【情報】着物のクリーニング〜相場・頻度・中身〜

着物の管理・保管
着物好き女子
着物のクリーニングに関する情報って少ないのよね…
値段の相場もイマイチわからないし、どのくらいの頻度でクリーニング出せばいいのかもわからないのよね。
そもそも、着物のクリーニングってどういうことをしているのかしら?
さとし
確かに着物のクリーニングに関する情報は少ないのかもしれません…
この記事では、着物のクリーニングの『相場』『頻度』『中身』について、私の視点と経験値で『ズバリ結論』を出していきます。
参考になる情報になっています。

内容に入る前に、少しだけ自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売を17年しています
・着物の店舗運営(店長歴)11年
・現在は着物の制作にたずさわっています。

この記事では以下の順番で、冒頭で出た『3つの疑問』について解説をしていきます。

・着物のクリーニングの『中身』
結論:『ドライクリーニング』である
・着物のクリーニングの値段の『相場』
結論:『約6,000円』が相場である
・着物のクリーニングに出す『頻度』
結論:フォーマルは『着た後に』カジュアルは『シーズン終わりに』

この記事を読むと『着物のクリーニングの基礎情報』を知ることができ、それがあると着物のクリーニングをする時に失敗しなくなります。

読み進めて確認してみて下さい。

【情報】着物のクリーニングの『中身』

【情報】着物のクリーニングの中身
さとし
一般的に着物のクリーニングというのは、『ドライクリーニング』のことを指します。
着物のクリーニングの名前として『丸洗い』というのがありますが、それも基本的にはドライクリーニングです。
着物好き女子
ドライクリーニングってどういう作業をすることなんですか?

ドライクリーニングというのは、『石油系溶剤を使ってドラム式洗濯機で洗濯する』というクリーニングのやり方になります。

石油系溶剤を使うので油分の汚れは落ちますが、水溶性の汚れは落ちません

さとし
着物の『丸洗い』というのは、業者によっては『ドライクリーニングで落ちなかった汚れを手作業で落とす』というサービスも含まれていたりします。
そのサービスの度合いが、着物のクリーニングの値段にも反映されているんですよね。

この着物のクリーニングの『中身』を知っておくと、いろんなことがわかってくるはずです。

【情報】着物のクリーニングの『相場』

【情報】着物のクリーニングの相場
さとし
着物のクリーニングの値段の相場については、『約6000円』と冒頭で結論を出しました。
着物好き女子
どうやって、その相場を算出したんですか?
さとし
この相場は、私が独自に『19社の着物のクリーニングを扱う業者の値段』を調べて、その平均を出したものになります。

以下に調べた値段を一覧でまとめます。

※値段は税込表示です。
企業(サービス)名 値段 業態 方法
きもの辻 8,800円 着物クリーニング専門店 宅配
そめの近江 1,430円 呉服小売 店舗持ち込み
京な 8,250円 呉服総合加工 宅配
わ蔵 7,700円 着物クリーニング専門 宅配
きもの山喜 7,700円 呉服小売 店舗持ち込み
イトー和装加工 7,700円 和装加工専門 宅配
まるやま・京彩グループ 4,290円 呉服小売 店舗持ち込み
アライバ 4,378円 着物クリーニング専門 宅配
着物宅配クリーニング きものtotonoe 6,028円 着物クリーニング専門 宅配
うさちゃんクリーニング 9,350円 クリーニング全般 店舗持ち込み
きものお手入れ つるや 3,520円 着物クリーニング専門 宅配
着物クリーニング研究所 8,800円 着物クリーニング専門 宅配
きもののやまと 7,480円 呉服小売 宅配
さが美 6,050円 呉服小売 店舗持ち込み
株式会社富士ドライ 4,026円 クリーニング全般 宅配
洗いの匠 5,500円 着物クリーニング専門 宅配
しみぬきの京都屋 9,350円 着物クリーニング専門 宅配
きものサロン ながしま 3,300円 着物取扱全般 宅配
いつ和 3,080円 呉服小売 店舗持ち込み

上記の一覧でまとめた値段の平均が『6,143円』ということになりました。

さとし
この金額を知っておくと、『着物のクリーニングをするときの目安』になる情報になります。
着物好き女子
確かに、基準になるわね。

【情報】着物のクリーニングの『頻度』

【情報】着物のクリーニングの頻度
さとし
着物のクリーニングを出す頻度は、その着物の用途によって違います。
大きく分けて、フォーマル着物(着用頻度少ない)は『着た後に』カジュアル着物(着用頻度が多い)は『シーズン終わりに』というのを目安として下さい。

フォーマル着物の場合

フォーマル着物は『着用予定をある程度把握』できる着物になります。

さとし
なので、次の着用予定が随分(目安としては1年以上)空くのであれば、着物のクリーニングをしておくといいと考えています。

汚れがなどがあるまま着物を長期間放置しておくと、それが元で汚れが広がったり、定着したりするからです。

カジュアル着物の場合

カジュアル着物は『着物を着る人にとって』は着用機会の多い着物になります。

さとし
そういった着物を着た後に毎回クリーニングに出すのも大変なので、季節の変わり目にクリーニングに出すのがいいんですよね。

着物のクリーニングの頻度を減らす便利グッズの紹介

さとし
この『キモノの休息』は、和箪笥がないような現代の住宅環境でも着物を安心して保管できる便利グッズです。

着物の保管の大敵である、『湿気』と『虫食い』から完全に着物を守ってくれます。

値段も非常に安いので、持っておいて損はありません。

さとし
着物を上手に保管ができたら、それだけ着物の管理にかかる手間もコストも削減できるのです。
そう考えたら安い買い物なんですよね。

▼心配なら、『キモノの休息』についてまとめた記事をチェックしてみて下さい▼

『買う前に見て!』キモノの休息【クリーニング要らずで万能】

まとめ

ということで、着物のクリーニングの3つの『情報』についてまとめてきました。

ここでの情報を知っておくと、着物のクリーニングの悩みは大幅に軽減されるはずです。

さとし
そのことは、着物をもっと快適に活用できるということなんですよね。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y