『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法【究極の1点】

仕事を辞めたい
『仕事を辞めたい』というストレスでいっぱいなんです…
人間関係のストレスや上司に対するストレス、いろいろ考えてストレスで吐き気がするくらいなんです…
社員
社員

こんな場合のストレス解消方法は『1点』しかありません。

さとし
さとし
仕事を辞めることです。

見も蓋もないような言い方かもしれません。

でも、許容量を超えたストレスは身を滅ぼしかねませんし、抜本的な問題解決をしないとそのストレスの解消にはならないと考えています。

この記事では、ストレスを我慢し続けることがいかに無意味かをお話ししていきます。

その前に自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて独立・起業しました
・私も過剰なストレスを我慢しながら仕事をし続けた過去があります

仕事をしていると、当然『ストレス』を感じる事があります。

仕事の全てが順風満帆なんてことはありえないんですよね。

なのである程度は『ストレス』と共存するのが、仕事というものです。

さとし
さとし
ただ『仕事を辞めたい』というのが日々のストレスになっているのなら、その解消は『辞める』しか手がないんですよね。
もしくは『我慢する』ということですが、冒頭にも言った通りそれは無意味なんです。

ということで以下の3点をテーマに話を進めていきます。

・ストレスの中での仕事は『生産性』が低い
・自分を壊してしまうという『最悪』の結末
・世の中には『向いている』ことがある

仕事における悩みの解決にお役立てください。

『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法【生産性を考える】

『仕事を辞めたい』というストレスの解消法【生産性を考える】
さとし
さとし
『仕事を辞めたい』と感じながら働くのは、基本的に生産性が落ちるものです。

自分にとってもそうですし、所属している会社や組織にしても同じことなんですよね。

仕事に全力で取り組める『環境の整備』

仕事は人生において、切っても切り離せないものです。

これには『現状』という言葉を付け加えておきます。
未来においてはこの『当たり前』が変わっているかもしれません。

人生の中で重要な位置にある仕事、これを続けるには『全力で取り組める環境』が必要不可欠です。

さとし
さとし
僕は管理職(店長)もしていたのでよくわかりますが、嫌々仕事をされても効率は上がらないんです。

だから『職場(働く環境)の整備』は重要であると断言できます。

これは組織(会社)のマネジメントの重要事項ですが、従業員にもその『責任』はあるんですよね。

それを前提として、『仕事を辞めたい』というのがストレスになっているくらいなら、この片思いに終止符を打つのも『責任』だといえるんですよね。

その上で『全力で取り組める仕事』を探すべきであると考えています。

自分で決めたという責任感

仕事は『自分で決めて働いている』という、責任感を持つことが大切です。

その『責任感』のない人に仕事は任せられませんし、大きな仕事となれば尚更です。

この記事では、仕事を辞めたいストレス解消のために『仕事を辞める』こともオススメしています。

さとし
さとし
それとともに、最終的には自分の責任の中で、全力で取り組める仕事を見つけて欲しいという思いがあるんですよね。

『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法【自分を守ろう】

『仕事を辞めたい』というストレスの解消【自分を守ろう】

社会を生き抜く為には、ある程度の『ストレス耐性』が必要だと思っています。

完全なストレスフリーの中で生きていくのは、難しいものなんですよね。

『ストレス耐性』と言いましたが、これには個人差があります。

自分から出る『SOS』には正直になるべきで、他と比較することにあまり意味はありません。

確かにストレスを感じすぎて、『吐き気』をもよおすくらいです。
これが自分から出るSOSなんだなぁ…
社員
社員

ストレスで自分を壊さないように

とりあえず、一番最初にいえることは『ストレスで自分を壊さないように』ということです。

これが一番危険で、次につながらないことの真骨頂です。

追い詰められている…
社員
社員

こういう言葉をよく聞きます。

周りから言わせると『だったら辞めればいいじゃん』と思うんですが、当人の悩みは深刻です。

それで自分が壊れそうと思うのであれば、第三者に頼るのも一つの手なんですよね。

【退職代行ガーディアン】

人生は長いんです。壊れてしまっては元も子もありません。

ストレスの原因は早期に断ち切ることをオススメします。

そうしないと、正常な判断ができなくなる事があるんですよね。

そうなる前に動いた方がいいとは思いませんか?

メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

仕事を辞めることに全力になりすぎない

『仕事を辞めたい』というのがストレスになっている状況で、悩みが広がりさらにストレスを感じることがあります。

そういう人が『仕事を辞める』という行動を起こし実現したら、『ストレスから解放』となるわけですが、『仕事を辞めたい』ストレスが大きいほど、辞めることが目的になってしまい、次の活動の出足が遅くなる傾向があります。

『仕事を辞める』というのは通過点です。

そこに全勢力を傾けて、精神的にも達成感を味わってしまうのはよくありません。

だってそこからの方が大切だからです。

『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法【向いている仕事】

『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法【ストレスのない仕事】
さとし
さとし
『仕事を辞めたい』という部下に対して、『この仕事を続けられないようでは、どんな仕事でも続けられない』と言い放つ上司を、これまでたくさんみてきました。

この上司のプレッシャー発言は全力で否定します。

というより、『は?何言ってんの?』って感じです。

この世に仕事は無限にあります。

一つの仕事を続けられなかったからといって、その他の仕事が全て『無理』と決め付けるのは、全く根拠がありませんよね。

『向いている仕事』はきっとあります。

誰にでも『夢中になれること』『時間も忘れて没頭できること』があります。

そういうものを仕事にしてしまえば、少なくとも『仕事を辞めたい』というストレスからは解放されるものです。

そういう仕事って、なかなかないんです…
社員
社員

そう考えるのは、はっきり言って『努力不足』です。

20歳くらいで仕事をし始めるとしたら、仕事をする期間は40年以上あります。

もしかしたら、50年、60年とあるかもしれません。

そんな長期間する事を、『なかなか見つからない』として諦めると絶対に後悔します。

それがまた『仕事を辞めたいストレス』となるんですよね。

さとし
さとし
『自分が一体何をしたいのか?』それを考え抜いて行動し仕事をすることが、一番の『仕事を辞めたい』というストレスの解消方法になるんです。

まとめ

という事で『仕事を辞めたい』ストレスの解消法をお話してきました。

時に、『イキイキと楽しそうに仕事をしている人』に出会うことがあります。

その仕事がどんなものであれ、そういう人は魅力的なんですよね。

そんな仕事を是非、見つけてもらいたいと思うんです。

☆この記事で紹介したサービス☆
【退職代行ガーディアン】