着物の種類の一覧【全て解説】

着物の知識
着物好き女子
着物の種類を一覧で知りたい‼︎
さとし
ということで、この記事では着物の種類を一覧で解説していきます。

その前に、少しだけ私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・着物の店舗運営10年(店長歴)
・現在は着物の制作にたずさわっています

『着物(=特に女性の着物)』にはたくさんの種類があります。

今回はその一つ一つを解説していきます。

女性用の着物の種類を基軸に説明していきます。

着物の種類【フォーマル編】

着物の種類【フォーマル編】

まずはフォーマル着物の種類を説明していきます。

黒紋付

黒紋付【女性】

着物の中では最も『格』が高いのがこの『黒紋付』になります。

全体が真っ黒で、上半身に『5つの家紋』があります。

この家を『背負ってフォーマルの場面に出る』というのが、日本的な発想ですよね。

『家紋』は背中にひとつ、両肩にひとつづつ、両袖裏にひとつづつ、計5つあります。

いわゆる『ブラックフォーマル』になります。

お葬式での着用が多い(ほぼこれしかない)のですが、最礼装なので帯次第ではフォーマルな場面でも着ます。

ただ『お葬式での着用』がメインになることから、『喪服』とも呼ばれたりします。

宝塚音楽学校(タカラジェンヌを育成する学校)の卒業式は、この『黒紋付』に緑の袴をはくのが伝統です。

このエピソードでもわかりますが、『黒紋付』はおめでたい時で着る『フォーマルの着物』なんですよね。

男性の場合は、『羽織と袴』をセットアップします。

黒紋付【男性】

お相撲さんが優勝した時や、歌舞伎役者の襲名披露の挨拶なんかで、着ているのを見ることがありますよね。

男性の場合も、最礼装としての位置づけになります。

この『黒』より格の高い『白』というものもありますが、一般的とは言えないため割愛します。

留袖

留袖は『黒留袖』が一般的ですが、黒以外の色の留袖もあります。

柄の構成は、裾(裾周り)に柄があり、上半身には柄はありませんが、5つの『家紋』をいれます。

黒留袖

黒留袖

結婚式にお母さん(近しい既婚の親族の女性)が着ています。

ォーマル全般に着ることができますが、今は『結婚式(披露宴)』での着用がほとんどです。

というより、それ以外でみかけることはほとんどありません。

場面が限定されているので、裾の柄はおめでたい柄を入れる場合がほとんどです。

しかも結婚式は『春夏秋冬』のいつになるかが予測ができないので、季節の花々をたくさん取り入れている柄が多いんですよね。

色留袖

色留袖

黒以外の色の留袖を色留袖といいます。

社交着としてはトップクラスの『格』になります。

色留袖も一世一代のイメージがあり、『園遊会』なんかで着たりします。

『園遊会』はドレスコードが用意されていて、『色』も指定されたりするみたいです。

振袖

振袖

格は留袖と一緒なのですが、

『留袖は既婚の女性』
『振袖は未婚の女性』

というのがルールです。

『振袖』は、そんな未婚の女性が主役のイベント『成人式』のメインアイテムです。

ただ二十歳を迎える前に『結婚・出産』する人もいますが、『振袖』を着るのが一般的です。

ちなみに『成人式』は、ルールの上では『振袖』ではなく、他の種類の着物でも問題はないんですね。

極端に言ったら、黒紋付(いわゆる喪服)を着て、『成人式』に行っても問題はありません。

そんな極端な人はなかなかいませんが、訪問着や色無地に袴をはいて『成人式』に行く人はいたりします。

訪問着

『訪問着』は、上半身にも柄があります。

これが『留袖(=色留袖)』との見分け方になります。

着物は形は一緒で、『柄の配置』によって『種類』が変わります。

『留袖は下半身(裾周り)だけ、訪問着は上半身にも柄がある』と覚えるといいです。

『訪問着』は基本的にフォーマルです。(読んで字のごとく訪問=ご挨拶まわりの為に着るんですね。)

ただ『訪問着』の色や柄は様々です。

洋風な柄もあります。

留袖・振袖と違い、既婚未婚に関わらないので、お嫁入り道具に訪問着を揃えたりします。

フォーマルの場面は広いし、多様性があるので『着やすい着物』と言えるのが『訪問着』です。

付下

これを説明するのは大変難しいです。

訪問着よりも一格下の着物になりますが、柄の配置は訪問着と同じです。

『柄の分量が訪問着ほどではない』、『売りに出されている状態が反物』という特徴がありますが、仕立て上がると訪問着との見分けはつきません。

着物もこんな感じで、細かい種類があるんです。

『付下』は、着物種類革命で重要な位置付けにされた『着物』です。

色無地

柄の無い無地の着物です。

『主賓をたてるおもてなし精神のお茶の世界』では必須アイテムとされています。

背中に一つの家紋をつけると、『訪問着』格にクラスチェンジするという要素も持ってます。

『色無地』は昨今、劇的な変化をしています。

様々なバリエーションの地紋があり、カジュアルめいた色無地がどんどん増えてきています。

『無地小紋』と名付けられたりしています。

シンプルって人気がありますよね。

コーディネート幅が広いという要素もあるので、帯次第で『様々なシーン』に着れたりします。

今後、もっと注目される着物の種類だと個人的には思っています。

着物の種類【カジュアル編】

着物の種類【カジュアル編】

次にカジュアルの着物の種類を紹介します。

小紋

小紋の柄の配置は『全体』になります。

『全体』的に柄があるのが『小紋』ですし、柄というより『模様(=染でのボカシなど)』が全体的にあるのも小紋です。

なので、小紋の形態は多岐に渡ります。

全体的に大きな柄がある『小紋』と、飛び柄になっている『小紋』では、その印象は全然違います。

やはり、『カジュアル』になるので範囲が広いんですよね。

紬

カジュアルの究極が『紬』です。

 

『紬』は作り方が違います。

これまでの着物は白生地に色柄をのせて(=染めて)いくんですが、『紬』は糸自体を染めて織り上げます。

『先染めの着物』といいます。

紬は元々は野良着(庶民着)であったため、地方ごとに色んな『紬』が存在します。

なので『紬』は地域ごとに多種多様性があるので、一概には説明不能です。

イメージでいえば、小紋は『ワンピース』紬が『ジーパン』みたいな感覚です。

まとめ【着物の種類の未来】

『カジュアル着物』は、カジュアルというだけに多様性があり一概には説明は不可能です。

これには『商売の要素(つまり流行・時流)』が絡んでいるんですよね。

『留袖』や『振袖』は1着あればいい『衣装としての着物』ですが、『カジュアル』には終わりがありません。

もっと広がる着物の種類

着物の種類(TPO)を並べてきましたが、着物はこの枠には収まりきるものではありません。

 

例えば…『紬』の素材的な要素を満たしながら、訪問着のような柄づけの『紬』もあります。

『左半身(着物において左側は前)』だけに柄がある、『付下』と『小紋』の中間みたいな着物もあります。

『色無地』でありながら、地柄のインパクトで『小紋』に近い着物もあります。

キリがないんです。

作り手も『新しいジャンル』を世に出したいという思いがあるので、どんどん種類が多様化しているんですね。

この流れはこれからも進んでいきます。

もしかしたら、その後にはついに形状の変化もあるのかもしれません。

ノースリーブの着物が出てくるかもしれません。

というかもうありますね。

『アイドル』とかが『衣装』で着ていたりします。

今は『衣装』ですが、それが『定番化』することはよくある話です。

それが『個性』なんですよね。

どんな『着物』が自分にあってるか

これだけ種類があり、さらに進化し続ける着物、ではどんな着物を揃えたらいいのかなぁ
お客様
お客様

これに対する『答え』はなくなってきました。

なぜなら着物はファッションだからです。

『ルール』ではなく、『自分らしさ』が求められるようになってきています。

ルールの中で着物を選ぶのではなく、自分にあった(似合っているという意味でも)着物を選ぶことが大切ですし、楽しむコツです。

それが着物の『新しいルール』なのかもしれません。

だからもっと気軽に着物を楽しめばいいし、そうやって着物が広がっていけばいいと思っています。

では、よき『きもの』ライフを(^^)y