仕事を辞めたい時の言い訳【3つの考え方を紹介】

仕事を辞めたい
仕事を辞めたいけど、本当の理由は言いにくい…言い訳を言ってもいいのかなぁ…
本当の理由を言えば雰囲気が悪くなるかもしれないし、辞めたい気持ちに反して『慰留(退職を止めること)』されるかもしれないしなぁ…
社員
社員

仕事を辞めたいと思い、こういう事を考えている人がいます。

さとし
さとし
管理職をやってた僕の意見ですが、『言い訳』はなんとなく気づくものですよ。
ただ、辞めたい意思が強いならそこまで慰留はしないものです。

ただ職場の状況や、関わる人の立ち位置によっていろいろあると思いますので、この記事では辞める時の言い訳について考えていきます。

その前に少し、私の自己紹介を…

さとし
さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売17年
・着物の店舗運営11年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています
・15年勤めた会社を辞めて独立・起業した経験があります。

この記事では以下の『3つ』での仕事を辞める時の言い訳について考えていきます。

・言い訳を追及されることは少ない
・言い訳の定番『家庭の事情』
・止める上司の応酬話法

この記事で話すのは、時間を短縮できる『仕事のやめ方』です。

何か行動する時はスピードって大事なんですよね。

そういう風に思って読んでいただきたいと思います。

仕事を辞めたい時の言い訳【追及は基本的にない】

仕事を辞めたい時の言い訳【追及は基本的にない】
さとし
さとし
冒頭にも言いましたが、『言い訳』というのはなんとなく気づかれるものです。
だからと言って、簡単に否定できないのも事実ですよね。

本来、本当の退職理由は言わなくてもいい

前提として知っておいたらいいのですが、本来『退職の理由』というものを言う必要はありません。

『一身上の都合で辞める』でいいんです。

そう言えば、それ以上の追及のしようはありませんし、最終的に退職届を書く時も、『一身上の都合』と書く事が多いです。

ただ、これで一刀両断で辞めるというのも難しいんですよね。

だから、『言い訳』をするということになるんです。

さとし
さとし
ちなみに、辞めることが決定したのであれば、『一身上の都合で退職する』ということにしてもらいたいというのが、会社の本音です。
要は自己都合退職にしてもらいたいんですよね。
だから『辞めたいあなた』と、『辞めてはもらいたくないけどトラブルは避けたい会社』の妥協点は、一身上の都合が良かったりするんですよね。

なぜ、言い訳はわかるのか?

基本的に上司は『部下のことを注意深く見ている』ものです。

そして、周りの従業員や同僚からもいろいろな情報を集めています。

そうやって組織のリーダーは、組織の状況に気を配っています。

部下の状況を把握してるはずですし、それが上司(リーダー)になるための資質であるとも言えます。

さとし
さとし
逆に部下のことを何もわかっていない上司がいることもあります。
変な話ですが、こういう上司の下で働いていると、辞めたくなることも多いし、辞めやすくもあります。

お世話になればなるほど言いにくくなり、『言い訳』をしてしまう。

そして、それは『お世話をちゃんとしている上司』にはわかる。

皮肉な話なんですよね。

辞めたい思いは本当

『言い訳』をしている事がなんとなくわかり、他に理由があると思っていても、間違いのない事があります。

『辞めたい』という思いは本当だという事です。

なので、『言い訳をしてでも辞めたいんだ』と上司は感じるものです。

さとし
さとし
こうなってくると、これは『相談』ではなく『報告』になります。
『言い訳を突き通されると何も言えない』というのが上司の本音なんですよね。

仕事を辞めたい時の言い訳【定番文句】

仕事を辞めてたい時の言い訳【定番文句】
さとし
さとし
その『言い訳』の中で最も効果的なものをご紹介します。

家庭の事情という定番文句

さとし
さとし
それが『家庭の事情』というやつです。

例えば、『親の介護をしなければならない』『親の具合が悪くそばにいないといけない』というやつです。

実際にそういうこともあるので『全てが言い訳』ではないのですが、『言い訳』としてよく使われるんですよね。

ただ、この『言い訳』は非常に使い古されているのも事実です。

さとし
さとし
そう来たか…
と思うのが実情です。

止めようがない『家庭の事情』

これを言われると上司としては、もう止め(慰留)ようがありません。

入社1ヶ月で、これを言ってくる人もいます。

さすがに『入る前からわかっていただろ』と思うのですが、それは真実かもしれないし、確かめようもないので、受け入れるしかないですよね。

故に言い訳の定番文句となっているんですよね。

仕事を辞めたい時の言い訳【止める上司の応酬話法】

仕事を辞めたい時の言い訳【止める上司の応酬話法】
さとし
さとし
ここでは補足として、辞めたい時にいう『退職理由』に対する『上司の切り返し』をお話します。
参考にしてみてください。

上司も出来れば辞めて欲しくないと思っているものなんです。

他にやりたい事ができた

他にやりたい事ができたので、仕事を辞めたいと思っているんですけど…
社員
社員
さとし
さとし
そのやりたい事は、今の仕事でも実現できないのかい?
仕事はキャリアアップする事で、やりたい事ができるようになるんだが…

仕事に向いていない

今の仕事が向いてないと思うので、辞めていんですけど…
社員
社員
さとし
さとし
仕事が向いてる向いてないは、時間が解決したりもするんだよ。
長くやればできなかった事ができるようになるし、向いてないと思った事もいい思い出になるものさ。

資格を取るために勉強したい

資格を取るために、集中して勉強したいので辞めたいいんですけど…
社員
社員
さとし
さとし
仕事をしながらでも、勉強はできるでしょ。
収入がなくなった上で勉強するのは精神的にも負荷がかかるし、中途半端にバイトなんかしたら勉強に集中できないよ。

まとめ

ということで、仕事を辞めたいときの言い訳のお話をしてきました。

『なぜ言い訳をしないといけないか』ということもありますが、それが人間関係というものなのかもしれません。

『仕事を辞めたい』というのは自分の人生のことなので、しっかり考えるべきではありますが、『人間関係』ばかりを気にしているわけにもいきません。

決めた事は、早く実行しないといけないんですよね。

そういった意味では、『言い訳』を使うもの戦略と言えるんです。