利益の本質を考える【社会人の必須項目】

仕事の心得
さとし
さとし
私、さとし。
着物の営業・販売をしています。
大学を卒業して15年、ずっとこの業界でお客様とともに着物の輪を広げてきました。

今は、店舗の店長をまかされています。

 

商売の本質は『安く仕入れて高く売る』です。

間違いないですよね。

この差額が粗利益で、ここから経費を差し引いたのが『利益』となるんですよね。

 

利益を出す(=儲ける)ことは、何よりも重要です。

『利益』がないと、企業だろうが店だろうが、存在していくことができないからです。

 

なぜかこの部分に目をそらす人も多くいます。

なんでだろう。

 

『商売』というものに、うさん臭さを感じる。
社員
社員

 

こういう感覚なんだと思います。

実際に、こういうことをよく新入社員に言われたりします。

「商売の道を進みながら、なに言ってんの」という感覚ですが、その思いには寄り添わなければなりません。

 

この思いに対する解決方法は

さとし
さとし
順番を変える。

つまり『お客様の喜び』→『利益』ではなくて、『利益』→『お客様の喜び』という考え方にする。

これだと思います。

『利益』について考えていきましょう。

利益を求める理由【利益を最初に考えてみる】

どうして利益(儲け)を出さないといけないのか、こんな視点で考えてみるといいかもしれません。

雇用を守る

利益がないと雇用が守れません。

そうですよね。

 

従業員を雇う為には、お金を支払わないといけないんですよね。

利益から目を背ける人は、自分を守ることができていないと言えます。

 

そして、従業員がいなくなればサービスは届けることができないので、お客様が離れていくことになるんですよね。

お客様の為にも、雇用は守らないといけないんです。

社会に貢献する

社会に貢献する手段は色々ありますが、一番手っ取り早いのは『税金』を納めるという事です。

 

その為に重要な事は、やはり利益を出すことなんですよね。

企業は利益をだすと、その利益のなかから『税金(法人税)』を納めます。

その額が多いほど、社会貢献になるんですよね。

 

壮大に感じるかもしれませんが、社会の事を考えるから私たちは『社会人』と言われるんですよね。

このことは重要で、これをしっかり考えられる人が『大人』であると言えます。

お客様満足の向上

お客様は、長い関係を求めているものです。

気に入ったサービスや商品があれば、次もそれを利用したいと思いますよね。

 

でも、利益を出さないとそれは実現しません。

 

こう考えると、利益は企業がお客様から『搾取』しているという構図ではなくて、持ちつ持たれつのイメージになってくるんですよね。

 

これがわかると、『商売のうさん臭さ』が晴れてくるのではないでしょうか。

利益の公式【利益の中身を考えてみる】

では利益を出すためにはどうしたらいいのか。

以下の公式を考えるといいと思います。

 

利益=(客数×客単価)-経費

 

客数に客単価をかけたら売上です。

そしてつかったお金(経費)を引いたらそれが利益です。

 

以下にまとめ、そして説明します。

客数=人気のバロメーター
客単価=満足のバロメーター
経費=企業努力のバロメーター

【客数】人気のバロメーター

客数というのは、人がどれだけ集まるかです。

それって人気度ですよね。

 

よく『人気=才能』と思われるんですよね。

芸能人をイメージするからです。

 

でも違います。

 

人気は才能ではなく、一朝一夕に出るものでもありません。

継続と信頼が人気をつくっていきます。

 

『誠実』の『継続』です。

つまり『安心感』です。

【客単価】満足のバロメーター

お客様が一回の買い物で使うお金を、客単価といいます。

この金額が多いほど利益が出ます。

 

お客様の『サービスや商品に対しての満足度』が、客単価に比例します。

では、その満足を上げる為にはどうしたらいいか。

 

キーワードは『感動』です。

 

『感動の5条件』というのがあります。

下記のリンクを参考にしてください。

感動を営業であたえる【モノからコトへのエピソード】

【経費】企業努力のバロメーター

経費は減らすほど、利益が増えてきます。

ごく自然な話ですよね。

 

どうやって経費を減らすか、これは『努力』なんです。

過剰な『我慢』になってはいけないかもしれませんが、一つ一つの行動を見直すのが肝心です。

この努力の結果、利益が増えるのです。

まとめ

利益の本質を考えていきました。

すごく難しい話なのですが、働いていく上で重要な話でもあるのではないかと思います。

 

 

この利益の話は、家計の話とも置き換えてもいいと思います。

人生設計の基本として考えてくれてもいいと思います。

 

 

利益を考えるのは、それだけ重要なことなんです。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y