【失敗しない】仕事を辞めたいと相談する相手の選び方

仕事を辞めたい
●仕事を辞めたいという相談で注意するポイントとは?
●理由別での相談相手とは?
●第3者への相談ってどうすればいいの?
さとし
さとし
仕事を辞めたいと思う時、それを相談したくなるのは自然なことです。
ただ、内容がデリケートでもあるので誰に相談するべきか悩むところでもありますよね。
この記事では、そんな『仕事を辞めたい』場合の相談相手について、さまざまな角度からお話ししていきます。

その前に少し自己紹介…

さとし
さとし
私、さとし。
・営業・販売の仕事を17年
・店舗管理(店長職)を通じて多数の社員を育成・教育
・自身も会社を退職して独立・起業した経験あり

この記事では、以下の内容をお話ししていきます。

・【前提】相談をする前に考えて欲しい注意点
・【理由別】相談するべき相手
・【紹介】誰にも相談できない場合の手段

この記事を読むことで、『仕事を辞めたい』という重要な自分の問題の相談相手を見つけることができます。

それが全ての一歩目となるのです。

読み進めてみて下さい。

【注意点】仕事を辞めたいと相談する相手の選び方

【注意点】仕事を辞めたいと相談する相手の選び方

まずお話ししたいのは、相談する前に考えておいて欲しい注意点です。

以下の2点をお話しします。

①『辞めたい』という言葉は乱用しない
②客観的な人を選ぶ

『辞めたい』という言葉は注意して使う

さとし
さとし
私は会社に勤めて、管理職でもあったのでわかるのですが…
社員の『辞めたい』というのは、非常に衝撃的な言葉なんですよね。

基本的に上司はその言葉を聞いてしまうと、それに対しての行動を即座にとります。

なので『辞めたい』というのは、覚悟を持って言うことが前提なんですよね。

さとし
さとし
特に愚痴として『辞めたい』と言うのは注意が必要です。
その話が、どこでどう回るかわからないですからね。
社会人たるもの、『言動』に責任があることを認識しておかなければいけません。
それでも、愚痴りたい時ってあるんです…
和夫くん
和夫くん

そうですよね…ストレス発散は大事なことかもしれません。

そんな場合は、職場とは関係のない親しい(信頼がおける)人に相談するのがいいです。

さとし
さとし
とにかくまず注意して欲しいのは『辞めたい』というのは、関わる全ての人が対応せざるを得ない言葉だということです。

客観的な人に相談するべき

『相談の相手』には客観的に判断できる人を選ぶべきです。

『感情的になる人』や『一方(それが自分でも)の味方しかしない人』は相談相手としては適していません。

そういう人を見つけることは難しいですが、仕事をしていく上で『必要となる人』でもあります。

そういう人を探すのは、『日頃のコミニケーション』が大事になります。

限られた人としかコミニケーションを取っていなければ、いざという時に困ることになります。

この『コミュニケーション能力』は非常に大事で、いつだって自分を救うことになるんですよね。

さとし
さとし
あなたの周りにそんな人はいますか?
そういう人は大事にしてくださいね。

【理由別】仕事を辞めたいと相談する相手の選び方

【理由別】仕事を辞めたいと相談する相手の選び方

以上の前提を踏まえた上で『理由別の相談する相手』をお話ししていきます。

人間関係の問題の場合

人間関係の問題というのは複雑です。

相談相手を間違えると、さらなる人間関係の悪化を招く可能性があるからです。

さとし
さとし
基本的に人間関係の相談を、組織の構成員にむやみやたらとするべきではありません。

一番最初に相談するべきは、『あなたが所属している組織のTOP』です。

細分化されている組織なら、そのチームのリーダーということです。

ただ、そのリーダーも『問題となっている人間関係』に取り込まれている場合があります。

その場合は、その組織に通常いない上司となる人に相談するのがいいですね。

『エリアマネージャー』みたいな人とか、場合によって『社長』です。

その人間関係の問題を客観的に見て『誰がではなく何が』で判断できる人に相談しないと、結局話はこじれます。

そういうことをすると、自分自身が変な目で見られるんじゃないかなぁ…
和夫くん
和夫くん
さとし
さとし
気持ちはわかります。
でも組織の人間関係の問題は、早めにわかれば対応もしやすくなるんですよね。

上司もきっかけがないと動けないですから、相談すること自体は悪いことではないんですよね。

その人間関係の問題が『ハラスメント』なら…

人間関係の問題はいきすぎると『ハラスメント』となる可能性があります。

上司や先輩社員から『度が過ぎる』ような言動があるのならば、早急な対応が必要になります。

さとし
さとし
『ハラスメント』の第一定義は『あなたがどう思うか』です。

そういうような場合は、やはり専門の部署に相談するのが一番早いんですよね。

会社であれば『人事』をしているところですし、外部(労働基準監督署など)を頼ってもいいかもしれません。

ハラスメントを受けている人は『自分にも問題があるのではないか』とよく考えがちです。

さとし
さとし
例えそうであっても、ハラスメントが原因であなたが壊れてしまったら、『誰も得する事』はないんですよね。
むしろ、大問題になります。
全ての人にとってです。

『仕事がうまくいかない』と思うなら…

頑張っているんですけど、うまくいかないんですよね…
『向いていない』のかもしれない…
和夫くん
和夫くん

こういう風に『仕事を辞めたい』と思う人がいます。

まずは『仕事がうまくいかない』からといって、仕事を辞める必要はありません。

仕事の成果への責任は、その人だけの問題ではありません。

『向いていない』というのも同様ですよね。

こういう事で『辞めたい』と思うなら、できている人に相談するのがいいのではないでしょうか。

そういう人も、かつては悩んだことがあるかもしれないし、何が向いているかを教えてくれるかもしれません。

さとし
さとし
仕事は辞めるにしても、情報収集は大切です。
だって、また同じことになるかもしれないですもんね。
どんな人にも『向いていない』ことはありますし、そんな仕事をし続けるのは辛いことです。でもただ仕事を転々とするのは得策ではありません。自分を知るというのが大切なんです。

労働時間(労働環境)の問題

まず『サービス残業』を強いられているのであれば、それは『ハラスメント』です。

今はそれが許される時代ではありません。

ハラスメントと相談と同じように、しかるべき人に相談しましょう。

『サービス残業』でないのであれば、この問題は上司(その労働環境をつくっている人)に相談するべきです。

人手不足の時代、『限られた人員で仕事をこなしている』とこういうことになりがちですが、これが続くと『肉体的・精神的』にも疲弊する可能性があります。

労働環境の改善はすぐにはできないかもしれませんが、『権利』でもありますのでしっかり相談するべきです。

結局、その改善がなければさらなる人員不足になるんですから。

仕事に『やりがい』を感じない

仕事にやりがいを感じなくて辞めたいんです…
和夫くん
和夫くん

こういう風に言われたら『辞めたらいいじゃん…』と言ってしまいそうですが、やりがいを持てる仕事をしたいのであれば、仕事の内容を変えるべきですよね。

現状働いているところでそれを求めようと思えば、やはり上司と掛け合うしかなさそうですよね。

キャリアアップをする人というのは、『貪欲に仕事を求める』そんな人です。

やりがいは『与えられるものではなく作るもの』なんですよね。

【紹介】誰にも相談できない場合はコチラ

【紹介】誰にも相談できない場合はコチラ
さとし
さとし
これまでは、相談相手として職場やそれにまつわる誰かを紹介してきました。
ここで紹介するには、第3者に相談するというやり方です。
職場の人に言えなかったり、思い悩んでいる人には必見です。

相談のプロに頼ってみる

職場の誰かや上司に相談しても、結局話が前には進まないのよね…
和美さん
和美さん

そんな場合は下記のサービスを使ってみて下さい。
友達でもない、上司でもない相談相手『mentors』

さとし
さとし
今の仕事を辞めたいと思っているけど、かといって次の道も決まってないし、どういう風にしていいかわからない…なんて時は、プロに相談してみて下さい。
第3者の客観的な意見は、あなたにとって絶対に有益なものとなります。

ちなみにこのサービスは有料になります。

だからこそ『転職ありき』ではない、自分の将来とキャリアについて相談ができるんです。

さとし
さとし
悩んで動かない時間を考えたら格安です。
是非、一歩目を踏み出して欲しいんですよね。

自己分析をプロとするなら『mentors』

退職のプロに頼ってみる

職場の人に辞めたいなんて言ったら、どうなるかわからないんです。
すぐにでも辞めたいんですけど、誰に相談すればいいのかわからないんです…
和夫くん
和夫くん


リーズナブルな代行プラン!ご相談は無料!

追い詰められている状況なら、退職代行が超オススメです。

さとし
さとし
なんにせよ、退職の相談を職場の人にすると確実に『慰留(止められる)』されるものです。
その過程の煩わしさを感じているのなら、退職代行は一気にそれを解決してくれます。

申し込んだ次の日から、仕事に行く必要はありません。

その時間を買うと考えると格安でもあります。

さとし
さとし
行動を決めたのあれば早めに行うというのは鉄則なんですよね。

そして相談は無料です。

現状のままではいけないと感じているのであれば、とりあえず問い合わせてみて下さい。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

仕事を辞めたい時に相談するべき相手【まとめ】

ということで、『仕事を辞めたい時に相談するべき相手』についてまとめてきました。

『人生100年時代』と言われています。

20歳前後で仕事をし始めたとしても、そこからの人生は80年もあるんですよね。

さとし
さとし
そうなると、一つの仕事だけで人生をまっとうするというのは、レアケースと言えます。
その長い仕事人生の中で『仕事を辞める』というのは一つの経験でもあります。
『仕事を辞めたい』という思いと行動は、問題解決能力を磨くきっかけにもなるんですよね。
☆この記事で紹介している相談サービス☆
キャリア相談なら『mentors』

退職代行サービスのNEXT