【即行動】モラハラが原因で仕事を辞めたい

仕事を辞めたい
モラハラを受けているんです…
社員
社員
さとし
さとし
ハラスメントは非常に危険です。
あなたの心を蝕んでしまう恐れがあるからです。
仕事を辞めることはいいけれど、仕事ができなくなるのは絶対によくないんですよね。

まずは『モラハラ(モラルハラスメント)』の定義についておさらいします。

・仕事のチームから仲間外れ(無視)にされる
・暴言を言われる
→『死ね』などの言葉や人格に関する言葉
・陰口を言う
・仕事に必要な情報を与えない
→仕事が失敗(滞る)するように仕向けられている
・過少な業務しか与えない
・プライベートに過剰に介入する
さとし
さとし
『ハラスメント』を証明するのは難しいのですが、とにかく最初は『自分が感じているか』を基準にしてみていいと思います。
その上で、モラハラへの対処法と具体的行動を考えていきます。

内容に入る前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を退職し、独立・起業した経験があります

この記事では、『モラハラ』への早急に対応するべき2点をお話しします。

●モラハラから逃げる方法
●モラハラから身を守る心得

対処法を知るということは、自分自身の防御力を高めることでもあります。

この記事を読んで、それを身につけて『絶対に自分を守って』ください。

【即行動】モラハラが原因で仕事を辞めたい

【即行動】モラハラが原因で仕事を辞めたい
さとし
さとし
まずは『モラハラ』が原因で仕事を辞めたいと感じているのなら、あっさり辞めてしまいましょう。
最初にも言った通り『あなたの心が蝕まれる』ことが一番問題なんですよね。

職場におけるモラハラは『クセ』になっていることが多いんですよね。

モラハラをしている当人は『何かしらの言い訳』を持っているものですが、その段階で『相手のことを思っていない』ということになりますよね。

仕事上の人間関係は『フォーマル』で接すのが前提だと考えています。

モラハラをする人は『フォーマル』と『カジュアル』の境目が曖昧な人で、それはすぐには直りません。

さとし
さとし
なので『早々に逃げる』ことをオススメするんですよね。

配置転換を希望する

とにかく『モラハラ』からはダッシュで逃げることが大事なんです。

『辞める』という手を取らなくても、その人から離れる『配置転換』を希望するのもいいかもしれません。

その場合は会社の『人事部』みたいな部署に話すのがいいと思います。

正直に『モラハラを受けているので配置転換を希望します』と言えば、絶対に対応してくれるはずですし、対応してくれなければ即座にその会社からの『逃走』をオススメします。

さとし
さとし
なかなかそんなことを言い出すことはできないという人もいるでしょう…
その場合は悔しいですが、辞める方がいいと思います。
何度も言いますが、『心が蝕まれてしまう』前に対処すべきなんです。

体験談

相撲の世界で『かわいがり』という言葉があります。

後輩を『かわいがる』という意味を皮肉的に表した『いじめ』のことです。

重大な事件に発展したこともあります。

常軌を逸しているのですが、本人たちは『かわいがっている』と自分を納得させているんだと思います。

僕もサラリーマン時代、そんなことを受けた記憶があります。

さとし
さとし
最も酷かったのは、よってたかって『足を踏んできた』ということがありました。
さすがに抗議したのですが、その上司は『治療してるんだ』と言っていました。
別に僕は足になんら問題はありませんでしたし、そもそも『治療』を頼んでもいません。
今でも常軌を逸した行動だったと思っています。
これと似たような『信じられないこと』って、結構あるものなんですよね。

モラハラを受けた時にすべき自分を守る2点

モラハラを受けた時に自分を守る2点

『モラハラ』からは逃げようという話をしていますが、当然立ち向かうのもいいと思います。

辞めるにしても、とどまるにしても、モラハラの証拠を確保しておくことはすごく重要なんですよね。

その為の基本行動2点をお話しします。

録音する

さとし
さとし
これが一番、手っ取り早くて効果的です。

日々の『モラハラ』と思われる行きすぎた言動を録音するんですよね。

『スマホ』で簡単に録音はできると思います。

やり過ぎなのでは…
社員
社員
さとし
さとし
『モラハラ』をしてくる方が『やり過ぎ』なんです。

録音された『モラハラの実態』は第三者が聞くと非常に衝撃的なものになります。

記録をつける

『いつ・誰が・何をした』という記録をつけることも重要な行動です。

日付がしっかりわかるようにしておくことが重要で、できるだけ細かく記録しておいてください。

記録をつけて見返してみると、冷静に見れる分、『モラハラの実態』が浮き彫りになります。

まとめ

ということで『モラハラ』という理不尽かつ、あなたの『心』を脅かす魔物の話をしてきました。

この世には『理不尽なこと』が多くあり、社会に出るとそれに遭遇することも多くなります。

そんな時は、『まずは自分を守る』ことに徹してください。

それが一番大切なんです。

そして、気持ちよく仕事ができる環境を作りましょう。

それがあなたの能力は開花させる方法なんです。

さとし
さとし
もし、あなたが限界をも変えているのなら以下の記事も読んでみて下さい。
『第三者を頼る』という具体的方法をまとめています。

仕事を『今すぐ』に辞めたい【退職代行のススメ】