて提出しましょう。

さとし
さとし
やはり文書で残すことが大切です。

退職理由は『モラハラ』です。

これをやはり『人事部』などの専門部署に提出しましょう。

そうするとすぐに動きが出るはずです。

後はその意思を貫き通して退職しましょう。

どうしても退職を言えない場合は…

どうしても退職を伝えるのが怖いんです…
でも今すぐにでも辞めたい…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
こんな場合は退職代行です。
別に『辞めたい』と言うのがあなたでなくてもいいんです。



低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

退職代行を利用すると、次の日から仕事に行く必要はありません。

退職に関わる全てのことを代わってやってくれるのです。

さとし
さとし
30,000円ほどの料金はかかりますが、悩みに費やす時間を考えると格安ですし、何よりもすぐに問題が解決するのがいいんですよね。
退職代行ガーディアン

まとめ

なんか、自分にも非があるのかなぁって考えちゃうんですよね…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
そう思うことが、モラハラに心を蝕まれている証拠なのかもしれません。
仕事は働きやすい環境で、本気で打ち込めるからこそ生産性が上がるんです。
あなたが現状、誰かの言動に苦しんでいるのなら、それは変えないといけないんですよね。

踏み出すことは、非常に勇気のいることかもしれません。

でも踏み出さねば何も変わりません。

さとし
さとし
モラハラは許されませんし、だからといって相手の変化を期待するのは望み薄です。
あなたが変わって下さい。
☆この記事で紹介した退職代行サービス☆
退職代行ガーディアン